スポンサードリンク


おいしくて体に優しいラーメン屋さん~柴崎亭

shibasakitei03wm.jpg

柴崎亭はその後、つつじヶ丘駅前に移転されました。ご注意ください。

KAYSがよくお世話になっているブログ、「机上の食う論」。先日「ステーキハウス ジョンブル」を取り上げていらっしゃいました。KAYSも時折食べに行っていた洋食屋さんです。そのコメント欄に「甘味婦人」さんという方がコメントを。「柴崎はラーメンを食べによく行くのですが、また下車する楽しみが増えました。」

「ん?」

気になります。わざわざ電車に乗ってラーメンを食べにいらっしゃる…?

すぐにネットで調べてみます。すると、何軒かラーメンやさんがヒットしますが、その中でも1軒、評価の非常に高いお店がありました。

「柴崎亭」

煮干し系のスープが自慢のラーメン屋さんです。

KAY2、実は最近体の調子を良くしようと、しばらくストップしていた自転車生活が復活。柴崎なら仙川から自転車でスグ。そこで、行ってみることに。

お店、ちょっとわかりにくい場所にありますが、そこは現代のテクノロジー。手にしたタブレットのGPS機能で迷うことなく、簡単にたどりつけます。

外観は小さな小さな居酒屋さんといった雰囲気です。

昼は待たなければならないと聞いていたいたので、微妙にはずした時間の午後1時半。お店に入ってみると…この時間でもほぼ満席。でもラッキー!1席だけ空いていました。そこで、腰を下ろします。あらためて見渡してみると、座席はカウンターのみで、それも僅か8席のみ。うん、これは昼時待たねばならないでしょう。すぐに座れて良かった…。

さてさて、お店のカウンターにはなにやら説明書きが。化学調味料を一切使わず、素材本来の出汁味を活かしているというのがうたい文句のようです。それが証拠に厨房の棚にはプラスチックのケースに入れられた乾物などが並べられています。

また、壁には食べ残しをしないように訴えるハリガミもありますが、いずれもとても丁寧に、そして、上品にわざわざ額に入れて飾られており、店主の几帳面さ、清潔好きを感じます。いいですね。こういうラーメン屋さんなら、女性のひとり客も安心して過ごせるでしょう。

かかっているBGMはジャズ。テレビ画面にも演奏風景が写っているのでDVDなのでしょう。スピーカーはボーズ。うーん、ジャズにこだわった店主さんなんでしょうね。あれ?確か調布の同じ煮干し系ラーメン、たけちゃんの店主さんはもとミュージシャン。何か関係があるのかな…?

待つこと数分。出てきました。やや時間がかかりますが、麺がやや太目である事と、丁寧な仕事の故でしょう。本日は初回ということで、基本。「あっさり らー麺」。500円です。おなじ500円で「こってり らー麺」もあります。(後日こってりを味わいました。トッピングに揚げ葱と普通の葱が散らされており、こってりとはいえ、くどくなくこちらも優しい味わいでした)

shibasakitei05wm.jpg

まず盛りつけが印象的、綺麗に麺をまとめ、美しい仕上がりです。乗っているのは叉焼、メンマ、葱、そしてもやし。まずスープをいただきます。口に含んだとたんに、その優しい味わいにビックリします。そう、確かに煮干しの香りもしますが、決して刺激的でない。うん、化学調味料を使っていないというのは確か。それでも味わいは深くて美味しいです。普段煮干し系のスープが苦手なKAY2が言うのですから、これは相当ウマイ!う~~~ん、危険。全部飲み干してしまいそう。血圧が上昇気味なので、抑えます。

そして麺は…。うん、これもしっかりとした腰があり、クセのない味わいです。

叉焼、ややかみ応えがありますが、こちらも刺激のない、優しい味わい。

すべてがすべて、ホント、上品なんですよ。

ビックリですね!

さらに言えば、テーブルに胡椒が置いてあるのですが、なんとミル入り。そのハンドルを回してがりがりと砕いた黒胡椒がラーメンの上に乗っかります。

というわけで、しばしの幸福を味わって500円。これはいいですよ!それと大盛りも料金が変わらずというのも凄い(とはいえ、残すと罰金500円です)。

近くにあれば普段絶対に通いたいラーメン店。今度、休日にでもKAY1を連れて行こうかな(後日、実際にKAY1を連れて行きました。お店が空いている時間だったので、ビールとともに炙りチャーシューを頂き、ちょっとだけゆっくりしました。チャーシュー、おいしかった!)。ちなみに土日祝は昼~夜の通し営業をされています。


柴崎亭はその後、つつじヶ丘駅前に移転されました。

柴崎亭
  ランク:A+
  電話:042-480-6639 
      042-444-6643 
  住所:調布市菊野台2-16-20 
      調布市西つつじヶ丘3-25-1
  時間:11:00~14:00(平日)
     18:00~24:00(平日)
     11:00~20:00(土、日、祝は通し営業)
     ただし、スープ終了時には閉店
     11:00~16:00(土日祝)
     最新の営業時間については公式HPでご確認ください。
     またtwitterでは限定メニューのお知らせなどもあります。
  定休:月曜日
  値段:500円~
  場所:柴崎駅より徒歩4分
     つつじヶ丘駅より徒歩1分
  地図はこちら
  メニュー例:バラチャーシュウ麺 950円
  クレジットカード:
  HP:http://shibasakitei.com/
  twitter:https://twitter.com/shibasakitei


KAYSの柴崎ラーメンめぐり
おいしくて体に優しいラーメン屋さん~柴崎亭
柴崎(調布市)ってラーメンのメッカ!? 秀華
こちらも名店、らーめんHAGGY(調布市・柴崎)
笑顔の優しいラーメン…みのや(調布市・柴崎)
 




KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

できた!贅沢で素敵なふつーのお寿司屋さん~和栗




Mirock(ミロク)の時に記したように、最近熱い若葉町2丁目。そしてそのブログで栄寿司総本店の支店である「和栗」がまもなくオープンと書きました。なんと、KAYSが敬愛する食べログのまめぞうさん、オープン初日に訪問されてレビュー。そして、そこにも若葉町二丁目交差点から成城学園前に向かうバス通りは今熱い!と記されています。同じように思っていらっしゃるんだなぁと嬉しくなりました。

さて、その和栗。我々も行ってきましたよぉ!

感想を一言。

「うれしい!たのしい!幸せ!」

と、これ終わってもいいのですが、一応、もう少し感想を…。

そもそも…、「なんでもある仙川」。大型スーパーは駅周辺に5店ある、島忠がある、スーパー銭湯がある…。もう申し分ないのですが、それでも、いろいろと我が儘に「あれが出来たらなぁ…」と念じつつ数年。

夢はかなうんです。

おいしいパン屋さんができて、松屋ができて、MUJIが出来て、リンチャンができて、モスバーガー、KFCが戻ってきて…と、殆どの夢がかなってしまいました。

そんな中でまだ残っている夢が二つ。一つは駅のそばに洋風総菜屋さんが欲しいこと。そしてもうひとつ。

「ふつーに贅沢なお寿司屋さんが欲しい!」

というもの。

「ん?あるじゃん、美味しいお寿司屋さん。」
うん。仙川には何軒もお寿司やさんがあります。でもね、例えば、「磯春」。超有名店。めちゃ美味しい。でも…やっぱり値段はかなり高いでしょ(都内に比べるとずっと安いんですが…)。そうなると相当なハレの日にしか行けません。(ランチは行けるけど…)

「びっくり寿司があるじゃん。」
うん。でも、ちょっと歩くし、それとオーダーして出てくるまで時間がかかることが多い。だって、あれだけ広くて大勢のお客さんがいるんだもん。お店の方もそれに対応するのは大変なのでしょう。

「円満寿司や銀蔵があるじゃん。」
うん、安価にお寿司を!というときにはいいですよね。

でもね、なんとなく、ちょっとだけ、プチ贅沢でありながら、それでいて、どーにか、普通の生活している我々も楽しめる価格帯でのお寿司屋さんというのがあまり目につかなかったんです(上記以外にもお寿司屋さんがあるけれど、ごめんなさい、行ったことがないので)。つまり、どこの街にもある、みんながちょっと贅沢をしたいときに行くお寿司屋さんです。ちょっとだけの贅沢。でも、どうにか財布は持ちこたえそう。具体的に言うと一月に一回くらいは行けそうな贅沢なお寿司屋さんが欲しかったわけなんです。

そういうわけで、期待してたんです。千歳烏山の有名店「栄寿司総本店」の支店である和栗。

お店の前でオープンの予告チラシを見てから期待感まんまん。

でもね、不思議だったのは、オープンまでまだ数日あるのに、グーグルマップを見てみたら、すでに「和栗」って表示されているんです。なんで?と不思議だったんだけれど、まめぞうさんのレビューを見て納得。以前、一度オープンされたものの、大親方が病気され、一旦クローズしたんですね。その後、元気になられて復活。そして今回は再オープンだったんですね。

というわけで、行きました。和栗。

お店に入ると威勢の良いかけ声に迎えられます。お寿司屋さんって、これじゃなきゃね!いかにも新鮮なネタが出そうじゃないですか。

店内は不思議な雰囲気。天井の照明といい、総シルバーの壁といい。秘密は店の奥にある、光沢のあるマシーン。カラオケ装置なんです。なんとこのお店は元々カラオケスナックを兼ねてらしたんですねぇ!ビックリしました。でも、とにかく店内は清潔さ満点。

価格の明記されたメニューを見ると、実に種類多く寿司ネタがあります。本格的なお寿司屋さんであるのは間違いなし。そして、当然天ぷらや一品料理もあります。

そういうわけで、料理に突入!冷酒とともに…。

ああ、物凄い満足感!ああ、やっぱり私たちの筆力では書けません。これはもう、まめぞうさんのレビュー(こちら)におまかせ!皆さんもぜひご覧ください。

お店を出るときには「来月また来よう!」と心に誓ったKAYSです。


栄寿司総本店和栗
  ランク:A+(完全禁煙)
  電話:03-3308-0088
  住所:調布市若葉町2-22-11
  時間:11:30~22:30(8月いっぱいは通し営業)
  定休:木曜日(ただし、8月いっぱいは無休)
  値段:4~6000円
  場所:仙川駅より徒歩10分
  地図はこちら
  メニュー例:特上にぎり 1270円、生ビール 630円
  クレジットカード:不可
  HP:





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



白髪が自然と黒くなった…髪の毛の不思議




KAY2の髪の毛を見る人は一様に不思議そうな顔をします。

「染めてるの?」

そう、50歳をとうに過ぎているのに、いまだに白髪が少なく、全体的には黒いんです。KAY1からは「エロ黒(グロ)オヤジぃ!」と言われてしまいます。クスン。

人から「うらやましいね」と言われることもありますが、実はビミョー。相当な剛毛なんです。物心着いた頃から堅い髪の毛で、朝起きてから、外出するまでに相当苦労して髪の毛を落ち着かせます。人生今までについやした時間を考えると…。

で、実は40歳代に、一度、白くなりかけたことがあったんです。仕事で苦労してストレスがたまっていた頃。だんだん白くなっていくのが自分でも良くわかりました。

ところが、もうだめ!と自主的にその仕事を降りた後、ふたたび髪の毛が黒くなりはじめたんです。

最近、さすがに年のせいか少しずつまた白髪が増え始めたかな…と思っていたのですが、幸いなことに足踏み状態。

いや、数ヶ月前からまた少なくなってきたかなぁと思い始めていたある日。KAY1がKAY2の髪の毛をいじりながら、驚きの声を上げます。

「これ!見て見て。先のほう半分が白髪なのに、そこから根本に向けて半分は黒いよ!」

鏡に映ったその髪の毛、本当です。最初は白髪で出始めたのが、途中で、やっぱり黒くなろうと、気分を変えて黒髪になったようなのです。

こんなのあり?

心当たりを考えると…あるんですぅ。

ちょうど数ヶ月前、子供の頃からの夢の一つがかなうことになったばかり。うれしくてうれしくて、毎日夢に見ちゃうくらいなんです。とはいっても他の人には何の興味もない夢なんですが。実際、KAY1に「ねぇねぇ、聞いて聞いて。俺、子供の頃からの夢が実現するんだ!」と詳しく説明したら、「あんたって本当にバカねぇ…」の一言で終わってしまいましたから…。

髪の毛って1ヶ月に1cm延びるそうなんです。すると、確かに、黒髪の部分の長さを測ったら3cmなので、3ヶ月。さかのぼれば、ちょうど夢が叶いそうとわかった頃にあたります。そのためにストレスがきっと軽減されたんでしょうね!

というわけで、子供の頃からの夢、ほかにもたくさんあるから、大人になってかなえられるモノは一つずつかなえて、どんどん健康に、若々しくなっていきましょう!

「あんた、これ以上子供っぽくなったら困るわぁ…」

と、KAY1はぼやいていますが…。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



京王電車で冷房にエコなサービス…

keiodoors2wm.jpg
わかります?奥の扉だけが開いているでしょ?


過去何度かここに書いてきた京王電鉄(たとえばこちら)。KAYSは比較的好きな私鉄です。一度京王沿線に住み始めると、なんだか他の路線に移りにくくて。中央線、西武線と何度か引っ越しで出て行きましたが、結局、その後はいつも京王沿線に戻ってきています。

快適なことの多い電車ですが、一つだけ、不満なことがありました。

小田急と比べて…の話です。

各駅停車に乗っていると急行や特急などの通過待ちで駅のホームに停車することがあります。すると長時間にわたってドアは開いたまま。快適なシーズンならばそれで良いのですが、寒い冬などはせっかく暖房で暖まった車内が一瞬にして寒くなってしまいます。

ところが、小田急の各停。さすがです。そういう場合、お客さんの乗り降りが一旦済んだら、1車両のうち4カ所あるドアのうち3カ所を閉めてしまうのです。そうして暖かさを逃さないで、通過待ち。そして、発車直前にもう一度全部のドアをあけて、閉める。そして発車。この心遣いが嬉しいのです。

ひるがえって我が京王。ごくごくたまぁにそうしてくださる車掌さんがいるのですが、少数派。大多数は長時間の停車でもふつ~にドアを開け放したまま。これがたとえば高架駅の八幡山だと、吹きっっっさらしでしょ。冬は冷たい風がもろに車内にはいってきて、大変な冷え込みになります。

小田急はいいなぁ…と思うことしきりでした。もっとも京王にもおそらく言い分があって、気温が何度以下とか、何分以上の停車とか、厳密な内部規定があるのかもしれませんが、それにしても、小田急に比べると、そうしたドアの措置はきわめて頻度が低いように感じます。

ところが、先日、ものすごく暑い日、京王線に乗っていて、八幡山に到着し、特急の通過待ちだなぁと思っていたらアナウンスが。

「冷房の効率化のために各車両ドアを3カ所しめさせていただきます…」

うわぁ、嬉しい!京王ではめずらしいし、何より夏にこうした措置をしてくれるのはKAYSにとっては初めての体験。

ちょっと嬉しくなりました。

それに、涼しいだけでなくて、車内の温度を自動調整しているでしょうから、電力の節約にもなってエコになりますよねぇ。

京王電鉄さま、今後も、夏、冬とも、もっと頻繁に、ぜひお願いします。


追記:(2013年9月)
希望を叶えてくれる京王電鉄、先日の大雨の日、なんと「雨がふりこまないように」と、このサービスを実施してくれました。うれしいですね。




KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/





ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



猛暑の甲州市、シャトー・メルシャンを訪問



連日39度という日本一の猛暑を先月記録した甲州市(今月に入ってついに40度を超えちゃいましたが…)。その勝沼にあるワイナリーの中でも人気の高いメルシャンのワイナリーに行ってきました。KAYSにとってのワインの師匠、Sさんご夫妻が誘ってくださったのです。

実は以前も訪問したことがあるのですが、数年前、大規模なリニューアルを施し、以前にもまして素晴らしくなったと評判を聞いていました。それに、日頃からメルシャンのワインは大好きです。ちょっと財布に余裕があるときの定番は「シャトーメルシャン長野メルロー」。残念ながら、最近は懐がすっかり寂しくなっているので、ちょっとご無沙汰しています。

さて、S夫妻が誘ってくださったのにはワケがあります。実はこのワイナリーでは有料のテイスティングを中心にしたセミナーがあり、とても人気があります。中でもホリデースペシャルコースというのは6種類の人気ワインをテイスティングさせてくれるのです。2千円~3千円クラスのワインが主体です。それでいて、講義も含めて1000円!S夫妻が「ダメもと」で予約の電話を入れたら、連休中にもかかわらず空きがあった!ということで申し込んでくださいました。

というわけで行ってきたのですが、いや、もう、大満足!

セミナーでは講師の方が「ワイン大好き!」という感じで熱弁をふるわれるのですが、その愛情に思わずぐいぐい引き込まれてしまいます。それにしても…お酒を語る人は多いのですが、ことワインに関しては情熱とおしゃべりの内容が他の種類の酒を圧倒しているように思うのはKAYSの思い込みでしょうか。どんなワインセミナーに参加しても、講師の皆さん、参加者ともに、皆さん情熱的。そして多弁。

さて、実はメルシャンワイナリー、セミナー以外に物凄いものがあるんです…。これです。

merciannew02wm.jpg
三種類の超高級ワインに加え、デイリーで楽しめる「萌黄(もえぎ)」(右)もお願いしちゃいました。


そう、併設のワインギャラリーという飲食と買い物の出来る施設ではワインを数種類ティスティンググラスでいただくテイスティング・セットを頼むことができるのですが、4つのセットのうち、「シャトー・メルシャン グランドティスティング」という1500円のセット。物凄いんです。え?1500円ってセミナーより高い?いや、それがその内容を見たらびっくりです。

左から、いずれもシャトー・メルシャンが誇る最高級ワイン、「北信シャルドネ2011」、「桔梗ヶ原メルロー2005」、「城の平カベルネ・ソーヴィニヨン2006」。ボトルで買えば(2013年現在のネットでの流通価格。四捨五入しています)それぞれ1本あたり約7千円、1万円、1万6千円!

それがこうして飲めるなんて!なんて贅沢なんでしょう。つまりトータルで3万円以上。分量的にはそれをテイスティンググラスでいただきますが、写真でみるとそれぞれ30ml程度入っていますから、単純計算すると、それぞれおおよそ300円、500円、800円。ほぉ、販売価格よりもお得!

しかも、そもそも普段は絶対ボトルでは買えないお値段なので、上記のワイン、一生味わうことはできなだろうと思っていました。いやぁ、こんな計算をしてしまう相変わらず貧乏性のKAYSですが。(^^;)

で、カウンター越しにソムリエさんが注いでくださるのですが、「城の平」、栓を開けた途端、約50センチ離れた我々の所にかぐわしい香りが飛んできました!驚きです。かつて、我が家でSご夫妻と素晴らしいワインを開けたときの記憶がよみがえりました(こちらがその記事)。物凄いワインというのは、本当に物凄い香りのパワーを持っているんです。

そして、それを席に戻り、料理とともに味わう幸せ…。ああ、生きてて良かった。Sご夫妻、素敵な体験を本当にありがとうございました。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



大阪風串カツ祭り、モノインプレッションに。




KAYSのブログをいつもご覧いただいているmickey tan さん、「机上の食う論」という素敵なブログを書いていらっしゃいます。以前、我が家のベランダで行った「大阪風串カツ祭り」の話をブログに書いたところ、コメントで「ベラ串」というネーミングをいただきました。mickey tanさん、ありがとうございました!

ベラ串、その後合計7回開催。すでに我が家の定番になりつつあります。

mickey tanさん、「庭串」、無事に実施されたでしょうか?

さてさて、当初記事に書いてから、何度も実施している間にいろいろと進歩(!?)を遂げてきた「ベラ串」。幾つか皆さんのヒントになればと、KAYSのホームページ、モノインプレッションに詳しく記しておきました。ぜひご覧ください。


この夏の我が家はすっかり串カツにはまっています。何事も熱しやすく冷めやすい夫婦なのですが、こちらは例外ですねぇ。ま、そうはいっても、毎年何か新しい流行が生まれるので、来年はどうなるかわかりませんが。

というわけで、よろしければKAYSのホームページ、モノインプレッションの049番の記事をご覧下さい。




KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

ビールを「合法的に!」自分で作る体験


会場は理科の実験室のような雰囲気です。


KAYSがワインとともにビール好きなのはこのブログをごらんの方はご存じの通り。

そのKAYSにとって、「夢」とも言える体験を2年前にしてきました。そのときの記録を遅まきながらKAYSのホームページ、モノインプレッションに掲載しました。

「キリン横浜ビアビレッジ」の人気イベント「ビールづり体験教室」に参加したときの記録です。この教室、大変な人気で現在も申し込みの抽選は高い競争率のようです。

それもそのはず。3千円ほどの参加費で、1日、インストラクターとともにビール造り。食事、さらに作りたてのビールが味わえるというのです。それだけではありません。なんと作ったビール(中瓶20本)を後日届けてもらい、自宅で味わえる!こんな幸せが他にありましょーか!

KAYSのワイン師匠であるS夫妻が誘ってくださったものです。ありがとうございました!

というわけで、もしもあなたもビール好きなら、ぜひ飲んでみて…あ、違った、読んでみてください。モノ・インプレッション、048番の記事です!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる