スポンサードリンク


デジタルと違ったアナログの良さ

sokudokeianalogwm.jpg
こちらが現在のアナログ速度計


こちらが残り少ないデジタルの速度計


デジタルかアナログか…という議論がよくありますが…。

ま、何でも新しいものが全部良いわけではないのです…。ホントに、懐古趣味じゃなく。

KAY2の知り合いで放送局に勤めている人がいます。彼がぼやいていました。

「最近、スタジオの中の時計をデジタルにしてくれと若いスタッフ達が言うんだ。今どきアナログ時計なんて、時代遅れだってね。でもね、これは譲れない。絶対アナログでなきゃいけないんだ。だって、僕らの仕事はあと残り20秒とか、30秒とか、残った時間の逆算がとても大切。アナログなら見た瞬間に残りの時間がザックリと体感的にわかるんだ。デジタルだと、頭の中で一瞬計算しなきゃいけない。その辺の大切さをまだ経験の浅い若い人は分かってないんだな。」

なぁるほど。そういうこともあるんですね。

で、鉄分の入ったKAY2。最近、似たようなことを見つけました。京王線に近年導入された9000系という車両です。鉄分の濃いKAY2、電車に乗ると、時折、最前部や最後尾に立つ事があります。小さなお子さんと一緒の行動(笑)。

で、運転台の速度表示計を見て「!」。

アナログなんです。

確か京王ではその前の車両、8000系(鉄分の濃い用語ですね!曲線の素敵な80年代に登場した車両です)でデジタルを採用したはず。わざわざアナログに戻したんだ!

さらに、以前このブログでとりあげた「日本の私鉄 京王電鉄」(広岡友紀著、毎日新聞社刊)を再読していると、同じく、京王線の9000系(2000年より登場した車両です。違いの分からない方、京王線沿線にお住まいで小さなお子様がいらっしゃったら聞いてみてね)で速度計をアナログに戻したという記述が(さらに8000系も多くがアナログ計に戻す工事を行っているそうです)。あれ、前回読んだときは、これ、見過ごしてた!「アナログの方が見やすく思う(p87)」その通り!

というわけで、新しければ何でもいいというわけではないんです。アナログよりもデジタルが新しいから良いに決まっているというわけではないのです。それぞれに良さがあり、それを使い分ける賢さが重要なんじゃないでしょうか(もちろん、デジタルにはデジタルの良さがあります…そのことをKAYSは否定していませんので…一応、念のため)。

ところで、上記の本、以前も書いたようにKAYSが京王電鉄の社風について日頃から思っていることとかなり一致した内容の事が書かれています。益々京王電鉄が好きになること請け合いです。「合理性」のある会社であり(p168)「デモクラチックな会社」(p170)なのだそうです。さらに安全への取り組みも他社の先端を行っているそうで、例えば列車無線を搭載したのが1953年と、他社よりも四半世紀早いとか…(p163)。

ちゃぁんと実利を取る。わざわざデジタル計を搭載した車両までアナログ計に戻すのですから…。

京王、いいなぁ…。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/





ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

新幹線新大阪「駅ナカ」、串カツの「だるま」で考えた

daruma6wm.jpg
どうしてこんなにもきめ細やかなパン粉で
美しくカラッと揚がるのでしょう?



何度もこのブログで書いている通り、大阪の立ち飲み風串カツ(ソース二度漬け禁止のあれです!)が大好きなKAYS。自宅で串カツフェアをしちゃうほどです。でも、やっぱり美味しい串カツは本場のお店で味わうのが一番。でもなかなか大阪に行く機会ができません。

そんな中で島根の実家へ帰省することに。いつも利用している寝台特急列車「サンライズ出雲」ですが、人気沸騰中につき、予約がとれません。発売日の午前10時、販売開始と同時に売り切れてしまうのです。まいった…。自分がホームページで紹介したこともあるのかなぁ…とふと不遜にも思います。そう、「サンライズ出雲の達人」なる記事を書いたことがあるので…。少しは人気に貢献したのかな(思い込み思い込み…)。そうすると本当に余計なおせっかいの自業自得ですが…(笑)。

というわけで新幹線で広島まで行っての帰省…。ん?新幹線?ということは…。

悪い虫が疼きます。

新幹線の新大阪のホーム下、改札の内側、いわゆる駅ナカにはあの串カツの名店「だるま」がお店を出しているんです。

これは!

というわけで、実家帰省の最終日、広島から新幹線に乗り、新大阪で一旦ホームに降り立ちます。KAY1に提案したら「賛成!」とシンプルに一声。このノリも嬉しいですね。例のEXPRESS予約なので、乗車変更はおちゃのこさいさい(死語!)エスカレーターを下がると…、


店の奥には怖ぁい顔のオジサンの絵…だるまの目印。

そうです。この「のれんめぐり」というコーナー、大阪の美味しいお店が数店出店しているんです。

その一つが新世界の「だるま」!ほかにねぎ焼きの「やまもと」、うどんの「今井」、焼肉「たむら」のカレー屋さん、たこ焼きの「くるる」。いずれも大阪の名店揃い。

というわけで「だるま」の清潔なカウンターに座り(フードコートの利用も可能ですがメニューが限られます。カウンターに座るべし)、肉系が中心のセット「北新地セット」を頼んで、あとはひたすら生ビール!生ビール!

1時間ほど楽しんで再びホームに向かい新幹線に乗車。車内では爆睡。すっかり酔って幸せな気分で帰京となりました。

さて、そんな「だるま」ですが、KAYSの二人が串カツを味わっていると、次から次へとひっきりなしにお客さんがやってきます。しかも、面白いことに若い女性の一人客が多いんです!大阪の人は昼間から女性ひとりでも居酒屋に?いや、どうも様子が違うんです。皆さん、アルコールを頼まず、お冷やをもらうとすぐにメニューを一瞥したかと思うと単品で注文。しかも、心の中にすでに食べたい物が決まっているようなのです。素早く店員さんにオーダーをします。「れんこん、おもち、それとかぼちゃ」。

女性客の皆さん、店員さんに注文されるときのイントネーションは関西風。そう、新幹線の駅でこれから出張されるのか、それとも戻ってこられたのか、いずれにしても地元の方ばかり。

そしてオーダーは単品。しかも、我々のような「串カツ」や「豚ヒレ」など肉中心ではなく、実に幅広いオーダーをされるんです。これは驚きました。それも一人や二人じゃないんです。次々に連続して。

ということは…、

改めて実感です。大阪では串カツって、本当に日常の食べ物。決して居酒屋での飲むための料理だけでなく、ちょっと小腹が空いたときにそれを満たすための生活上必要な食べ物という感じでしょうか。そう、コンビニで肉まんを買ったり、ラーメン屋さんに寄ってラーメンを一杯…なんて感じで、串カツ屋さんに寄って、串カツを何本か食べたら、「ごちそうさん」。

かっちょええぇぇぇ!

まさに大阪の「ソウルフード」なんですね!

いやぁ、驚きました。

ちなみに店内にはこんなハリガミが…。

daruma2wm.jpg

「だるま」さん、あまりの美味しさに、新幹線利用者でなくても駅入場券を購入してわざわざ食べにいらっしゃる方が多いということですよね!びっくり。

というわけで、新幹線を利用したとき、新大阪下車の串カツ。これからは毎度の事になりそうです。


KAYSから余計なお節介:
・荷物を置く場所があまりありません。大量の荷物がある方はご注意を。
・当然のことながらソース二度漬けは禁止です。ソースが足らないと思ったらキャベツですくってかけましょう。
・贅沢な串カツを期待してはいけません。薄くて小振りな具材を細かいパン粉で揚げたコンパクトな美味しさが魅力のお店です。




だるま 新大阪駅なか店
  ランク:A+
  電話:06-6307-1166
  住所:大阪市淀川区西中島5-16-1 新大阪駅 新幹線改札内
  時間:10:00~21:30
  定休:無休
  値段:1500円~
  場所:新幹線ホーム下
  メニュー例:串 120円~
  クレジットカード:可
  HP:http://www.kushikatu-daruma.com/tenpo_shin_osaka.html





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


英語放送スケジュールB13、完成しました!


今期、オーストラリアやニュージーランドが絶好調!


BCL(海外放送聴取)ファンの皆様、おまたせしました!年に二度の周波数改訂にあわせた調査が終わりました。新スケジュールB13をKAYSのHPに掲載しましたので、ご利用下さい。

集中力のないKAY2の調査です。いつものことですが、地雷のように妙なまちがいがちりばめられていると思います。お気づきの点がありましたら、KAYS周波数掲示板でご指摘いただければ助かります。

今回の調査で気付いた事を幾つか…。

・ロシアのVoice of Russia、さすがにオリンピックムードで盛り上がっています。番組でもニュースでもオリンピック関連の様々な話題が出てきます。ホントにお祭り気分ですね!

・今期もRadio New Zealand Internationalが好調です。特に夕方は抜群の状態で、音楽などが楽しめます。特に20時台は時間的にちょっと高い周波数で不利かなと思った15720kHzが非常に良いので驚きました。

・Radio Australiaも好調。特に日曜日はRNZIと並んで音楽番組があり、ゆったりした一時が過ごせます。今どき短波で洋楽の番組、貴重ですよね。RAは全般に今期夜の放送が大変良い状態です。こうしてみると南北方向の電波伝搬が今期は好調なのかもしれません。

・調査の合間、時折中波に移ってみて国内民放なども楽しみました。深夜、相変わらず東京でラジオ関西やABC(朝日放送)ラジオなど、安定した状態で入感します。関西弁トークを聞きながらくつろぐのも楽しいものです。

・時折長波にも移ってみました。18時以降はRADIO ROSSI 279kHzが大変良好に楽しめました。長波特有の安定度で、フェージングを感じずに楽しめるのは嬉しいですね。

・朝6時半のVoice of Turkeyが大変良好です。。

・ABC N.T.(AUSTRALIA)の4855kHzが夜間、結構良い状態で聞こえてきました。


とまぁ、こんなところが今回の印象です。

皆さんもぜひ秋の夜長、短波英語放送で楽しい一時を!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/





ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

笑顔も味も優しいラーメン…みのや(調布市・柴崎)




ラーメンの聖地、柴崎でもう1軒。ということで、ネットでも大変評判の良い「みのや」さんにおじゃましてきました。柴崎では多数派の煮干し系、このお店も、その煮干し系が直球ストライクでファンの多いお店なんだそうです。マルちゃんからカップ麺まで出たとか!そして、以前は新橋にあったとネット情報。柴崎移転して2012年冬オープンとか。柴崎ではまだ2年経っていないんですね。

お店の狭さも他店同様。実質8席しかありませんし、テーブル席もありません。この狭さがラーメン店の心地よさ…という好みのKAYSです。

お店の中は清潔で居心地良いです。しかも、とっても庶民的。BGMもTBSラジオ!KAYS的にはこの点も得点高し!

お店のメニューは至ってシンプル。正油、塩、つけめん、油そば、スタミナ…という具合。それに季節によりメニューが幾つか加わるようです。またお酒を飲まれる方にはつまみチャーシュなどのサイドメニューも。ただし、チャーシューメンなどはありませんし、トッピングも味玉くらい。

今回は初回なので、正油と塩でそれぞれ基本のラーメンを頂きました。600円という値段もうれしいですね。醤油のみ味玉のトッピング。100円也。

柴崎の他店とくらべるとやや時間がかかりましたが、それでも数分で出てきます。ラーメンはやっぱりオーダーしてから数分というスピードが好ましいですね。

お店のご主人の動きを見ていると、とにかく丁寧。愛情一杯にラーメンを作っていらっしゃいます。

カウンターに置かれたシンプルなラーメンは、叉焼にメンマ、もやし、海苔という構成。特別な主張はありません。見た目、とにかく控えめなラーメンです。

minoya2wm.jpg

でも、強く煮干しの香りがします。今まで柴崎で食べたラーメンの中では一番強い感じです。そして、醤油の返しはそれほど強くありません。それゆえに、全体にとても優しい感じの味わいです。麺はHAGGYほど太くなく、それでもしっかりしたコシがあります。塩のほうはより強く出汁の味わいが出ています。

叉焼は小振りながらもしっかりした味付けで美味。また、もやしが出汁と良いコンビネーションを出しています。そして特筆すべきは海苔。まさか海苔にこんなに感動するとは!HAGGYや秀華に比べるとサイズは小さいですが、香りと味わいが強く出ています。思うに、この出汁と関係があるのではないかと思うのです。スープと一緒に口にするともの凄く海苔の香りが立ちます。これは新発見!

というわけであっという間に完食。確かに人気だけのことはあります。美味しい。しかも体に優しいそうな味わい。

次回はつまみチャーシューをもらって、二人でそれぞれトッピングしちゃおうかな…。

でもね、なんといっても店主の笑顔が印象的。我々のような初めての客に対して、普通は警戒感がある場合が多いです。実際、HAGGYでも柴崎亭でも、店主の我々を見る表情に笑顔はありませんでした(我々、ちょっと強面かも…(笑))。確かに、味で勝負&滞在時間10分ちょいのラーメン店は真剣勝負。客へ笑顔はいらない…という人もいらっしゃるかもしれません。でも、我々KAYSとしては、外食で初めてのお店に赴く際、やっぱりこちらも緊張しています。そんなときに笑顔で迎えられるとホッとするのです。同じ柴崎では秀華のオバチャンの笑顔も素敵でした。

この笑顔で出されちゃうと、ラーメンに特別なトッピングが乗ったような気分になるんです…。

というわけで、みのやさん、笑顔の得点アップです。

そうそう、笑顔といえば、最近、近所(仙川)のある洋菓子店が気になります。スタッフの皆さんから、以前はあった素敵な笑顔が消えてしまいました。どうしたのでしょう。KAYSはとても心配しています。朝夕のお店の前での皆さんそろっての元気の良いご挨拶はありますが、それよりも普段の接客時の笑顔が大切だと思うのですが…。何か皆さんにとって嫌なことでもあったのでしょうか…。その洋菓子店のケーキ、焼き菓子とも大好きなファンとしてとても気にかかります。


みのや
  ランク:
  電話:070-6653-1276
  住所:調布市菊野台1-20-37
  時間:11:30~14:00
     18:00~23:00(日祝は夜の営業はなし)
  定休:
  値段:600円~
  場所:柴崎駅より徒歩2分
  地図はこちら
  メニュー例:ラーメン 600円
  クレジットカード:
  HP:


KAYSの柴崎ラーメンめぐり
おいしくて体に優しいラーメン屋さん~柴崎亭
柴崎(調布市)ってラーメンのメッカ!? 秀華
こちらも名店、らーめんHAGGY(調布市・柴崎)
笑顔の優しいラーメン…みのや(調布市・柴崎)
 




KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

「ラジオがもっと楽しくなる本」に心楽しくなる




テレビに押されっぱなしのラジオというイメージが長く続いたメディア界。そこにさらに追い打ちをかけるようにインターネットが…と言われていたのがついこの前の話。ところが、思いがけない展開になってきたのも、皆さんご存じの通り。そう、ネットでラジオが聞けることから、逆にネットでラジオを知った若者が本来のラジオに興味を持つという現象が…。

KAY2のラジオの師匠にSさんがいます。彼、BCLの世界でもとても有名な方ですし、趣味が高じて本職もなんとラジオの世界になったという方。その彼が15年以上も前、インターネットが台頭しはじめた頃に言っていた言葉が忘れられません。

「どんなにメディアの形態が変わろうとも、音声放送は需要があります。絶対に無くなりません。万が一ラジオがなくなったとしても。形は変えても音声放送は生き残ります。」

本当にその通りでした。そして、本来のラジオも無くなるどころが復権の兆しもあるのですから、面白いものです。

そんな時にとてもタイムリーな本が出ました。三才ブックスのムック、「ラジオがもっと楽しくなる本」です。ネットで聞けるラジオ番組の最新情報から本来のラジオ受信機の選び方などなど薄いムックながら内容は盛りだくさん。

その中で2つ、KAYS的にとても興味深い記事がありました。

ひとつはradiko活用術。そう、ネットで聞けるようになったラジオ、そのまさに牽引車となっているソフト&アプリです。それを導入するに当たってのノウハウを微に入り細に入り説明しているのです。考えてみれば、いままでradikoをここまで丁寧に説明した記事、あまり見かけたことがありません。これは意外と貴重かもしれません。

それにしてもこのradiko。その影響力は多大です。リスナーを増やしたのはもちろんのこと。それだけではなく、放送局の番組編成にも大きな影響を与えています。この本にも書かれていますが、なんと放送内容を全く変えてしまった放送局まで存在するのです。それがラジオ日経の第2放送です。以前は第1放送の再放送などが多く、株や医療、そして競馬と、特定の人以外にはあまり興味を持てる編成のチャンネルではなかったのですが、ご存じのように地域規制(アクセスしている地域の放送しか聞けないというradikoの縛り)のなか、元々が短波による全国放送のため、この放送局だけは全国どこでも聞くことが出来るというすさまじいメリットを抱えたラジオ日経、それを活かさない手はないとばかりに編成を「がらっ」とかえて、日中はサラリーマン&OL世代をターゲットにした編成に変えてしまったのです。これは凄い。いや、確かに編成の変更後、ジワジワと人気が出てきていると新聞記事にもなっていた記憶があります。エライことになってきました。

そして、もう一つの記事。それが、ラジオ番組の制作現場への密着記事。これは今どき珍しいです。この記事では埼玉県にあるFM放送局、NACK5の午後の番組に密着取材。基本用語の解説から、局スタッフの一挙一投足まで綿密に取材&記録してラジオの番組ができるまでを紹介しています。ライターさん混信の、いや、違った、渾身の記事。1970年代にはよく見かけたテーマの記事ですが最近は本当に珍しい!というわけで、ラジオ番組の制作に少しでも興味のある方はぜひぜひ!日頃我々のあまり知ることのないラジオ制作の現場が見えてきます。

というわけで、久し振りにラジオを身近に感じる素敵な本が現れました。


追記:
KAY2がいつも参考にさせていただいている「国際短波放送情報」でNTTアドの「先事新聞」の記事が紹介されていました。「ネットはラジオの未来を変える!?」というタイトルで、それによると(NHKの調査を引用しています)ラジオの聴取率が上昇に転じ、インターネット経由で聞く若者が増えているという指摘がありました。さらに独自調査でネットによる聴取の実態を報告しています。興味深い記事ですので、ぜひどうぞ。記事を紹介してくださったHosoyaさんに感謝です。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



スポンサードリンク
プロフィール

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる