スポンサードリンク


箱根・宮城野で素敵な洋食屋さんと遭遇 オリーブ




年に1回の1週間かけた旅。今回の目的地、最後は箱根でした。宿は宮城野地区にあります。以前数回泊まったことのある宿です。で、前は1泊で、しかも、車で強羅から宿まで直接往復しただけなので、宮城野の街そのものを歩いたことはありません。

今回はとにかく旅の最後。休息と言うことで、2泊。従って中日は部屋の掃除も断って、とにかくゆっくりと読書などをして過ごすことにしました。とはいえ、昼ご飯はどうしよう?となります。宿に昼食のサービスはありません。近所にコンビニはあるということを聞き、そこまで歩いて行くことにします。

宿を出ると周辺は別荘や企業の保養所などが並んでいます。湯本や強羅、宮ノ下などは有名で大きな旅館がありますが、宮城野は比較的目立たない温泉です。従って、街の中心に出てみると、郵便局とJA。そして、民家という佇まい。やっぱり何もない街なのかなぁと思い、セブンイレブンで、弁当かカップ麺でも買って宿に帰ろうか…と思ったのですが…。でも、せっかく宿を出てきたのだから、少し散歩ということで、国道から分岐して川と平行して走る静かな道を上流まで上ってみることにしました。

で、歩き始めてすぐに気付いたのですが、意外と飲食店があるのです。まず目に入ったのが「洋食屋 Olive(オリーブ)」

とても新しい建物で、入り口に置かれたメニューを見ると、カレーからシチュー、グリルなど、洋食屋さんの定番がそろっています。悪くなさそうです。

さらに歩いてみると、ラーメン屋さん、中華料理、そして寿司屋さんも。

やっぱり実際に自分の足を使ってみないとわからないものですね。

例のように鼻のきくKAY1。「くんくん。やっぱり、さっきのオリーブが気になる!」と宣言。KAY2も同感です。

そこで、戻ってお店の中に入ってみます。12時をまわったばかり。すでに、地元のご婦人が何人か食事中です。

店内を見渡してみると外からの印象と同様、清潔!そして、奥の厨房では年配のご夫婦が調理をしている様子。ホール係は若い女性。ご夫婦の娘さんでしょうか。きびきびと働いていらっしゃいます。

メニューを見ると、値段的には、とてもリーズナブル。洋食屋さんって、都内などではかなり割高の店が多いのですが、こちらのお店では800円台から900円台と、日常的に利用できる範囲の値段です。

そこで、我々はポークソテー(880円)とミックスグリル(980円)を頼んでみました。どちらもご飯とスープがついてきます。

オーダーが入ったとたん、筋切りのために槌で肉を叩く音、そして、ハンバーグを手でたたき、空気を追い出す音が聞こえます。オーダーを受けてから、こうした作業をきちんとこなしているんだなぁと感心します。

そして出てきた料理は…。見た目とてもシンプルですが、味わってみてビックリです。ものすごく手がかかっているのです。

まず、ポークソテーは、肉そのものにも小麦粉をまぶして、味付けがしてあります。それだけでもとても美味しいのですが、一緒に出てきたソースはバターソースをベースにして、それでいてくどくなく、ポークの味をひきたてます。何より、このソースをなめただけで、ご飯が5杯くらい食べられそうな味わいです。

ミックスグリル、これまたスゴイ。チキンソテーのソースはミートソースのようなトマトベースに挽肉やハーブが入って、美味しい!ハンバーグはドミグラスソースにやはり様々なハーブが入っていて、香り高い。そして、海老のベーコン巻きは実に大きく太い海老が使われています。タルタルソースも上品な味わい。そして付け合わせのニンジングラッセ。よく煮込まれ、味わいもすばらしい。ブロッコリーもしっかりと味付けされています。

さらに!スープ。この日はポタージュスープでしたが、こちらは野菜をしっかりと裏ごしした味わいのあるスープです。

うわぁ、もう、この説明をしただけでも、感嘆のため息10連発です。

とにかく、全体にかなり手が掛かっています。厨房に並ぶいくつもの大きな寸胴がそれを物語っています。これが、本当にこの値段で?と一口味わうたびにビックリしました。おそらく、このミックスグリル。都内の洋食店であれば、1890円くらいの値段で出してもおかしくありません。

いやぁ、本当に驚きました。このお店のご主人、いい仕事しています。

ただ、お店の方針でしょうか、いくつか割り切ったところがあります。そこは承知の上で利用されたほうがいいでしょう。

まず、料理についてくるのはご飯です。パンはありません。そして、ワインも赤白一種類だけです。また、全般に量は少なめ。そして、夜の営業は20時までです。そのあたりはご注意を。

我々が食事をしている間にお店は一杯になりました。そして、そのほとんどが地元で働いたり生活したりしている人のようです。そして、持ち帰りも出来るようで、近所の方がやってきてはすぐ袋を受け取って帰られる姿も見ました。

こんなお店が地元にあれば、みなさん、本当に幸せですよね。

今回食べた料理の他にも、一日煮込んだカレーに、シチュー、そしてサラダ…メニューを見ていると、どれもこれも食べたくなってしまいます。次にここに来たら昼も夜も連続して通い詰めそう…。

何もないと勝手に思い込んでいた宮城野。思い込んじゃいけません。どんな街も、必ず歩いてみて、そして、気になったお店に入るって、大切ですね。


洋食屋 Olive(オリーブ)
  ランク:AA
  電話:0460-82-1392
  住所:神奈川県箱根町宮城野923-3
  時間:11:30~14:30
     17:30-20:00 
  定休:木曜日
  値段:1~2000円
  場所:バス停 宮城野支所前 から徒歩2分
  地図はこちら
  メニュー例:ハンバーグステーキ 900円、 カツカレー 950円 
  クレジットカード 不可



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/





ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント

宮城野☆

ぱんのみみ、もありますし、宮城野って結構良い所ですよね☆

No title

ユールジさん、はじめまして!

コメントありがとうございます。

そうですよね、「ぱんのみみ」、通りがかったらお客さんで一杯でした。スゴイ人気ですね!あの名物、パングラタンは完食する自信はありませんが…。(^^;)

他にお寿司屋さんも気になったし、宮城野、おそるべし…。


スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる