スポンサードリンク


ジェンヌファン増殖中~カベアナタカラダニのその後

jenne2wm.jpg
一匹だけでもインパクトがあるのに、このジェンヌちゃん、大量に現れて走り回るのです


KAYSのブログ、「昆虫仙川館」にタイトルの昆虫のことを書いたのはもう2年前になります。そう、我が家で「ジェンヌ」と優雅に呼ぶこの昆虫、正式名称は「カベアナタカラダニ」というのです。「タカラ」だから「宝塚」。「宝塚」だから「タカラ・ジェンヌ」だから「ジェンヌ」と、およそ宝塚ファンの方々には申し訳ない名付け方をしちゃいました。ホントにごめんなさい。m(_ _)m

当時は、インターネットで調べるも、「イカリ消毒(http://www.ikari.jp/gaicyu/39010d.html)」さんのページに書かれた説明がほとんど。その内容も「生態不明」でした。

ゴールデンウィークの頃、突然大量発生し、ベランダを縦横無尽に走り回ります。そして梅雨と共に消えていく。というわけで我が家では間もなくお別れとなるカベアナタカラダニさん、風物詩といえば風物詩。しかし、ベランダに椅子を置いてビールでも…となるとたちどころにカラダに小さなジェンヌがまとわりつく。しかも、つぶしちゃうと真っ赤な跡が衣服や床に残る…。いやぁ、これは大変です。しかも、そこら中でうごめいているジェンヌ達をみていると、今でこそ慣れましたが、当時はホラー。

「きゃ、ジェンヌが出たぁ!」はKAY1の叫び声の定番でした。それ以来KAY1はこの季節になると毎日ベランダチェック。赤く稲妻のように走る(大げさ!?)ジェンヌをみかけるとパタパタと音が聞こえてきます。どうも、履いていたサンダルを手に持って大量殺戮してるようで…、くわばらくわばら。化けて出るかもよ…。

ところで、インターネットで久しぶりに「カベアナタカラダニ」を検索したら、ずいぶんページが増えています。しかも2年前には「生態不明。チャンチャン!」で終わりだった説明も、なんと学術論文が複数!

早速読んでみました。
たとえば東京都健康安全センターの研究年報
http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/journal/2008/pdf/01-43.pdf
http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/journal/2009/pdf/01-37.pdf
ほぉ、東京都、こんな研究もしているんですねぇ。産卵の実態!
読んでみるといろいろと興味深い事実が書かれています。

うーん、東京都、こんな地道な研究をしているとは!拍手です。一都民として、こんな税金の使われ方ならば大歓迎。

2年前にこのブログでカベアナタカラダニについて書いたときはほとんどなかった研究論文。つまり、「人間に大きな害になる虫でもない=研究しても金にならないし評価されない」から研究しないわけです(KAYSの勝手な推測)。ところが、やはり普段生活していて「気になる」虫ではあるのです。そこで、民間は無理でも、公的な機関がこうして研究するというのはありがたいことですねぇ。もっとも都の保健所などに「あの赤い虫!なんとかして!」という悲鳴にも似た訴えが数多く寄せられたからかもしれませんが…。

また、大阪と京都の先生はこんな調査もしていらっしゃるようですね。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006685185


さて、世の中で静かにジェンヌ調査が進行中とは知らないKAY1、あれほど忌み嫌っているくせに毎日ジェンヌ退治をしているうちに色々と気付き始めます。

「ねぇ、知ってた?ジェンヌってさ、大体5、6匹のグループで見かけることが多いのよ!で、そのうちの1匹が太っちょさん。だから、もしかして太っちょさんが女王で、周りは雄の奴隷かな…。」

残念でした。上記の調査によると単為生殖をするそうで、雄雌の区別はない可能性が高いようです。KAY1の思い込みですねぇ。

「ねぇ、私発見したんだけど、毎日私がジェンヌを退治してるじゃない。最近はね、ジェンヌさん達、私がベランダに出る音を聞くと、急に蜘蛛の子を散らしたようにいなくなるの!」

うーん、ジェンヌちゃん達も学習したのかな。ま、KAY1よ、君は夫の僕にとっても「山のカミで」コワイからねぇ…。

「ねぇ、面白いよ。ジェンヌさん達ってさ、去年もそうだけど、あれほど外だけで走り回っていたのに梅雨が近づくと窓枠の方に近づいて、家の中に入りたがるのよ。『入れて入れて』って」

ふむふむ。カベアナタカラダニは水分を嫌うらしからねぇ…。

と、まぁ、まるで自分に子供ができたみたいにその行動の報告に毎日忙しいKAY1であります。あれほど毎日大量殺戮しているのに…。

こういう風にして、次第にジェンヌを嫌いつつも興味がわいてくるんでしょうねぇ。上記論文も単に迷惑虫対策ということで調査依頼が増えたというだけでなく、案外、個人的に興味を持たれた研究者の方も…つまりジェンヌファンが全国で静かに増殖しているということかもしれません。我が家みたいに…。

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



東急ハンズのネット通販「ハンズネット」


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる