スポンサードリンク


東日本大震災(2011年東北地方太平洋地震)

speakerwm.jpg
重さが25キロあるスピーカーもごらんの通り。
液晶テレビは耐震用の紐を後ろに付けていたので、辛うじて無事でした。



今回の未曾有の災害、皆さんのご無事をお祈り致します。

また、被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。


その日、KAY2は仲間と仕事の打ち合わせをしていました。夕方お客さんが来られるので、その対応を相談していたところ、テレビから緊急地震速報が流れてきました。場所は東北と画面に出ています。関東はどうかな…とそのまま話を続けていたら、ゆっくりと揺れはじめます。まずいな、これは大きいぞ。東北では大きな被害になるかも。それに津波も心配だと、そう思いながら話を続けていたのですが…。

1分もした頃でしょうか、突然揺れが大きくなり、立っていられなくなりました。あわてて仲間と共に机に潜り込むのですが、ビルが大きくたわみはじめます。テーブルの下にいても外に放り出されそうに…。

それがまた1分近く続くのです。仲間の一人が窓際にいる人たちに「そこは危ない!こっちに来い!」と叫んでいます。

仕事場の建物は1960年代に建てられ、耐震基準は古いものです。その建物が「ぐわんぐわん」と大きくしなりながら揺れているのです。崩壊も間近では?と思わせます。

生まれて初めて地震で「死」を意識した瞬間でした。

その地震、そして津波の各地への被害状況は皆さんご存知の通りです。東北関東大震災は我々の想像を絶する被害をもたらしました。

そのまま不眠不休で仕事をした後、翌日一旦自宅に戻り着いてみると、自宅の床には割れた皿やグラスが散乱。部屋のスピーカーやラジオも散乱。さらには、自分がいつも座っている仕事部屋の椅子の上にも、1m先の棚からラジオが飛んできて、壊れていました。いつものようにここに座っていたら、自分がこのラジオの直撃を受けていたということになります。その瞬間、冷や汗が噴き出ました。

我が家は比較的防災意識は高いと思っていたのですが、こんな所でしっかりと甘さが露呈してしまった格好です。震度5強でこれだけの状況になってしまうのです…。

その後、計画停電、余震、食品や日用品の不足など、様々な現象が起きました。そして、福島第一原子力発電所の問題。不安を抱かせる状況が未だに続いています。

地震から10日経ちますが、毎日悪夢でうなされます。今朝も大きな地震に襲われる夢で目がさめました。また、自宅で久しぶりにビールを飲んでいると、涙がはらはらと出はじめて、30分ほど、止まらなくなってしまいました。どうも、尋常でない心理状態にあるようです。仕事もしばらく極限状態が続いたということもあるのでしょう。悪夢も仕事がらみのものが半分を占めます。

それでも…。自分の身内を亡くされたり、あるいは、怪我をされた方のことを考えると、本当にお気の毒で涙が出ます。そして命を絶たれた人たちのくやしさは…。

そんな中で、自分のできることで、少しでも困っている方々の役に立つことは何かないか…。

まだ、しばらく踏ん張らなければならない時が続きます…。

ブログやHPの更新が滞る状態が、もう少し続きそうです。また、恒例の英語周波数の調査が遅くなることも考えられます。どうごご了承ください。

ちなみにKAY1は地震発生時、出張先からの帰宅途中。新幹線に1晩閉じ込められ、翌日夕方に戻ってきました。


<追記>
実はKAY2はここ10年ほど、科学的な地震予測に目を止め、色々と調べていました。
地震の予測は「場所」、「時期」、「規模」と3要素を満たしてはじめて成功と言えるもので、残念ながら、その三要素全部をパーフェクトに満たした研究は現在まだありません。ただし、そのうちの2つの要素…というレベルではすでに、電磁波(FM波)、大気中のラドン濃度、植物における電位、地下水位の変化、磁石のもつ磁力の変化、大気重力波の発生状況、などなど、結構色々と、研究がアマチュアの方(元大学教授のような専門家もいらっしゃいます)によってなされています。しかも、その多くがインターネットで公開されています。もちろん玉石混淆ですが、長年見ていると、明らかに注目に値するサイトがいくつかあります。そうした情報を総合的に判断すれば、今回の地震も、3要素をある程度予測できたのではないかと残念でなりません。ただし、あれほどの規模を予測することは「常識」が邪魔をして難しかったかもしれませんが…。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/
 

コメントの投稿

非公開コメント

ご無事でなによりでした

お怪我もなくご無事でなによりでした。

Re:ご無事でなによりでした

アグルさん、

ありがとうございます!

アグルさんもご無事で何よりです。

生活のいろいろな面で大変な日が続きますが、お互いに体をこわさないようにしていきましょう…。



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる