スポンサードリンク


鰹のタタキ…こうして食べるのが土佐流!

tataki1wm.jpg
見慣れたカツオのタタキ。底には大葉、タマネギ、ワカメ、ニンニクなどが敷いてあります。
しかし!これだけではだめです。
tataki2wm.jpg
どこに鰹が?というくらいに、さらに同量の大葉、タマネギ、ワカメ、ニンニク、それに葱がちらされています。
そして、これに馬路(うまじ)村の柚ポンをジャバジャバとかけます。鰹が泳ぎ出すくらいに…。これが土佐は高知のNさん家風!




普段テレビドラマをあまり見ないKAYSですが、今年は2つのドラマにはまっています。一つは以前このブログにも書いた「ゲゲゲの女房」、そして大河ドラマ「龍馬伝」。

ある日、「龍馬伝」を見ていたら、龍馬がカツオのタタキをおいしそうに食べるシーンが出てきました。「まっこと うまいき!」などと言いながら…。そう、土佐は高知の名物といえば鰹のタタキ。

それからしばらくして…、今やまさに初鰹の季節。

近所のスーパーでも鰹のタタキや刺身がずらっと並んでいます。

たまたまKAY2がこの1年、一緒に仕事をした人が高知の出身。Nさんとしておきますが、彼女は仕事に対する態度がプロフェッショナルでその腕も抜群。とても若いけれど、KAY2は彼女のことを大変に尊敬しています。

彼女に「鰹のタタキを実家では食べる?」と尋ねると「そりゃもう!定番ですから…」との力強い答えが返ってきます。

そこで、「東京で食べるのと違う?」と尋ねてみると…。

「新鮮さに違いが出るのは仕方がないですけど、他にも違う部分がありますね…」との答え。

高知では「鰹のタタキ」と言ってもいろんな食べ方があるそうで、葱を載せる場合もあれば、ミョウガを載せる場合もあり、タマネギを載せる場合もあり…。とにかくバリエーションに富むそうですが、彼女は「我が実家のタタキが最高!」と言って譲りません。

そこで彼女に頼み込んで、彼女の家でのレシピを教えてもらいました。ちなみに、彼女の家で鰹のタタキといえばお父さんの仕事だそうです。お父さんは地元で漁業の専門家。ということは期待できそうじゃないですか!

で、ある日、レシピをお父さんに聞いてもらったらしく、それをメモにしてもらいました。

そして、さっそく作ってみたら…。

これは「うまい!」。たちどころにKAY1から「我が家の新定番!」との太鼓判が。

ちなみに、用意するものは

・鰹の背(刺身用→腹より背がさっぱりします。軽く塩を振って表面を焼きます。直火でもいいですし、フライパンと油でもOK。氷水でひやし、水分をふきとったら酒をふりかけ、そのまま冷蔵庫で30分)
・ニンニク 3~4かけ(スライスにし、さらにおろしたのも使います)
・タマネギ 半分(薄くスライスに)
・大葉 10枚(千切りに)
・ワカメ(乾燥を水で戻したものでも可)
・細ネギ 細かく切って大量に
・馬路村のポン酢醤油(スーパーやカルディなどで手に入ります。手に入らない場合は酢、ゆず果汁(レモン、かぼすでもOK)、醤油を1:1:1で混ぜたもの)


以上なんです。

そして

・カツオは塩を軽く振ってフライパンで各面を30秒ずつ焼き、氷水で冷やす。水気を拭き取ったら、今度は酒をを振って冷蔵庫で30分以上おく。
・皿に、タマネギ、ニンニク、わかめ。大葉を半量ずつしきつめてそこに大量のポン酢醤油(すりおろしにんにくを混ぜても良い)をドボドボとと。
・そこにタタキを切って並べる。
・さらに残りのタマネギ、ニンニク、わかめ。大葉、ネギをかけて、再びポン酢醤油(すりおろしにんにくを混ぜても良い)をドボドボと…。


ポイントは

・生姜を使わず、その代わり、ニンニクを山盛り。(翌日の仕事に注意!臭います!)
・ポン酢醤油はこれでもか!というくらいにかける。タタキがしっかりポン酢を浴びて(浸かって)いる状態で。


ということにつきるかもしれません。

こうして食べた鰹のタタキ、確かに僕らが今まで食べたどんなタタキよりもおいしかったんです!そしてニンニクの効果か、全身に力がみなぎるような気がします。

教えて下さったNさんに感謝です!

Nさんとの仕事が先週で終わりました。Nさん、仕事熱心でパワフルな方。きっと、そのパワーはお父様の作った鰹のタタキから来ているのかもしれませんね。将来きっと大きな仕事をされるのではないかと思います。

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



鰹のタタキ、いろんなワインに合います。白でもロゼでも赤でも!ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる