スポンサードリンク


確定申告 パソコン入力でのつまずき

tax.jpg


確定申告提出締め切りまであと少し・・・。

昨年引っ越したKAYSは住宅控除を受けようと、久しぶりに確定申告をすることになりました。今どきは税務署に出向かなくとも、パソコンでできると聞き、さっそく、国税局のホームページにアクセスします。

調べてみると、e-Taxというのがあり、パソコンだけですべての処理が終わる(書類の郵送の必要もなし)便利なものがあるのだそうですが、こちらはカードリーダーなどの初期投資が必要。

そこで、書類をパソコン上で打ち込み、それをプリントアウトして郵送という形をとることにしました。

まずは必要書類を用意し、確認。
・源泉徴収票
・住民票
・ローンの残高証明書
・契約書の写し
・登記事項証明書

次に国税庁のホームページから確定申告書等作成コーナーにアクセスします。
https://www.keisan.nta.go.jp/h19/ta_top.htm

続いて、ページの指示に従い、順々にこなしていきます。

おお、順調。便利じゃん!と進んでいたのですが、ある場所でつまずきます。

住宅借入金等特別控除(借入金等入力(新築中古))の入力です。

その中に、「家屋に関する事項」という項目があり、
「家屋の取得対価の額(消費税込みの価額)を入力してください。」
とあるのです。さらに、次には「土地に関する事項」というのがあり、
「土地の取得対価の額」というのも求められています。

我々が購入したのは中古のマンション。で、契約書に、マンションの価格というのはもちろん記入されているのですが、家屋と土地のそれぞれの対価というのは記入がないのです。

そこで、解説ページを開きます・・・。すると消費税から対価を求めるというのがあるのですが、そもそも中古物件の場合消費税はかかりません。つまり、算出基準となる消費税がないのです・・・・。

そこで、ネットで様々に調べていきますが、
「家屋に全額を入力し、土地には0を入力する」
としたサイト、
「通常、家屋が全体価格の7割に対して土地3割で計算する」
とするサイトもあります。
http://kanto.m-douyo.jp/question/s6989/

念のため国税庁の相談室に電話をかけてみます。
「あの・・・どうすれば対価は調べられますか?」
「は、消費税から計算、もしくは、売買を担当なさったところに確認してください」
「あの、中古なので消費税がないし、売買の担当者も今つかまらないんです。ネットのサイトなどでは土地を0円にというのもありましたが・・・」
「え?0円?それはちょっと・・・・(苦笑)。ちょっと待ってください。調べますから」

でしばし中断。

「わかりました。えっと、この場合は土地の値段をなしにしてみてください。」
「ということは0円で入力?」
「はい、そうです」

ということで、一件落着。なぁんだ、ネットのアドバイス通りでよかったんだ。

まず、上記、土地の対価を「0」と入力してみると・・・ありゃりゃりゃりゃ・・・先へ進みません。「入力してください」とエラーメッセージになっちゃいます。やはり、「0」ではだめなようで。

だめですよ、国税庁様!ちゃんと教えてくれないと。

試しに「1」円と入力すると、受け付けてくれました。でもね、なんだか、大丈夫かなぁ・・・と不安になります。

そこで、サイトにあったもう一つの解決方法全体価格の「7:3」でそれぞれ家屋と土地の対価を入力・・・今度はうまく行きました。

果たして、この入力結果で、還付される額がちゃんとなっているのか、すべての入力を終えると表示されます。そこで確かめてみると・・・はい、無事、予想通りの還付金が表示されました!よかったよかった・・・。

ところで、このパソコン上での書類、計算も自動的にやってくれる部分もあり、大変便利ですが、1カ所だけ、面倒な場所がありました。入力の途中で「1棟の家屋の総床面積」というのを出さなければならないのです。登記事項証明書にはマンション各階の床面積というのがあるのですが、わがマンションのように階数が10階以上あると、それを自分で足して出さなければなりません。これが、結構大変。大きな数の足し算なので計算間違いが多くて、何度も計算をやりなおしました。30階以上もある超高層マンションなんて大変でしょうねぇ・・・。

というわけで、無事、申告書ができあがりました。どうにか締め切りまでに間に合いそうです。

ほっ。

あ、それから、上記提出書類のうち、
・契約書の写し
・登記事項証明書
この二つは夫婦で共有、それぞれに申告書を出す場合、その旨を書類を入れる封筒にでも記しておけば、2通用意する必要がなく、1通で良いそうです。ただし、源泉徴収票などその他の書類はそれぞれに必要ですが・・・。これも国税庁の方が教えてくださいました。今度こそ本当だよね?(笑)


KAYSのホームページはこちら

エプソンダイレクト株式会社
KAYSの歴代PCは Epson Direct です。



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる