スポンサードリンク


山頂のトランジスター・ラジオで名曲と出会う


この山を見ると、今でもあのメロディーが聞こえてきます…。


「幻想交響曲」、ご存知でしょうか?

クラシックファンにとっては入門編ともいえる名曲です。

実はしばしば心理学などでも取り上げられる曲。というのも、この曲、フランスの作曲家、ベルリオーズが、大失恋の末、その苦しみから書き綴って生み出したもの。「防衛機制」という心理学の用語がありますが、その中の「昇華」の良き実例として取り上げられるのです。くわしくはインターネットの検索などでぜひ調べてみて下さい。

第1楽章はまさに恋に夢中になる青年の心臓の鼓動のような曲。わくわく、どきどき、そして切なく…ホントにあの懐かしい(!)感情が見事に表現されていて、聞くたびに「すごい!」と思っちゃいます。人間の心の動きをここまで見事に表した曲はそうそうないゾ…とKAY2は思います。

ただ、面白いのは、当時無名だったベルリオーズ、憧れていた女優のハリエット・スミスソンに一顧だにされず、失恋してこの曲を書いたと言われるのですが、その後数年して、女優としておちぶれはじめたその彼女と結ばれてしまいます。が、ほどなく、有名になっちゃった彼の方から彼女を振って見捨ててしまう…。人生っていうのは…、男ってのは…。(もっともあくまで一つの説であり、他の解釈もいろいろあるようです)

いや、今回はそんな話ではありません。KAY2の山登りの話…。

小学生から中学生の頃、近所の山に親友で1年先輩のY君と登るのが大好きでした。当時は熊やイノシシが昼間に出没することもなく、安全だったんです。最近は危なくて危なくて…。

で、山といっても近所の山。標高200~400m前後のものですから、たいしたことはありません。半日かけて道なき道を登り、誰とも出会わず、ただ二人きりの山登り。天気のいい日は眺めが良くて、日本海を見渡せたり素敵でした。

でも、まだ小・中学生。眺めが目的ではありませんでした。目的は…ラジオ。そう、電波の難聴地域に住む我々。少しでも高い所に行けばラジオが入るのではないかと思い、ひたすら高い所を目指していたというのが正直な理由。残念ながらAM(中波)に関してはそれほど成果はありませんでした。原理的に考えても、そうなんですが…(AM受信は見通しの良さなど関係なし)。FMに関しては通常入るNHKーFMの浜田局以外に、広島県の中継局や、海の向こうから韓国の電波が入ったりしましたからそれなりの効果はありました。

で、ある日、実家の目の前にそびえる山に登り、日本海の眺めを見つつ、トランジスター・ラジオ(東芝の小型ラジオでした)のスイッチを入れたら…。

トランペット(本当は他の金管や木管も一緒に奏でています)の勇壮な行進曲が聞こえてきたのです。そして、そのメロディーに一発でノックアウト。

「先輩、この曲、すごくいい!何て曲ですか?」

「これ、僕も知らないな。最後まで聞いてみよう。曲名のアナウンスがあるだろうから…。」

ところが、終了しても、アナウンスがなく次の曲がかかりはじめます。ということは、これは交響曲か何か?

十数分後、次の不気味で騒がしい曲が終わった後、アナウンスがありました。

「ベルリオーズ作曲、幻想交響曲をお聴き頂きました。演奏は…、この曲にリクエストをくださったのは…」

というわけで、冒頭に紹介した幻想交響曲、その第4楽章だったのです。恋人を殺し、裁きを受け、ギロチンへと歩く主人公を模した章。勇壮なマーチ風のメロディーはその一部。そんな内容とはつゆ知らず、そのトランペットの輝きに魅せられて、その後、レコードがすり切れるほど聞くようになったのですが、今でも自分にとっては大切な曲です。ちなみに最初の頃に聞いた演奏はルイ・フレモーとモンテカルロ国立歌劇場管弦楽団が演奏したモノ(その後一度CD化されましたが2011年現在は絶版)。例の主題のバックに聞こえなければならないトロンボーンの低音(ペダルトーン)が、なぜか聞こえないという妙な録音でしたが(実は演奏されていたのに、我が家の安いステレオのせいで聞こえなかったのか、それとも演奏上の解釈の問題か…)、子供の頃の刷り込みとは怖い物で、その録音の方が好みになってしまいました。

見晴らしの良い山でラジオ、そしてそこで大切な曲との出会い…。今でも実家に帰るとその山が目の前にそびえ、そして、ベルリオーズの「幻想交響曲」が頭の中に響きます。



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/








ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる