スポンサードリンク


カメちゃんの不思議


2010年が始まりました!

毎年、なぜかこのブログの正月第1回目はトリビア的な話になっています。昨年は「鏡よ鏡」…鏡で自分を見るときになぜか目を見開いてい見る人間の癖について。そして一昨年は奥様の化粧と台所の綺麗さとの関係を見事に示す「東京ガスの法則」についてでした。

今年もそんな感じでいきましょう。とはいえ、ちょっと書くのが遠慮がちになっちゃう話です。この先、気分を害される方がいたら(特に次の写真で)ごめんなさい。先にあやまっちゃいます。

で、タイトル、ちょっと意味不明です。が、このタイトルでかつてニッポン放送でオールナイトニッポンを担当し、後に社長となった亀淵さんを思い出した人…ラジオ好きですねぇ。KAY2よりちょっと年上かな。でも、今回はラジオの話ではありません。

先日、帰省したときに母親といろんな話をしていました。その中で一つ印象的なことがあったんです。



はい、ご覧のように「カメムシ」。

くさいですよねぇ。みなさんも酷い目にあったことがあるのでは?

田舎育ちのKAY2は何度もやられています。

ところが、カメムシをみつけてティッシュか何かで外に出しても、例の強烈な匂い出すことなく「お引き取りいただく」ことができる方法があるというのです。

実は母も以前は半信半疑だったそうです。

が、それを教えてくれた人があまりにも真面目に話してくれたので、「念のため」、試してみたところ大成功。

それを聞いた息子のKAY2はこれまた半信半疑どころか99%以上「ご冗談でしょう!」という感じだったんです。

しかし、東京に戻ってきて数日後、めったにないことですが、某所でなんとそのカメムシさんと遭遇してしまいました。

うわぁ、まずい!なんてこった、オリーブ…。おーまいがーーーーーっっっっっ!!!

そのとき母親の言葉を思い出しました。

もう、祈るような気持ちです。母の教えてくれた方法はこうです。

カメムシをよく見つめます。そして、静かに語りかけます。

「かめちゃん、かめちゃん、こんにちは。おこっちゃだめだよ。なかよくしようよ。僕たち仲良し。さ、かめちゃん、今日のところはひきとってくれないかなぁ。いまから外にちゃぁんと丁寧に運んだげるからね。いいね。かめちゃん、かめちゃん、よろしくね」

と、こんな感じで歌を歌うように優しくカメムシに語りかけるのです。

おそらく、そばにKAY1がいたらできなかったでしょう。あまりにも恥ずかしくて。一人きりだったので、できたことです。(^^;)

そして、静かにティッシュペーパーをカメさんの前に置き、そちらに「はい、こっちに移ってね。悪いようにはしないから…」と歌いかけます。自分で「アホなことやってるなぁ…」と思いながら。

ところが、

ところがですよ、

なんとなんとなんと、

あろう事か、カメさん、すっとティッシュの上に乗かってくれました。

あれま。

で、静かにティッシュをそのまま手のひらにのせて、外に、ベランダで、カメさんとさよならをしました。もちろん、あのくさぁ~いオナラはなしです。

狐につままれた感じ。

うーーーーーーーん、皆さん、ホントの話です。

カメムシに語りかける。効果あったんです。本当に。ま、偶然かもしれませんが…。

そういえば森で熊さんに出会ったときに襲われないですむ方法として「歌を歌って話しかける」というのがありました。効果があるのかどうか、命がけなので試したくはありませんが…。同じような効果なんでしょうかねぇ。

そうそう、もう一つありました。

KAY2の実家、古いので、夏になるとよくムカデが出ます。就寝中、こいつに噛まれるのはイヤなものです。ある人が母に「寝る前にね、布団に座って、周囲を見渡して、それで唱えてご覧なさい…ムカデさん、出てきてもいいけど、噛むのはやめてね…、この一言を唱えると大丈夫」と言ったそうです。半信半疑どころか100%疑いながらも冗談半分、父と唱えて寝たところムカデが出ず。へぇ偶然!と思いながらもしばらく続けたところ、ムカデに噛まれるのがぴたりとやんだそうです。次の夏、すっかり唱えるのを忘れていたらいきなり噛まれ、「あ、あれは効果があったのか!」と思い出したとか。

皆さんもカメムシに出会ったり、ムカデの被害に困っていたら、一度試してみてはいかがでしょう???

というわけで、妙な話でスタートした2010年。皆さんにとって素敵な年になりますように!!!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント

日本文化

本年もよろしくお願いいたします!

わはは!コレは凄い話ですね。うちも昨年はムカデが出ましたが噛まれるなんて想像しただけで恐ろしいです!!!

語りかけるのと似ていますが、鼠が出る家で、「おいしい団子(毒団子)を屋根裏に置いておいたよ!」と屋根に向かって言うと、ちゃんと食べて?ネズミさんは成仏されたそうです・・・なんていう話も聞いたことがありますよ(笑)

でもこの手のお話を集めたら結構面白いかもしれませんね。実はその地域の風習などの背景があったりして・・・これも失われつつある“日本の文化”のような気もします!

RE:日本文化

アグルさん、

さっそくのコメント、ありがとうございます。
2010年、アグルさんにとって良い年になりますように!

「鼠」に向かって声をかけるというのはおもしろいですねぇ。鼠ならムカデよりも聞き分けがよさそうです。あくまで「なんとなく」…。(笑)

日本文化…、そうかもしれませんね。動物と人間が普通に言葉でコミュニケーションしているってのは、かちかち山にもありましたねぇ。狸がおばあさんを言葉巧みにだましてみたり…。そういう話が昔話や地方の言い伝えにはたくさんありますもんねぇ。

それにしても…、ムカデ、噛まれると大変ですよぉ。僕は幸いないですが、両親とも噛まれて皮膚が真っ赤になっていたのを思い出します。なぜか夜中、天井から落ちてくることもあったりして…まさにホラーでした。

日々、虫さんたちとの戦いをしなければならない生活をしていると、「語りかけ」たくもなるのかもしれませんね。(-_-;)



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる