スポンサードリンク


イチキュッパのパソコンで大満足~PORTABOOK

portabbok_01wm.jpg
そう、立派に Windows 10 が動いているんです!



このブログで以前紹介したように、KAY2は普段、ブログの記事を書くのにポメラを使っています(こちらの記事)。KING JIMの便利なテキスト入力装置です。

使い倒してすでに3台目。本当に便利この上ないのです。できることはテキスト入力とほんの少し表計算やカレンダー、辞書など他の機能がおまけでついているくらい。ほかはネットにもつなげないし、他のソフトが動くわけでもない。つまり、何にもできない。実に割り切ったマシンです。

ところが、そのKING JIMがポメラの発展系として、Windows 10 のマシンを出すと知り、驚いたのが1年ちょっと前。折りたたみのキーボードを搭載した超小型のPC。基本はポメラの便利さ、軽さを踏襲しながらも、ネットにもつながるし、Windowoのソフトが動く。おまけにスカイプなどもできるようにカメラも搭載。

名前は「ポータブック(PORTABOOK)

これは興味津々。いや、ほしい!

しかし、ポメラと違い、PCですから、値段が9万円近く。

そして電気店で実機を見てみたのですが…。

うーん、よくできています。でもスペックはかなり低い印象。これで10万円近く出すのは、あまりにもC/P(コスト・パフォーマンス)が悪い…という印象です。わずか5分の対面で決めました。

この機種、忘れることにしよう!(笑)

それから1年。ふと、「あっ、あれ、どうなったんだろう?売れてるのかな」と、思い立ち、検索してみたら。

え?

いち早くメーカーは製造中止。そしてそれにともない、投げ売り状態となり、現在値段が一番安いお店で19,800円。そう、イチキュッパ!

えええ?本当に?それならば、買いかも!!

ということで飛びついたKAY2であります。

ただ、こうした安物買いは銭失いになる可能性もありますから、なぜ、人気が出なかったのか。そして、使うときの注意などを事前に、そして冷静に調べてみます。

すると、なぁるほど!という点が見えてきます。

・記憶装置の容量が32GBと非常に少なく、単にWindowsのアップデートをしただけでも相当メモリーを消費してしまう。ソフトなどはできるだけ内部記憶装置を使わず、マイクロSDカードなど、外にインストールすべき。そして最低限、そうした知識がない人には使いこなしは難しい。

・USBは1つだけ。そして、しかも、電力を供給する余裕はない。外付けのHDDを使おうと思えば、たとえば、給電機能付きのUSBハブなどが必要。そもそも1つしかないUSBにマウスをつければ(付属のポインターは慣れないと使いにくい)それだけでUSBがいっぱいなので、やっぱりハブは必要。ただ、マウスはbluetoothマウスを使えば、USBがふさがれないので、多少の救いにはなる。

・8型TFT画面はノングレアのためややざらざらした荒い感じ。実用には十分だが、お世辞にもきれいとは言えない。


など、人気が出なかったわけがわかります。

が、それは10万円近い値段で売られていた、以前の話。

だって、今はイチキュッパ。

Windows10のPCが、たとえメモリーが少なくとも、この値段であれば、買いではないの?しかも、Bluetooth(ブルートゥース)もついているし、HDMI端子、VGA端子もあるのでプレゼンにも使えるし、無線LANももちろん内蔵。実用的に困ることはあまりないのです。電源だって、フル充電で5時間近くもつし、万が一途中で電源が切れそうになっても、端子はmicro USBだから、モバイルバッテリーをつなげば、いざというときにも困らない。これはもしかしたら、今となっては「超・お得な機種」なのでは?

いや、もちろん、例えばスティックPCなど、1万円台のPCは他にもあります。が、ポメラ譲りのしっかりとしたキーボードがついてきて、それでバッテリーも5時間近く持つのなら…、やっぱりこれはKAY2の希望する使用用途であれば全く問題ないのでは?そう思えてきます。

そうそう、KAY2は使いませんが、一応、1年間の使用限定でオフィス365も搭載しています。

特にKAY2、このマシンが欲しくなったのは、文章を書きたかったから…。それだけです。別に、高度の作業をPCにさせるつもりなのでは全くありません。ポメラで文章を書いている最中、たまに「あ、ネットで調べたいなぁ」と思うことがあり、そういうとき、ポメラが小型のPCであれば…と思うことが何度も。それが理由で欲しくなったのです。そう、「物書き、時々ネット閲覧」が目的。

あとは、外出先で、ブログやHPの更新作業くらいの簡単な作業ができればな…と思ったこと。

そう、別にPCにあれこれソフトを入れる必要もないのです。基本、メモリー消費量の軽いエディターで文章が打てて、そして、ネットにつなげることができて、さらに、贅沢言えば、できればたまぁに気分転換で動画でもみることができれば…、と思ったのです。

であれば、このスペックで十分!しかも、情報を集めてみるとKING JIMさんは、この後継機を出すつもりはないようです。つまり、これが最初で最後のマシン。

2週間ほど事前リサーチをして、これでいける!とふみ、ネット通販で購入。送料込みでのイチキュッパ。嬉しい買い物でした。

portabook_02wm.jpg
蓋を開いたらこういう状態。


portabook_03wm.jpg
白のキーボードを回転させて…。


portabook_04wm.jpg
カチャっと音がすれば、あのポメラ並みに
打ちやすく静かなキーボードが…。



さて、実際に届いてみて、1ヶ月ほど使ってみました。そして、今、この記事をPORTABOOKで書いていますが、正直、とても良い買い物だったと思います。ポメラと違って、ディスプレイがカラーというのは視認性が高いですし、さらに、エディターで文字の大きさを小さくすれば、たとえば1画面に二十数行という風に、結構な行数を表示することができます。これは文章が書きやすい!

また、心配していた起動も、さほど時間はかかりません。実際に秒数をはかってみると、電源スイッチを入れてパスワードを入れるところまでで25秒。完全に立ち上がってWZ Editorも立ち上がって入力できるようになるまでトータルで40秒でした。これなら、許容範囲です。頻繁に開いたり閉じたりするときはスリープにしておけばいいですし。

さらに折りたたみ(回転式)のキーボードは十分なキーピッチがあり、ポメラの伝統を受け継ぎ、非常に打ちやすい。おまけに打鍵も静かです。ただ、構造上の問題なのか、強く打鍵すると、キーボードの本体がPC本体とぶつかる音がします。これについては、キーボードを広げた後、本体との間に薄い紙を挟み込むことでかなり軽減されました(もしかしたら、本当は修理すべきことかもしれません。購入後20日以内なら交換は可能なので、そうしてもらった方がよかったかもしれませんねぇ。修理の保証は1年間です)。

エディターはWZ Editorを。そして文字入力はATOKを使い、申し分ない文章入力環境を得ています。たまにブラウザーでネットにアクセスしたり、メールのチェックをしたり。さらには、ブログの更新などもできています。画面は少し荒いですが、動画も楽しめます。

本当に狙ったとおりの使い方ができ、これがイチキュッパなら、実にお買い得。

在庫処分も、そろそろ数が少なくなってきているようです。

仕事に趣味に、バリバリと使いこなすパソコンをお探しの方には不向きでしょうが、KAY2と同じような使い方をされる方には、ポータブック(PORTABOOK)、良い製品だと思います。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)





スポンサードリンク
プロフィール

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる