スポンサードリンク


付箋とメモ ~ 読書における最強の武器




「しがない」サラリーマンでありながら、ビジネスマンとはとても呼べない、自称「炎の料理人」KAY2。かっこいいビジネスマンにあこがれているせいか、ビジネス書を結構読みます。別にビジネスのノウハウを学んでいるわけではなく、そこで紹介される様々な生活上のノウハウで自分の生活に生かせるものはないかと読んでいるんです。

で、実際、いろいろなヒントをみつけ実践し、ずいぶんと役に立っています。

中でも、読書に関する2つのヒントは最近の大ヒット。それは

1.付箋をつける。

2.読後、PCに向かってメモをつける。


この二つです。「なぁんだ、実践しているよ」という方も多いでしょう。でも、これ、ほんとにすごいなぁと実際にやってみて実感です。

まず1の付箋をつける。これは簡単ですよね。つまり、読みながら、あ、これは重要!とか、これは心を打つなぁ!という場所によくペンで線を入れる人がいますが、その替わりの方法です。

本は汚すのが嫌い!という人。あるいは、読了後、本を売りたいという人にはぴったり。それだけじゃありません、下線と違って、付箋だと後述のメモを作成するとき、その該当箇所を探すのも容易です。

で、付箋はポストイットを使っていますが、頭だけ色がついた透明なプラスチック製のものを使っています。値段は多少しますが、何度も使い回しできますし、貼っても、透明なので、文字が隠れず、メモ取りの際、便利です。さらに、KAY2が読書中、KAY1が「あ、その本、面白そう」と言いながらいきなり奪って(!)読むことがありますが、その際にも「付箋がじゃまにならない(文字が隠れていない)から便利ネ」とのこと。

そして2。読書メモ。「自分の感想を書くのって面倒だよねぇ…」と思われた方。

違うんです。感想じゃないんです。

ポストイットをつけた部分を抜き書きします。KAY2は幸いブラインドタッチでキーボードを打つのが早いので、それほど面倒でなく、すぐに写せます。

たとえば、今読んでいる「バカでも年収1000万円」(伊藤喜之著 ダイヤモンド社)であれば、

・「相手と意見がぶつかったら、すぐに「プチ幽体離脱」をして、相手になりきってみましょう。「相手がどうして腹を立てているのか」がわかるはずです。」(p140)

ってなぐあいに。頭に中点をつけて、そして該当箇所をカッコでくくって抜き出します。

もちろん、こうしてコピーしただけでは分からない部分もありますから、そういう場所は中点と抜き書きのカッコの間に内容を自分でまとめて入れます。

・著者は池田千恵さんから「朝食会」の話を聞き、すぐにその場で彼女に申し込みをした。その結果、池田さんに強い印象を与え、仲良くなったという。しかも、本当は朝食会は抽選。「僕のそのスピード感に驚いた池田さんが、ついつい、その場で申し込みを受け付けてくださったのです」(p63)

という具合。

これをWZエディターのアウトライン機能(この機能を使い、本のタイトルの一覧を表示させることが可能)を使ってメモしていくわけです。1冊に10カ所程度であれば、写すのに10分もかかりません。そして、メモし終えた場所から付箋をはがしていき、再利用のために取っておきます。

reading3wm.jpg

このことによりものすごいメリットがあります。つまり、いったん読んだ後に、もう一度要点だけ抜き出すことで、記憶にしっかりと定着するんです。

以前は本を読んでも、すぐにその内容を忘れ、結局「読書」が単なる「時間つぶし」になるだけでした。ところが、読書メモをつけはじめてから、とにかく、内容が記憶に残ります。他人に読んだ本の説明をしたら「何でそんなに正確に覚えているの?」と驚かれました。物覚えの「悪さ」では定評のあるKAY2ですが、このメモのおかげで読書の記憶だけはすごいです。

そして、もう一つ大きなメリットが。

メモを残すと、本を持っている必要がなくなるんです。そう、処分しても大丈夫。必要な所は全部、メモに入ってますから。(^^) つまり、家の中の本が少なくなるんです。もちろん、本の中には小説のように「読んでいること自体が愉しい」というのもありますから、そうした本はこのシステムには向かず、本棚に残ることになりますが…。

というわけで、付箋と読書メモ、秋の夜長にぜひどうぞ。

追記:
上記、メモをPCに打ち込む際、両手がPCに取られてしまいます。そうなると、本を開きっぱなしにするには…、いい武器があります。書見台、ブックスタンドといわれる商品です。最近はコンパクトで、折りたたみのできるブックスタンド、1000円前後で販売されています。我が家もさっそく1台購入。とても便利に使っています。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/




コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる