スポンサードリンク


こんな利用方法が!? フルムーンパスの旅~03


fullmoon201603_1wm.jpg
これ、本当に「あり」なんでしょうか?


KAY1、何か秘密があるような、もったいぶった言い方で話しかけてきます。

「あのね、面白いこと考えちゃった!」

それを聞き、「凄い!よく思いついた!やろうやろう!」とKAY2が飛び上がって喜んだ、フルムーンパスのある利用方法とは…。

あの、これって、本来目的でその列車に乗る方の迷惑になりますので、今回1回限り。読者の皆さんも、頻繁にはされないほうが良いかもしれません…。あと、路線を変えるとか…そのことは後述しますね。

それは…。

KAYSは通常も東海道新幹線をよく利用します。そうなると旅はまず自宅のある京王線仙川駅から新宿まで出て、そして新宿から中央線で東京へ。

ところが、この中央線、始終混んでいますし、しかも、ラッシュ時は殺人的。今回の旅行、ラッシュを外したとはいえ、それでも、午前9時台ということで中央線は劇混みなのが容易に想像できます。そこへ大きな荷物を抱えて乗り込むのは…。

以前の旅行でも、中央線で東京駅に着いたとたん、ヘトヘトになり、新幹線に乗る前から「帰りたい!」と思ってしまったという苦い経験があるのです。

新宿から楽に東京まで行く方法は…、時間によっては東京メトロの丸ノ内線なら新宿始発があるので、座れるのですが…。

そんなとき、ふと、KAY1が思いついたのだそうです。

「今回はフルムーンよね。グリーン車に乗り放題。でも、まず東京駅まで行かないと…。えっと、あれ?もし新宿からグリーンがあれば、普段だったら、超高額なお金を出して乗ったりはしないけど、フルムーンパスなら…タダだから。えっと、新宿から東京までグリーンなんてないよね…。あっ!あるあるあるある!」

このコペルニクス的発想。KAY1、偉い!

新宿~東京間を走る特急と言えば、まず「あずさ」が思い浮かびます。新宿を朝09:14の「あずさ2号」に乗れば東京に09:26到着。これは使える!おまけに「あずさ2号」、旅立ちにふさわしいじゃないですか!「♪あずさ2号でぇ~、私は私はあなたから、旅立ち~ます~♪」と思わず歌ってしまいます。

でも、乗車時間はわずか12分間。うー、グリーン車なのに勿体ない!もっと長く乗っていたい…。

あれ?

あの列車、品川経由で、もっと長く乗れるのでは?


fullmoon201603_2wm.jpg
まさか、新宿~東京間での利用なんて!


そう、成田エクスプレスです!これなら新宿から品川経由で東京も停車。ただ、我々が乗る新幹線にちょうど良い列車がないのです。でも、乗ってみたい!そうなると、そちらの欲求が勝ります。あずさに比べて1時間ほど早くなっちゃいますが、新宿を08:02に出て東京駅には08:27到着。なんと25分間も乗ることができるのです!あずさの倍ですよぉ!

びゅープラザでの発券時、「お客さん、新宿から東京の成田エクスプレスって、何かの間違いでは?」と指摘されるのではないかとヒヤヒヤしましたが、何も言われず…。案外、同じ事を考える人がいるのかもしれません。

というわけで、我々にとっては素敵な旅のスタート、普通の人にはまったく「酔狂」としか映らないでしょうね。

でも、成田エクスプレス、本来は成田空港を利用される方が乗る物。我々が短距離を利用するために本来利用の方が取れなくなってはもうしわけないです。今回のように平日の朝、空いている時なので良いですが。やはりそういう場合は利用者がずっと少ない「あずさ」や「かいじ」の方が良さそうです。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




1ヶ月前の準備 フルムーンパスの旅~02


fullmoon201601_1wm.jpg
これだけ沢山のチケットを持つのは生まれて初めて。
しかもみんなグリーン!


さて、予約の始まる数日前、久しく使っていなかったえきねっとの操作を復習するためにアクセスしてみます。そして、規定の欄をあらためて読み返していみて驚きます。「えきねっと」の場合、なんと1週間前倒しで予約ができることがわかったのです。どうしていままで気付かなかったのだろう!

もちろん予約を確約するものではありません。が、本来予約が始まる旅行日の1ヶ月前、さらにその1週間前から予約受付という形で予約します。すると、当日午前10時に自動で、予約オーダーが発注され、よほどの混雑でない限りとれるわけです。ということは、わざわざ毎日アクセスしなくても、まとめて事前に予約しておくことも可能。もちろん、完璧を期するのなら、1ヶ月と1週間前、それを連日申し込めばさらに間違いはありませんが…。

これって凄いですよね。

数年前まで、JRの指定券を取る際に、1ヶ月前の午前10時に「みどりの窓口」のカウンターに並ぶのが難しい場合は、予めJTBに予約でお願いしておくという手がありました。するとJTBが1ヶ月前の10時に予約をして、取ってくれるというもの。ところが、JTBも大人の事情があったのでしょう。しばらく前から、宿との組み合わせでなく、JRの切符だけの場合こうしたサービスをしてくれなくなりました。

えきねっと、その代替手段となりえる方法です!

ただ、通常の一つだけ1ヶ月前の予約と違うのは予約時にあらかじめ座席の番号が選べる「シートマップ」が利用出来ないこと。それだけが不便ではありますが。

そこで、とりあえず、初日と二日目の北海道新幹線をまず事前予約しておきます。1ヶ月と1週間前が事前予約のスタートですが、その場合、午前10時からではなく、早朝から受付可能です。

さて、実際に事前予約をした切符の予約がとれたかどうかは1ヶ月前の10時過ぎにメールが届きます。今回、ありがいことにすべて無事に取れました!

ということで、同じようにして、ついに、行き帰りの全ての切符の予約が成立!

全部で14列車。凄い数ですねぇ。今までの人生、こんなにまとめて指定券の予約を取ったことはありません。しかも全部グリーン!

いや、正直話しちゃうと、実は行きの東京~新函館北斗と帰りの金沢~東京は、高額の差額を払うこと前提にグランクラスを予約してしまったのです。だって、こんなことでもないかぎり、グランクラスなんて乗るチャンスはないですから…。グランクラスはフルムーンパスの対象外ですから、特急券も含めて料金を払わなければならず、相当な出費となりました。

しかし、当初心配していた切符の予約が、こんな風に自宅のPCですべてできてしまうことに感動です。

そして旅行の1週間前、びゅープラザに出かけます。

午後の早い時間はたまたま空いていました。番号札を受け取るとほどなく呼ばれます。

パソコンで打ち出した予約のリストを取り出し、「フルムーンパスで」と告げると、すぐに、発券作業をはじめてくれます。分量の多さに少しは驚かれると思ったのですが、慣れたような感じで、ちょっと肩すかし気味のKAY2です。それでも、最後に「お客様、鉄道三昧ですね!」と声はかけてくれました。心の中では驚いていらっしゃったのかもしれません。

さすがに打ち出すと相当な厚さになります。これが全部グリーン特急券かと思うと、なんだか、信じられない思いです。「ただ」とはいえ、超贅沢!まさかこんな日がこようとは…。

というわけで無事に発券も終わり、あとは旅行の当日を指折り数えるだけとなりました。

最後に今回、最初に予定したルートです。

1日目
新宿(08:02)→東京(8:27) 成田エクスプレス11号 グリーン車
東京(10:20)→新函館北斗(14:37) はやぶさ13号 グランクラス

2日目
新函館北斗→(09:31) 東京(14:04) はやぶさ16号 グリーン車
東京(14:33)→新大阪(17:26) ひかり517号 グリーン車

3日目
新大阪(08:04)→鹿児島中央(12:13) さくら547号 グリーン車
鹿児島中央(14:34)→新大阪(18:42) さくら560号 グリーン車

4日目
新大阪(09:04)→城崎温泉(11:52) こうのとり3号 グリーン車
城崎温泉(14:35)→新大阪(17:26) こうのとり18号 グリーン車

5日目
新大阪(07:33)→紀伊勝浦(11:33) くろしお1号 グリーン車
紀伊勝浦(12:24)→名古屋(16:10) 南紀6号 グリーン車
名古屋(17:11)→新大阪(18:03) ひかり477号 グリーン車

6日目
新大阪(10:46)→(13:17)金沢 サンダーバード17号 グリーン車

7日目
金沢(13:56)→東京(16:52) はくたか566号 グランクラス
東京(17:23)→新宿(17:45) 成田エクスプレス36号 グリーン車






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)





きっかけと準備 フルムーンパスの旅~01

fullmoon201601_2wm.jpg
この本が背中を押してくれました。


フルムーンパス、ご存じでしょうか?JRが発行するお得な切符です。正式には「フルムーン夫婦グリーンパス」と言います。

以前、国鉄だったころにはテレビでもよく宣伝していましたが、JRとなり、分割されてからは以前ほど目にすることがなくなったような気がします。しかし、サービスは今も続いています。

5日間用(82,800円)、7日間用(102,750円 )、10日間用(127,950円 )の3種類のパスがありますが、いずれも、全国のJR路線のグリーン車(一部を除く)が乗り放題という切符です。ただし、使用できる期間は10月~6月に限られます。

条件ははただ一つ。利用はカップルで、二人の年齢が合計で88歳に達していること。ですから、二人とも44歳であれば、利用出来ますし、夫が60歳、妻が28歳という夫婦でも利用できるのです!なお、申し込みに年齢や二人の関係を示す証明書等は必要ありません(少なくともKAY2は求められませんでした)。名前と年齢を自分で申込書に書けばそれでOKなのです。ですから、正式に夫婦でなくても大丈夫…な、はず。

実はKAY2の両親が昔はこの切符を利用してよく上京してきました。息子と娘に会いに来るのに、せっかくの機会だからと、遠回りをし、全国行脚して遊びに来てくれたのです。

そのころ、我々夫婦もそんな両親をいいなぁ…と思い、いつかフルムーンパスを利用したいねと話していました。

最近になって、ふと気付きました。

あれ?二人とも年齢を会わせると、もうとっくの昔に88歳を越えているじゃん。

そうでした!いや、もう100歳も越えてしまっています。そろそろ使わなきゃ…。

そう思っていたある日、高校で同級生だった友人のH君が我が家に遊びに来てくれたのですが、お土産代わりに本を一冊持ってきてくれました。これが実にKAYSの琴線に触れる本。「特別席で列車旅」(ジパング倶楽部)。

その本、フルムーンを利用しての旅行プランが幾つか書かれていたのです。

もう、いてもたってもいられなくなりました。3ヶ月後に予定していた年に1度の1週間の旅行、「フルムーンパスを使わなきゃ!」となりました。(H君、背中を押してくれてありがとう!)

さらに、昨年までの大好きな「大阪で過ごす1週間」プロジェクトとの合わせ技とします。つまり、新大阪駅を拠点にし、駅直結の宿をとり、そこから、北は北海道から南は九州まで全国をグリーン車で旅しようという、勝手な「大型プロジェクト」(笑)です。

そこで、11月に狙いを定め、まずは時刻表とにらめっこ…って、本ではなくネットなのが時代の変化を感じますねぇ。「YAHOO路線」と「えきから時刻表」とにらめっこです。7日間の日程で、北は新函館北斗、南は鹿児島中央まで全国を移動するプランをたてます。さらに、新大阪直結の宿を確保。そこから、城崎方面、そして、南紀方面にも足を伸ばし、最後は金沢に移動して、日本海の幸を堪能し、東京に戻るというプラン。

でも、待てよ…。これ、みどりの窓口やビュープラザで一枚一枚予約するのは大変だぞぉ。しかも、人気の列車もあるので、各列車とも、ぴったり1ヶ月前の10時発売に窓口に並んだ方がいいなぁ。すると、1週間分ということは1ヶ月前の1週間、毎日、午前10時にみどりの窓口に通って並ぶのか…。そりゃ大変だ!

というわけで、具体的に、どう行動したらよいのか、9月某日、KAY1が新宿のびゅープラザに説明を聞きにいきます。

対応してくださったのは若い男性です。後ろに中年の男性が立っており、どうやら、若い彼氏、まだ見習い段階のようです。こちらの話を聞き、なるほど…と頷いてくれます。さて、肝心のグリーン券の取り方はやはり1ヶ月前に…という彼の説明になったのですが、KAY1が「えきねっとのような形でネットで予約できないですかねぇ…」…という一言を発した途端、後ろの男性が、さえぎるようにして説明を始めます。

「お客さん、それがいいですっっっ!えきねっとを利用されているのなら、裏技のような便利な方法があります!」

そこで説明してくださった方法は確かに合理的で便利でした。先輩の男性、さすが!

その方法とは…。

一旦えきねっとで予約を全部する。その際、請求額がそれぞれに発生して表示されるが、気にしない。発券までは引き落としはされないので。

その上で、予約番号を持って、びゅープラザなり、みどりの窓口に行き、「フルムーンパスを購入したい。さらに乗りたい列車のグリーン指定券はえきねっとで予約している」といえば、すべて、その場で、予約の請求額を無料に変更して、フルムーンパスと一緒に一度にまとめて発券してくれるというものでした。

駅に行かなくてもいいんだぁ…とほっとします。ただ、1週間、午前10時に毎日パソコンに向かうのか…と、それも多少の負担ではありますが…。(と、その面倒さも回避できるとその後わかったのです!)

と、これから20回ほどにわたって、今回の我々の旅行記を掲載します。もともと自分たち用のメモ書きなので、皆さんにとっては興味を持たれない内容が殆どかもしれません。が、こんな「アホ」みたいな酔狂な旅行者もいるんだなぁ…ということで笑って読んでいただければ幸いです。

それでは、出発進行!


以下、このシリーズの記事への直接リンクです。

きっかけと準備 フルムーンパスの旅~01
1ヶ月前の準備 フルムーンパスの旅~02
こんな利用方法が!? フルムーンパスの旅~03
1日目、旅行に出発! フルムーンパスの旅~04
乗車前のグランクラスの特権 フルムーンパスの旅~05
・グランクラスに乗車! フルムーンパスの旅~06
来たぞ、北海道! フルムーンパスの旅~07
函館~大阪まで一気に! フルムーンパスの旅~08
一路、九州へ酔狂な旅 フルムーンパスの旅~09
目的はむじゃきにかつ寿 フルムーンパスの旅~10
大阪の夜再び フルムーンパスの旅~11
大阪から北へ…城崎に フルムーンパスの旅~12
素敵な志のキャランキャトル フルムーンパスの旅~13
初めての紀伊半島1周 フルムーンパスの旅~14
南紀号と旅のヒント フルムーンパスの旅~15
連続フレンチ、あの店へ フルムーンパスの旅~16
・サンダーバードで金沢へ フルムーンパスの旅~17
3連続フレンチ フルムーンパスの旅~18
グランクラスで東京へ フルムーンパスの旅~19
旅のまとめ フルムーンパスの旅~20





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



絵本「このあとどうしちゃおう」に癒やされる…

konoatodou201611wm.jpg


絵本、子供の時によく読みましたよね。でも、大人になってからは小さなお子さんを持つご家庭は別にして、なかなかご縁のないもの。

でも、時折、新聞を読んでいると下の広告欄に出ている絵本のタイトルを眺めてなんとなく気になったりして…。

そんな1冊が「このあと どうしちゃおう」という不思議なタイトルの絵本。作者はヨシタケシンスケさん。

KAYSの友人たちの間でも話題になっている絵本です。

おじいちゃんが亡くなったばかりの男の子が、一冊のノートを見つけるというお話。おじいちゃんが書いたノートには「このあとどうしちゃおう」というタイトル通り、これから自分が死んだ後のことが自筆で描かれていたのです。

と、これだけ書くと、どんな深刻な話になるのかと思いますが、そこはお子さんを対象にした絵本のこと。

描かれているのは、天国に行ったらこんなことをして遊びたいとか、あるいは生まれ変わったら何になりたいのかなど、楽しげな夢が描かれています。

で、その内容が実に子供らしく、そしてユニークで、ほのぼのするのです。ネタバレになってしまうと面白くありませんから、ごくごく一部の紹介ですが、たとえば、生まれ変わったら何になる?という問いかけに対して「お金持ちに飼われる猫」というのは、なるほど、そうだよなぁ…と感心しますし。「末っ子!」というのには、自分のまわりの人たちを思い浮かべ思わず「そうそう、そうだよ!」と叫んでしまいます。

そんなふうに読み進めると思い当たることで思わず膝を打ったり、あるいは、なるほど!と頷いたり…。時にブラックな、そして軽やかなユーモアも見え隠れしつつ、とにかく、1ページの中に何度も何度も、笑みがこぼれてしまう。素敵な本なのです。

自分にイジワルをした「アイツ」には地獄に行って欲しいと願うのですが、その地獄の生活というのがまた、おもわずクスッと笑ってしまうようなもの…。ヨシタケさん、すべての人間に対する愛情が深いなぁと関心します。だから、安心して読むことができるのです。人への肯定、愛情がある人の本を読むことほど、こちらの心が癒されることはありません。そして、絵の質感もあって、シンプルながら品の良さを感じさせます。

そして、そのノートを読み終えて主人公の男の子が見つけた結論とは…。

お子さんがいるご家庭も、そしておこさんがいなくても、ぜひこの絵本を読んでみてください。特に、生きるのに疲れを感じ始めている方、この本を読むと、きっとどんなお薬よりも心が楽になるに違いありません。お子さんのために買っても、案外、買った親の方がハマってしまう本かもしれませんね。

このあと どうしちゃおう」、KAYSオススメの1冊です!





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)





スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる