スポンサードリンク


昭和の想い出がまた一つ消えていく~ホテルオークラ



ホテルオークラ東京、9月から本館が建て替えになるんですね。先日、虎ノ門を散歩していて、ふとホテルに入り、そこで表示をみつけ、しばらく感慨にふけってしまいました。

子供の頃から映画やテレビなどで何度も見ていたホテル。そして、歴史の舞台にも何度もなったホテル。

大人になってからはいつか宿泊したいなと思っていました。夢がかなったのはつい数年前。母親の喜寿の祝いでした。「桃花林」での食事とともに、ホテルに一泊。母親も喜んでくれましたし、我々もいつか宿泊したいという夢がかない大興奮でした。

チェックインしてすぐにホテルの中を歩き回りましたが、「なつかしい」&「すばらしい」内装に圧倒されます。トイレの表示一つとっても、かつての昭和時代の重厚さが残っています。

本館が建てられたのは昭和37年。1962年ですから、すでに半世紀が経ったことになるんですね。ロビーに一歩入ると都会の喧噪が嘘のような静かな空間が広がります。特に和のテイストのロビーは足を踏み入れる度に心が安らぎます。

hotelokura01wm.jpg

エレベーターに乗ろうとすると、和服姿のスタッフの静かながら無駄のない動きに感銘を受けたり…。

これはもう一つの文化ともいえると思うんです。ホテルオークラという。

建物の古さが旧さを感じさせない。そんな不思議な体験ができるのがオークラ。

かつて若い頃、仕事をしながら、修士課程の勉強をしていたことがあります。場所は神谷町。7~9月などは集中的に講義があり、神谷町から溜池あたりを炎天下、歩き回っていました。ふと、涼みたくなるとオークラのロビーに。瞬間、学業や仕事の苦しみから解き放たれて、心安らぐ一時を味わえる。そんなマジックのような体験を何度もしました。

でも、その陰には古くなった施設で不便さを感じさせまいというスタッフの大変な努力があったのでしょうね。だからこそ建て替えなのかなと想像します。

もう、このような昭和な雰囲気の中でのリフレッシュという体験はできないのでしょう。

一つの文化が消えてしまうのは本当に残念です。特に海外からの建て替えへの反対意見も大きかったと聞きます。

KAYSも正直に言えば、建て替えずに残して欲しかったなぁ…と思います。

ただ、時代は移って行くもの。昭和の懐かしさを大切に思う自分もいつかはこの世から消えていきます。

何十年か経って、新しい世代が、いずれ同じように「懐かしい」と思うだろう「新しい」文化を、新装ホテルオークラは担うことになるのでしょうね。




今こそ「死都日本」を読んでみては?



このところ、火山の噴火が相次いでいます。不幸にして亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。また、噴火を逃れ、大変な生活をしていらっしゃる方々も、一日も早く、元の生活に戻られるよう、お祈りしています。

さて、火山の噴火があるたびに、「水蒸気爆発」に「マグマ噴火」、「小規模噴火」…、と専門用語もいろいろと覚えてきました。

ところで、昨年秋、テレビや新聞などで報道されましたが、日本における火山の「巨大カルデラ噴火」が今後100年に起きる可能性が1%とのこと(http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/info/2014_10_22_01.html)。

神戸大学の研究です。

どう思われます?

1%なんて、確率的にはないに等しいじゃん!!と思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも、その前に「巨大カルデラ噴火」という言葉そのものをどう思われました?

実はこの「巨大カルデラ噴火」、日本ではかつて何度も起きているんだそうです。

でも、それっとどんなもの?

実は、我々が普通に想像する火山の噴火とはけた違いに大きな、とてもつもなく巨大な噴火なんです。

なんと、それが起きると、火山から1000キロ離れた地域でも日常生活が麻痺してしまうくらい。

そんな噴火が!?と実感のない方もいらっしゃるでしょうが、KAYSはたまたま表題の小説、「死都日本」を読んでおり、その事実を知っていました。(その後2008年にはこの本を原作にして「カグツチ」というコミックも出ています)

この本では、その噴火が現代で起きたらという想定のもと、起きうる被害の状況をかなり詳しく描いています。2002年に発売となり、実は当時、一部のメディアでも話題となりました。「え?そんなことが日本でかつて起きたの!?」と読者を驚かせた本です。

著者の石黒耀さんは実は本業はお医者さん。でも、趣味での火山研究が高じて書かれた小説なんです。

そこで語られる「巨大カルデラ噴火(本書では破局的噴火とも呼ばれています)」後の日本の姿は無惨の一言です。しかし、それは歴史上、実際に日本に何度も起きたこと。それでも、その後、その破壊的な状況を乗り越えて、今の国土があるわけです。

いつものゆる~~いKAYSの記事を読み慣れた方は、ちょっとびっくりされるかもしれませんが、炎の料理人のKAY2、実は昔から地震と火山に関しては相当にこだわっているんです。

地震国である日本では地震に対する認識というのは他の国に比べ、大変にしっかりしたものがあります。火山噴火よりも頻繁ですから。ところが火山噴火に関しては…。石黒さんが書いていますが、実は歴史上、地震よりも圧倒的に被害が大きいのは火山の巨大噴火。幸いこの数千年、偶然、日本では巨大噴火が起きなかったわけで、たまたまラッキーだったとも言えるんです。つまり、この静かな状態が未来永劫続くというのは考えにくいわけです。そのことを今回の「今後100年で1%」というのは改めて気づかせてくれた。そう思った方がいいのではないでしょうか。加えてこのところの噴火の連鎖です。

たとえば九州南部で七千数百年前に実際に起きた巨大噴火がまた起きれば、九州の大部分の地域で貴重な人命が失われてしまいます。そして、火山灰により遠く北海道まで交通が麻痺し、電気が止まり、水道も止まってしまいます。つまり九州以北の日本全土のライフラインが失われてしまうんです。1億以上の全国民が生活不能に陥ってしまう…。

それを現実のものとして実感させてくれる「死都日本」、名著です。ぜひ読んでみてください(著者はこのあと、シリーズで数冊出していますが、KAY2はこの作品が一番だと思っています)。

皆さんの心の中で、何かが変わると思います…。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




クセになる赤沢日帰り温泉の金目鯛ひつまぶし

kinmehitsumabushi01wm.jpg
メニューから。結構なお値段ですが3度別の味わい方ができるとなると…。


伊豆と言えば温泉と海産物。

このところ赤沢日帰り温泉館に通いつめているKAYS。昔のことばで言えばマイブームというところでしょう。

以前の記事に書いたように(こちら)、海を見下ろす抜群のロケーションの露天風呂が自慢のDHCが運営する温泉施設です。

温泉に浸かった後におなかを満たすために向かう館内のレストラン。丼物や定食風のセットもあり、そして、お酒のつまみもあり…と便利に使えます。

一つ気になっていたのが、お店オススメの「金目鯛のひつまぶし」。「ひまつぶし」じゃないので念のため(笑)。

kinmehitsumabushi02wm.jpg


こちら、金目鯛の身をほぐしたものをひつまぶしにしており、それを青海苔とわさびの茎の醤油漬けを薬味にいただきます。

その上にはさらに金目の煮付けの切り身が置かれていますのでこちらを単体で味わえます。酒のつまみにも良し。

そして、最後に、だし汁をかけて、これも、三つ葉とわさびを薬味にしてお茶漬けのようにしていただくというわけです。

kinmehitusmabushi03wm.jpg


そう、三種類の味わい方ができる贅沢な一品。1780円なりと少々お値段はしますが、それだけの価値のあるものです。

もともと「強度の」金目好きであるKAY2、これには狂喜乱舞です。金目鯛さえあれば、女房子供を路頭に迷わせても良いというくらいの人間です(なんちゅー!)。一度食べてしまうとこれはクセに。2度目以降は来れなしでは過ごせない…という勢いです。

もともと島根県出身者で、名物「鯛飯」を知っているKAY2はこうしたお茶漬け風のものが大好きということもあります。鯛飯と一緒で、贅沢な食材をお茶漬けというもっともチープな味わい方でいただくというギャップの魅力。もちろん、単なるお茶漬けではなくて、本当は贅沢なだし汁なんですが…。

言ってみれば、新鮮な刺身でいただくはずのお魚をわざわざすり身にして油で揚げてしまうような、そんな「贅沢」感が満載です。

というわけで、赤沢日帰り温泉にいらっしゃるときは、ぜひ、この「金目鯛のひつまぶし」を試してみてください。KAY2のような趣味をお持ちの方ならきっとファンになるはず…。



赤沢日帰り温泉館レストラン
  電話:0557-53-2617
  住所:静岡県伊東市赤沢字浮山170-2
  時間:11:00~21:00(月~金)
     10:00~22:00(土日・休日・繁忙期)
  定休:年に2回、1月と6月
  値段:1230円(平日の中学生以上)
  場所:伊豆急・伊豆高原駅より送迎バスで15分
  地図はこちら
  クレジットカード:可
  HP:http://top.dhc.co.jp/akazawa/onsenkan/index.html
  その他:





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




今夜が締切です!島根のお得な宿泊&おみやげ券

goensshimane.jpg


ご存じでした?

ご縁の国しまねプレミアムおみやげ券&宿泊券。

http://www.shimane-premium2015.jp

1枚3500円で購入したチケットが5000円として島根県での買い物に使えるというシステム。宿泊券なら2500円の購入で5000円分使えるんです。郵送での申し込みは終了しましたが、インターネットでは本日15日の23時申し込みまで有効です。

購入は島根県外在住の方に限ります。

もちろん、タイトル通り、島根県を旅行される方の観光の際のおみやげや宿泊で使うのもOKですし、KAYSのように島根県に帰省する人間にも。

まず申し込みを本日までに締め切って、その上で応募が発行予定枚数を上回ると、抽選となります。転売禁止ですので、あくまでご自分の旅行などで使うというルールです。

ほかにも細かい規定がありますから、かならず、要領をしっかりと読んでから申し込みましょう。使用期限(おみやげ券の場合来年の1月31日まで)や一度に使用できる枚数制限などもあります。また、引き替え購入がファミリーマートしかできないという、人によっては「それ、困る!」という改善を望みたい妙な制限もありますので、お気をつけを。

ただ、実際にはこの割引は大きいし、年に何度か帰省をしているKAYSとしては、かなり利用価値が高そうです。

ということで、さっそく申し込んだKAYSです。

あと、数時間で締め切りですよ!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




小物が大きく役に立つ時~AC(電源延長)コード



全長わずか30センチの電源延長コード。値段も300円台で手に入ります。

こんな中途半端な物、何に使うの?と思われるかもしれませんが、実は旅行の時に大変重宝することがあります。

ここでは2つ例を…。

まず新幹線で。

最近、モバイルの時代で新幹線も電源が身近に。N700系という車両では窓側の座席下にすべてAC電源が装備されています。100V(ボルト)で2A(アンペア)というささやかなものではありますが、それでも、携帯端末やPCを充電させるには十分なものです。

accode02wm.jpg


ただ、足下にあって、そこに大きめの電源アダプターを差し込むとじゃまになることがあります。そんな場合に、この短いACコードを取り付けると、ちょうど、前の座席の網かごの部分に届きます。そこに本来のアダプターを取り付けるとちょうどいいのです。しかも、その短さゆえ、コードも垂れずにじゃまになりません。

もう一つ。

ホテルでも重宝します。

部屋にあるコンセント、数が少ないことが多いですよね。そこで、二又や三又の電源コンセントアダプターを差し込むことがありますが、これが、場合によっては隣の口をふさいでしまう場合があります。そのときに、このコードの出番。このコードの差し込み口はふつうの小さなサイズですから、これを差し込んで、本来の口から離れたところに三つ叉コンセントを差し込めばじゃまにならないというわけ。

あるいは、電源アダプター、時には筐体が大きなモノがあり、それが、電源の場所が狭い所にある場合、差し込めない場合があるんです。特にビジネスホテルだとよくあるケース。そのときはそのアダプターにこのコードを付けて差し込めばOK。助かったぁ!と本当に持ってきたことを感謝する瞬間です。

ついでにちょいネタをもう一つ。

accode03wm.jpg
メッシュ素材だと中身が一目で分かって便利


こうした電源まわり、いまは様々な機械を持ち歩く人も多いので(たとえば、iPad、ルーター、携帯などなど)、ACアダプターとそのコードだけで結構たくさんになります。それをひとまとめに小さなバッグに入れるといいですよ。たとえば新幹線の中などでも、一カ所で集中管理してておけば、キャリーバッグのあちこちを探す手間が省けます。

というわけで、わずか30センチほどの電源延長コード、「小物」のようでいて、実は「大物」。ほんの1本が大きく役に立つのです。旅のおともにぜひ!





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



レストランLAUT(松江店)はやっぱりスゴイ…。


こちらが入口。リゾート地の雰囲気。


KAYSが6年前に書いた(こちら)奇跡のレストラン、「LAUT(ラウ)」福光店。とても人気があったのにもかかわらず閉店。お店の建物を持っている市とのテナント継続交渉がうまく行かなかったと噂に聞いています。ああ、残念。

すばらしいインテリアとこれまたすばらしい料理。そしてフレンドリーな接客と、どれをとってもそれまでの石見地方には珍しい(?失礼!)タイプのお店だっただけに本当に閉店したときは悲しかったものです。しばらくは閉店が信じられず、福光のお店の前まで何度か車を走らせたことがあります。そう、「LAUT」ロス症候群という感じで…。

そうなると気になるのはもう1軒、松江にあるお店です(出雲大社にも系列店はありますが若干コンセプトが違うようです)。こちらも以前からあり、大変評判がいいのですが、何せ、松江、車で2時間かかります。そういうわけで、おいそれといけなかったのですが…。

父の七回忌があり、家族全員がそろった際、妹、嫁が一致して「LAUTにいきたい!」の大合唱。そこで、松江へのドライブとなりました。

福光のLAUTは日本海の砂浜沿いというすばらしいロケーションでしたが、松江もこれまた信じられないくらいベストロケーション。宍道湖沿い、しかも、イングリッシュガーデンという公立施設のなかにあります。

事前に予約をして…と思いましたが、残念ながら土日の予約は値段の高いコースのみ、そこで、直接店に早めの時間に行って…と考えます。

それでも、途中で渋滞にはまり、到着予定時間が大幅に超過。到着した12時にはすでに50分待ちとのこと。

ところが、ここがLAUTの良いところ。何せお店がイングリッシュガーデンという施設の中にあります。携帯の番号さえ伝えておけば、ガーデン内の散策ができる!

ちょうど地元の中学校の吹奏楽団が演奏会に向けてリハーサル中。自由に出入りくださいとの表示もあり、久しぶりに生で吹奏楽を楽しみます。湖北中学、KAY2の中学時代の演奏よりも遙かに上手でした!

そうこうしているとあっという間に時間は経って、電話が…。

お店の入り口はかつて福光にあったLAUTを思わせるアジアのテイストがあふれています。そして、フレンドリーなホール担当者に案内されて店内に入ると、その広さに驚きます。まずは、左手に広い厨房を見ながら右にソファーの並ぶラウンジ、そしてそこを通ると湖に面したホール。

「うわ、広いですね!」と思わず声を上げると「これ以外にも、この奥にチャペルがあり…」なんと結婚式と披露宴のパーティにも使えるんですね。

この日は晴れていることもあり、とにかく湖面に反射した光がきらきらとお店の中を照らしています。

それだけでハッピーな気持ちになれる素敵なお店です。

スタッフのみなさんの笑顔も印象的。そしてお客さんたちの表情も楽しそうです。昼間だというのにワイン片手という人も多い!KAY2は残念ながら運転があるので無理ですが、一度、しんじ湖温泉にでも宿泊してこちらでワインとともに夕食もいいですねぇ…。特に世界的にも有名と言われる宍道湖に沈む夕日を見ることができると最高でしょう!

料理は…、相変わらずお見事です!我々が頼んだのは、パスタランチ、そして前菜付きのコースをお肉と魚で…。

パンにはバターではなく、オリーブオイルにバルサミコ。これ、美味しいです。自家製3種類。おかわりできるのがありがたい!

そして、前菜を目にして満面の笑みがこぼれてしまいます。

lautmatsue02wm.jpg


美しく盛り付けされた、ホタルイカに、野菜、お魚。ワンプレートに載ったそれぞれの前菜がまるで絵画のように見えてきます。妹もKAY2も写真を撮るのに忙しい忙しい…。(笑)早く食べなよ!とKAY1がせかします。

やがて、パスタランチを頼んだ母にはパスタが…。こちら、大きめのベーコンやチーズがカルボナーラを主張していますが、海老なども入って、とってもゴージャス。

そして、出てきたメインの魚!一目見て、美しい!

lautmatsue03wm.jpg


火の通りも強すぎず、弱すぎず。そして、一緒に添えられた野菜の彩りが。本当にLAUTでいつも感じるのは料理の配色の美しさです。見ているだけで、本当に満足なお料理。ソースもまた外しません。惜しむらくはせっかく2切れあるお魚に合わせてソースをもう少し多めにしてもらえれば幸せはさらに増幅するのに…と思いますが、ま、それはソースが美味しすぎるから思うこと。

そして、お肉も出てきました。厚めの豚肉ですが、ローストの色がお見事。そして、こちらも野菜との配色が素敵です。ソースもしっかりと肉汁を利用した味わいで、シェフのセンスの良さを感じます。

lautmatsue04wm.jpg


しばらくは食べることに夢中になり、家族の会話が途切れます。だって、出てくる言葉はと言えば「美味しい!」以外にないのですから。パンをおかわりし、ソースにつけて…。そして、またお肉を…ということをくり返します。

前菜から感じることですが、すべてに手を抜いていません。いや、全力を尽くしています。その満足感というのはもの凄い体験ですし、他のお店ではそうそう感じる事はできません。そこがLAUTの凄さなのだと思います。

ただし、全体に量は少なめです。これであれば、メインを2種類頼めるコースにすれば良かった!と思ってしまいます。もちろん、そうなると値段も一気に4000円台に跳ね上がりますが…。

食べ終えると、飲み物を…。実は食後のドリンクは、入口に近いサロンコーナーでもいただく事ができるそうです。そう、ソファでゆったりしながら飲み物…というのもいいですよね。

ただ、我々、どうしても眺めを楽しみたかったので、そのままの場所でいただく事にします。

食べ終えて、ようやく当たりを見渡す余裕が出てきました。

lautmatsue05wm.jpg
宍道湖に面したお店。
イングリッシュガーデン内ということで、緑も豊かです。


客層は本当に老若男女。下はファミリーで訪れている中学生から上は親戚で集まっているという感じのグループ、70代のおじいちゃん、おばあちゃんまで。あらゆる層にアピールするお店です。

ホール担当のスタッフの接客も抜群。隣のカップル、実は男性が誕生日で、女性が密かにケーキを予約していました。そして、食後にロウソクのついたケーキを女性スタッフが運びます。「ハッピーバースデイ、歌いましょうか?」二人の様子と店内の様子を見て、ニコニコとささやきます。その押しつけがましくない一言に、ああ、いいお店だなぁと改めて思います。日曜日のランチなので、店内はかなりのお客さんで賑わっています。ということはスタッフも仕事をこなすのが大変なはずですが、決して、それを表に出さず、常に気配り。ファミリーでカメラを持っていれば「お撮りしましょうか?」。車いすのお客さんが動こうとしたら、すぐに介助したり。

いつかきっとディナーで泊まりがけで…と思い、飲み物のリストを見てみます。コスパの良いワインが並びますし、なんと奥出雲ワインまで!これはいいなぁ…。「絶対にまた来るぞ!」とつぶやきます。

何から何までがパーフェクトなお店。そうそうないです。福光と変わらぬLAUTを久し振りに体験できて、本当に幸せでした。

ところで、これほど素晴らしいお店ですから、結構貸し切りも入っています(ランチでも!)。行くと決めたら、必ず事前にHPを見るか、電話でお店に予定を問い合わせてから行くことをオススメします。


LAUT松江店(レストラン&カフェ ラウ)
 ランク:AA
 電話:0852-36-4100
 住所:島根県松江市西浜佐陀町330-1
 時間:11:30~14:30(土日祝は予約不可)
   18:00~21:00(ディナーは予約制)
 定休:毎週火曜日(祝日・イベントを除く)、月曜日は15時閉店
 値段:
 場所:一畑電鉄 松江イングリッシュガーデン前駅から徒歩10分
 地図はこちら
 メニュー例:お肉ランチセット 1750円
 HP:http://matsue.laut-japan.jp/
 クレジットカード:可
 その他:禁煙


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)





スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる