スポンサードリンク


iPod Touchが新品に…。


セロファンにつつまれています。そう、新品になっちゃったんです。


以前、こちらの記事で紹介したiPod Touch(第4世代)。携帯電話機能を取り除いたiPhoneというのがKAY2の勝手に理解している製品の位置づけ。WiFiルーターを別に持っていれば、出先でも自由にネットが使え、便利です。iPhoneのアプリがそのまま使えますし、iPhoneよりもより軽量で音楽もビデオも何でも楽しめて、便利この上なし。

ところが…。もともとバッテリーの持ちがあまりよくありません。超軽量小型故の宿命。それが、1年半も使っていると極端にバッテリー寿命が短くなってきました。おまけに、最近は電源スイッチを入れてもすぐに落ちてしまうことも。そうなるとバッテリー交換を考えるのですが、アップルストアで6800円かかります(消費税込み、第4世代の場合)。うむ、ちょっと高いなぁ…。それで、バッテリー交換を専門に扱っているサードパーティーの会社もあり、そちらであれば、4000円程度と割安です。ふむ。どうしよう。でも、液晶の一部が暗くなっているし、バッテリー交換しても…。うーん。

ただ、この便利さを手放すのはやっぱりイヤ。それと液晶の問題もあるし、この際、バッテリー交換だけでなく修理も頼んでしまった方がいいかなぁ…と思い始めます。保証期間はすでに終わっていますから、1万円以上の出費を覚悟で、ある日、ネットで修理受付予約(なんと修理の申し込みに予約があるのです。もちろん、予約せずとも受け付けてはもらえるのですが)の申し込みをしアップルストアへ。

行って見てびっくり、物凄い人です。みんな修理!?これじゃ、予約が必要なわけですねぇ。見てみるとほとんどがiPhoneの修理のようです。

で、時間通りに係の人が対応してくれます。症状を話すと、

「まず、バッテリー交換は必要でしょうね。で、実はiPod Touchに関してはバッテリー交換は一律、「本体全体」の交換になります。」

一瞬、「?」

「あの、バッテリーの交換をするということは製品そのものを新しい製品に交換していただけるということですか?」

「はい。この世代のiPod Touchはそういう決まりになっています」

知らなかった…。ということは液晶や他の不具合の問題も同時に解決する…。

というわけで10分後、見事、新品のiPod Touchを手にしてお店を出ていました。6800円なり。なんだかトクしたような不思議な気分です。

iPod Touchユーザーで修理したい不具合がある上にバッテリーの消耗が気になる方。修理依頼せずともバッテリー交換で製品全体を新品にしてみてはいかがですか?


追記:

この話を友人にしたところ、彼女もすぐにアップルのサポートに電話をしました。

「バッテリーの交換は本体そのものの交換になると聞きました。もうバッテリーが全然持たないので、申し込みをしたいんですが…。」

ところが、電話の担当者、ひどく怒った口調で、「一体誰がそんなことを言ったんですか!それを言った係の名前を言ってください。そもそも本体を見た上で担当者が決めることですから。一律本体交換なんてルールはありません!」とケンモホロロだったそうです。彼女、相当にショックをうけていました。「アップルって冷たい…」

でも、彼女、諦めずに翌日アップルストアに予約の上、直接持ち込みました。

すると、ショップの担当者、笑顔で

「はい。Touchの場合、バッテリーの交換は一律本体交換のルールですので、本体そのものを交換させていただきます。」

良かったですねぇ。それにしてもアップルさん、窓口によって対応が乖離し過ぎですねぇ。何とかしたほうがいいと、余計なお世話かもしれませんが、思います…。KAYSが好きなメーカーだけに。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



木漏れ日で朝食~湘南倶楽部(下北沢)


窓の外は緑!


仕事場へ向かう朝、井の頭線通勤電車の中。新代田を過ぎ、下北沢に到着する少し手前、進行方向左側に、突然、木立の中に一戸建てのサンルームが見えます。いい環境のお家だなぁ…と思った瞬間、よく見るとそのサンルーム、ワイングラスがたくさん、カウンターのような場所の上につるされるのが見えます。

ええ?ということはレストランかバー?

それにしても、すてきな環境。

すぐにグーグルマップで見てみるのですが、該当のお店が見つからず…。まだできて新しいのでしょうか。そこで数日後、仕事が終わって帰宅途中、下北沢で降り、お店の前まで行ってみました。

とてもきれいに手入れされた一軒家が現れます。そしてお店の名前はなぜか「湘南倶楽部」。ここ、世田谷区なのに。お店の前に置いてあるパンフレットをもらって帰ります。インターネットでの情報も併せて調べてみると、どうやらもともと湘南にあったお店がこの春、世田谷に移転されたようなのです。道理で…。

で、このお店、朝8時半にオープンし、朝食、昼食、ディナーと一日中、様々な利用ができるお店だとわかります。そして、電車の窓から見た印象通り、店内は緑の木立の中のサンルームのような設計になっているようです。電車の窓から見えると言うことは線路沿いなのですが、パンフレットの写真を見てみると、途中にある緑いっぱいの庭のおかげで、そんな印象を与えないようです。

行ってみたいなぁ…。

ある朝、ちょうど徹夜仕事が終わった日曜日、KAY1と待ち合わせてお邪魔してみました。この日は快晴。透き通るような青空が広がっています。

若者が集う下北沢とはいえ、京王の新代田寄りにありますから閑静な住宅街。

時折ワンちゃんの散歩をしている人とすれ違いながら改札から歩くことわずか2~3分。到着です。

まだ新しいお店の門を入ると南ヨーロッパ風の短い通路を通り店内へ。

お店の中は濃茶と白を基調としたとても清潔でとても落ち着いた内装です。左に個室を見ながら正面にはお庭の緑が見える大きなガラス窓が。

迎えてくださったのは端正な雰囲気の中年の男性。見渡してみるとまだ開店直後なので我々以外にお客さんはいません。「お好きな席にどうぞ」と静かな笑顔で迎え入れられます。よく洋画で見る西洋の豪邸の執事さんのような雰囲気です。そして、厨房には奥様とおぼしき方とさらには、息子さんかな…と思われる男性が忙しく調理をしていらっしゃいます。おそらくランチの準備かな。

店内には音にこだわりのボーズのラジオが。シュトラウスの「こうもり」序曲が流れてきています。ほぉ、クラシックは珍しい。ラジオの緑色の表示が834を示しています。世田谷FM?クラシックを流していたっけ?その後、再びラジオを見ると836に。??周波数ずれた??と一瞬キョトンとしますが、やがて、気づきます。そっか、時計表示だ。これ、CDをかけているんだ。こんな朝早い時間にお店に入ることのないKAYS、妙な思い違いをしちゃったようです。(笑)

さて、モーニングセット。飲み物はコーヒー、紅茶、カフェオレから選び、卵も目玉焼きかスクランブルエッグを選べます、二人はカフェオレをホットで頼みます。やがてサラダ、飲み物と出てきている間も窓の外の緑が心をいやしてくれます。頻繁に井の頭線の電車が通過し、銀色の車体が反射したキラキラした日の光が緑の合間に見えますが、景色のほどよいアクセントになってくれている感じです。

朝、直射日光を避けるために、可動式の日差しがガラスの天井部分を覆っていますが、時間によっては空の青さを満喫できることでしょう。

shounanclub2wm.jpg
木漏れ日に浮かび上がるトースト


やがて出てきたセットの料理、きれいに盛りつけされています。ほどよくかりかりに焼けたトーストにはたっぷりのバター。そしてサイドにもたっぷりのストロベリージャム。卵にポテトサラダと我々のような中年夫婦のおなかを満たすには十分。何か特別な料理…というわけではありませんが、とても丁寧に調理と盛りつけをされた朝食というのは、いただいていて贅沢な心持ちがします。

そして何よりもこの環境です。何も予定のない日曜日。ここでじっくりと本でも読みながら過ごすのはものすごい贅沢になるでしょう。すてきな緑の木漏れ日とゆったりとした空間、そして美味しい朝食。リゾートホテルなどでは味わえるでしょうけれど、こうした街のレストランでそんな贅沢が楽しめるなんて…。

お店を出る前にお店の方々と少しお話ししましたが、ランチとディナーはすでに人気で結構満席になるそうです。予約をしたほうが良いようです。でも朝食は「大丈夫ですよぉ!」と笑顔の奥様から太鼓判の返事でした。いやいや、このお店の朝食を味わったら、近所の皆さんでしたらきっとリピーターに。そのうち予約が必要になるかもしれません。

そんなお店に出会えて大満足の二人でした。

ガーデンキッチン 湘南倶楽部
 ランク:A+◎(全席禁煙です。お庭に喫煙スペースがあります)
 電話:03-3466-2336
 住所:世田谷区代田6-1-17
 時間: 8:30~22:00
    (LO 21:30)
 定休:火曜日
 値段:
 場所:下北沢駅 徒歩2分
 地図はこちら
 メニュー例:モーニングセット 700円 
 クレジットカード:
 ブログ:http://shounanclub.blog.fc2.com/
 FB:https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=630358916980412&id=199853026697672
 その他の特徴:バリアフリー


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



ヤクルトの奇跡、再び!




以前、KAY2がヤクルトを飲み始め、体の調子が良くなった話を書きました(こちら)。

すると、このブログを読んでくださる知り合いの中にも飲み始めた方が何人もいらっしゃいます。Rちゃん、いつも読んでくださってありがとう。そしてTさん、いつもありがとうございます。

そのTさんからなんとビックリするお話を伺いました。

Tさん、昨年健診で便潜血の指摘を受けました。健診での便潜血、気になさらない方も多いのですが実はかなり重要な指摘です。自分はお尻の調子が悪いから、そのせいで…ということでそのままにされる方、結構いっしゃいますよね。でも、実際は大腸の異常をとらえていることも多いのです。

Tさん、すぐに精密検査を受けたところポリープが見つかったそうです。幸い良性だったそうでその点では本当に良かったですねぇ。で、内視鏡で取ることになりましたが、やや大きさがあったので2度にわけて取ることになりました。そして最初の処置の頃、健康に対する意識が高まったのか、KAYSのブログを見てヤクルト400、そして日によってはそれに加えてジョアかミルミルを飲み始めたのだそうです。1回目の処置は無事に終了。

そして、数ヶ月後、再び内視鏡で残りのポリープを取るべく病院に行き、前回同様、大腸に内視鏡が入ったら…。

ドクターのひと言、「あれ?ないっ!」

なんと綺麗さっぱりとポリープが消えていたのだそうです。

場所を間違えた?と何度も見るのですが、前回の処置跡が残っているので場所に間違いなし。

ということで「ポリープ消失」。

ドクターから「珍しい事ですが…」との説明。

Tさんも狐につままれたような感じだったと思いますが、一つだけ思い当たる節があると言えば…そう、ヤクルト400です。それ以外に生活上変わった部分はなし。ヤクルトやジョア、ミルミルなどは腸内環境を整えると言われているので、こうしたこともあるのでしょう。

ということで、先日一緒に食事をしたとき、
「だからね、KAY2さん、私、やっぱりヤクルト400効果じゃないかと思うんですよ」と報告してくださいました。

うーん、ビックリです。本当にヤクルトで効果があったのかどうかは医療の素人であるKAY2にはわかりませんが、少なくとも彼女はそういう風に感じていらっしゃるのですし、改めてインターネットを検索してみると同様の効果を実際に体験している方もいらっしゃいます。

ヤクルト、やっぱり侮りがたしですねぇ…。

というわけで、ヤクルトレディの宅配が難しい我が家では400は手に入らないので、事実上の300(これはヤクルトの乳酸菌であるシロタ株の数を指しています…400は400億株、300は300億株。ちなみに通常のヤクルトは150億株)である「ヤクルトACE(エース)」を飲み続けています。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



自宅で大阪風串カツ祭り!

追記:
この記事を書いた後、回数を重ねた我が家の大阪風串カツ祭り、美味しい串カツを味わうためのヒントをKAYSホームページにまとめてみました。皆さんのご参考に…。「モノ・インプレッション」、049番の記事です。




冷蔵庫の残りものも含め、どんどん作っていきます。


このブログに何度も書いている通り、KAY2は大阪風の串カツが大好きです。ソース二度漬け禁止のチープな味が大好き。カツも大ぶりで贅沢なものよりは小振りで一口でぺろっと食べられる「貧相な(失礼!)」物が大好き。

大阪に行けば必ず松葉など、立ち飲みのお店に通ってしまいます。

ただ、東京に住んでいるとなかなか良い串カツ屋さんに巡り会いません。例外的に幡ヶ谷の名代、仙川の番兵にはお世話になっていますが、おしとやかな女性(笑)であるKAY1、「立ち飲みとか、疲れているときにはやっぱりちょっと抵抗あるんだぁ…」と言われると、なかなか誘ってというわけにもいきません。

そうなると…解決策は一つ。

「自宅で串カツ」

そうです。これしかないんです。ところがKAY1はなんとなく消極的。「え~っ!わざわざ自宅でしなくても、外で食べればいいじゃん。」「でも、君が外だと嫌がるから…。」てな会話が交わされます。実はいくつか解決せねばらならない問題があったのです…。

ということで問題解決すべく、数年がかりで計画を立ててきました。(大げさ?)

最初の問題。まずは何で揚げるか。普通の鍋か、天ぷら用の鍋を買うか、それともフライパンか…。それぞれにメリットデメリットがあります。この問題はほどなく解決。KAY1の実家から結婚式の引き出物にもらった電気式のフライヤー(揚げ物調理器)が送られてきたのです。手軽だし、何よりも安全を考えるとこれが一番!

次の問題。

あの独特のソースはどうする?

これ、最近になって解決策がみつかりました。インターネット、偉大です。クックパッドにその名の通り「大阪風串カツ」のソースレシピがあったのです。投稿されたイル・ロッソさんに感謝です。
http://cookpad.com/recipe/1064835


kushikatsufair8wm.jpg
串カツを漬けやすいように深い湯飲みに入れたソース。
我が家ならもちろん2度漬けもOK!



そして最後にして最大の問題。

揚げ物、自宅で調理するのをKAY1はいやがります。清潔好きの彼女、油が飛び散って油の匂いが台所につくのがイヤだとこぼします。串カツも揚げ物、そうとう、油が飛び散るのは間違いありません。そこで…、台所じゃなくて外ではどう?暖かい季節になったし、我が家の狭いベランダに出てそこで電気フライヤーで揚げるのは?うん、いいぞ。それに休日昼間、太陽のもとで串カツなんて最高やん。

というわけで3つの問題が無事に解決し、某月某日、良く晴れた早朝、深夜の勤務を終えて自宅へ向かうKAY2、仙川駅で降りて、24時間営業の西友に寄ります。串、パン粉、天ぷら粉、野菜、肉、ソースの材料などなど、すべてが西友で揃います。深夜働きづめでヘトヘトになっているはずですが、「大阪風串カツ・ラブ」のKAY2、興奮状態で買い物も苦になるどころか楽しい楽しい!

ということで我が家の「大阪風串カツ祭り」、はじまりはじまりぃ…。


kushikatsufair1wm.jpg
こうした地道な作業が大切。


まずはパン粉を小さく小さく砕いていきます。これ最重要。KAYSにとって大阪の串カツのイメージはやっぱり小さく砕かれたパウダーのようなパン粉です(と勝手な思い込み)。

そしてソースをレシピ通りに作ります。一度煮立ったところで火を止めて…。味見をしてみると…おおお!見事、あの味じゃないですか。これ、2度漬けしてもいいんですよ!あたりまえだけど嬉しい。

串を入れやすいように、ソースは底の深い「湯飲み」に入れておきます。

そして、材料を適当な大きさに切って、水で溶かした天ぷら粉にくぐらせて、パン粉をつけます。そして次から次へと皿に載せていきます。串カツの材料というのは守備範囲が広いです。ほとんどどんなものでもOK。ですから冷蔵庫の残り物処理にも最適なメニューとして主婦のみなさんにも好評だとか。この日は買ってきたもの以外に、冷蔵庫に残っていた長いもやウィンナーも投入。

さらに、サイドディッシュはもちろんキャベツを適当に切った物。とことん大阪の立ち飲み風。

以上で準備完了。本当に簡単です。

よく冷やしたビールとともに、ベランダに出てフライヤーの油が温まるのを待ち、串を投入。待つこと数分。

kushikatsufair6wm.jpg
うーん、期待どおりの揚がり方!


揚げたての串をソースにつけて、いよいよ口に入れると…、

「うめぇっ!これじゃ、これっ!大阪の味やぁ!」

ということで、あっという間に数十本が胃袋に消えていきました。

我が家の第1回大阪風串カツ祭り、これにて終了。

KAY1談「めちゃ、楽しくて美味しかった。またやろうね!」

めでたしめでたし。


追記:
その後、回数を重ねた我が家の大阪風串カツ祭り、美味しい串カツを味わうためのヒントをKAYSホームページにまとめてみました。皆さんのご参考に…。「モノ・インプレッション」、049番の記事です。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

スプレー醤油の発想(福萬醤油)




この発想、シンプルだけどどこから出てきたんでしょう?

便利になる一方の世の中ですが、これは虚を突かれました。スプレータイプの醤油です。

知ったのは某テレビ番組。もうすでにかなりの人気だそうで、このブログをご覧の方にもお使いの方がいらっしゃることでしょう。KAYSはそれまで全く知らないでいたのですが、番組を見て「すごい!」&即注文。

醤油をよくある小さなプラスチックのスプレー瓶に入れた商品です。

このスプレー醤油、大変なメリットがあるんです。

「減塩」

例えばにぎり寿司に使うとしましょう。寿司に向けて一回の噴射での分量は0.1ml。10個食べてそのたびに噴射してもトータルで1ml。

一方、普通の醤油を小皿に入れれば、小さじで1杯から2杯、つまり5~10mlくらいは最低でも入れてしまいます。ということはスプレー醤油だと5~10分の1の分量で済んでしまうのです。

え?1回0.1mlの噴射では醤油をつけた気がしないんじゃないかって?

それが、そうじゃないんです。実は醤油って香りが重要。ごく僅かでも付いていれば…、それも噴射ですから、少し離してシュッとすれば、全体にまんべんなく広がります。すると、ごく少量でも十分醤油の香りが立ちます。逆に、醤油が素材の本来の味わいをじゃましないというメリットが。つまり、新鮮なネタを使ったにぎり寿司にはぴったり!皿の醤油につけるより絶対に美味しいんです!

おまけに、醤油をつける際、よくにぎり寿司をひっくり返して皿の醤油につけて…ってすると、何かの拍子にネタが皿に落ちちゃった!最悪醤油が飛び散った!なんてこともあるじゃないですか。その危険性ゼロ。

いや、にぎり寿司だけじゃありません、ちらし寿司などにはまさにドンピシャ。醤油を醤油差しからジャバジャバかける罪悪感にさいなまれることなく、ごく少量をまんべんなく全体に噴射できるのですから。

こうしてみると、このスプレー醤油、シンプルな発想ながら画期的な製品だと言うことに気付きます。どうして、いままでこの発想がなかったんでしょうねぇ。もちろん、普通の醤油を100円ショップのスプレー瓶に入れれば同じように使えますが、そのうちに吹き出し口が詰まってしまいます。そうならないところがこの商品の技術力。

商品を開発された九州の「福萬醤油」と醤油ソムリエ、大浜大地さん、お見事です。

とはいえ「でも、醤油をスプレーだなんて、何か違和感が…」という見た目を気にされる方も多いでしょう。確かに今までよく知っている物が別の衣をまとって登場すると妙な感じがするものです。でもね、よぉく思い出してください。

数十年前、珈琲飲料が初めて缶で売り出された時どうでした?違和感があったでしょ?今はどうですか?

日本茶が初めてペットボトルで登場した時、どうでした?激しく違和感あったでしょ。今はどうですか?

そういうことじゃないでしょうか。

要は「慣れ」

というわけで、合理的で料理が美味しくなる、しかも健康にも良いスプレー醤油、ぜひ一度皆さんもお試しあれ。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


電子書籍の自炊とラジオ


これが我が家の電子書籍「自炊」風景。


紙の本が大好きなKAY2が電子書籍の自炊を始めたのは、やむにやまれぬ事情からでした(http://kays1998.blog123.fc2.com/blog-entry-208.html)。なにせ引っ越しのときに業者さんが「もう勘弁してください!」というくらいの量の本。スペースの逼迫は大変な問題でした。新たに本を買うたびにKAY1の怒りは大変。

それから2年、読み終えた大部分の蔵書を電子書籍化しましたが、最近ではさらに一歩進んで、まず書籍を買ったら読む前に電子書籍化するようになりました。それにより、初めからタブレットで読み、気になる部分を画面上でマーカーし、一気にEvernoteなどに送り込み、自分の読書メモにコピペできるからなんです。そういうわけで、アマゾンなどで大量に、あえて「紙の」本を買い、電子書籍化し、iPadなどで読むということが日常化しました。それにより、家計に思わぬ影響が…。

そう、自炊して場所をとらないので安心して本を買い、以前よりも大幅に購入書籍が増えたのです。今度は家計が火の車。でも、この点に関してはKAY1も読書好きなので、どうにか家庭不和にならずに済んでいます。

え?はじめっからkindleなどで電子書籍を買えばいいじゃないかって?確かに以前よりは増えてきましたが、品数はまだまだ。それに、Evernoteに送るなんて芸当はできないので自炊本にはかなわないのです。

さて、ここからがラジオの話。相変わらずKAYSのブログ記事は長い上に、前置きも長い!(笑)

実は電子書籍の自炊、結構時間がとられるのです。1冊あたり慣れてきても丁寧にスキャンをとるとなると10分程度かかります。その間、他のことができればいいのですが、意外とできないもの。スキャナーは一度に100ページくらいしか読み取れませんから、500ページの本だと5回にわけてページをいれてあげなければなりません。そうすると、結構、PCとスキャナーに向かい合っている時間が長い。おまけに時にはミスフィードも起きてしまいます。つまり、常に目を向けていなければならないわけです。

で、例えば20冊自炊するのには3時間以上も時間をとられます。

その時間もったいないと思いません?

そこで!はい、そうなんです。そんなときに登場するのがラジオです。しかも、raziko!(radikoではありません。念のため。http://kays1998.blog123.fc2.com/blog-entry-430.html)全国の番組を手当たり次第に予約録音し、それを聴いているのですが、録音した番組、なかなか聴く時間がない。すると、自炊のときに聴けばちょうどいい!さらに言えば、razikoを受信するNexus7のヘッドホン端子につながっているのはサンワサプライのFMトランスミッター 400-FMT003 。そしてその電波を受けているのがTiboli AudioのModel One。いい音で楽しめます。

というわけで先日も自炊をしながら事前に録音しておいたラジオ番組を色々と楽しむことができました。もちろん定番のBSS山陰放送の「音楽の風車」、TBSラジオ「久米宏のラジオなんですけど」などなど。中でも気に入ったのは大阪はMBSの「福島暢啓の昭和歌謡でしょ!」。昭和歌謡に焦点をあてて進行役の福島アナが自分でセレクトしたトップ5を毎回紹介する番組です。今回は昭和29年。

KAY2、実は中学生の頃から昭和20年代~30年代の流行歌にはまってしまいました。生まれるはるか前のヒット曲。親友の家に遊びに行ったときに、彼のお父さんが大量にSP盤(78回転のレコードです)のコレクションを持っており、そこで聞き始めたものなんです。藤山一郎や春日八郎、そして岡本敦夫。そういう歌が大好きになり、自分でよく聞くようになってしまいました。他の友人たちは「KAY2は変人だ!」と驚いていましたが…。でも、メロディーが美しい昭和歌謡、大好きなんです。

福島アナもまだ20代、若いんです。それにしては昭和歌謡の知識は信じられないくらいに豊富。凄いですねぇ。語る口調から「昭和歌謡LOVE!」という思いがひしひしと伝わってきます。

そんな番組を聞きながらせっせせっせと自炊。いやぁ、至福の一時です。そして、大量に本が電子空間に治まると、スペースもでき、KAY1も大喜びです。

というわけで、同じように電子書籍の自炊をされているあなた、razikoで全国のラジオを聴きながらっていうのはいかがですか?


過去のKAYSの関連記事
razikoでradikoのエリア外聴取
君と焚き火とAOR~FM COCOLOで安らぐ
radikoでエリア外の局が受信できた不思議な体験
旅先で2人同時に電子書籍の「自炊」本
NetPortalでNASに入れた自炊本を自在に読めるか?
電子書籍自炊本で読書メモの大改善
電子書籍「自炊」の意外なメリット
電子書籍で読みたいのは、まずニュース&時事系の雑誌!
電子書籍の「自炊」を3時間で初体験

電子書籍自炊に最強の組み合わせ



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)






スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる