スポンサードリンク


Apple TVが我が家に来た!huluも!


ご覧のように手のひらサイズ


KAYSと相互リンクを貼ってくださっているアグルさん(右側に相互リンクの表示があります)のブログ。以前、Apple TVが良いとの記事を読ませてもらったことがあります。この製品、それからずっと気になっていたんです。

簡単に説明すると、テレビにつなぐことによって、LAN(有線or無線)経由で映画やPodcast、YouTubeなどを見ることができる装置です。小型で大きさは手のひらサイズ。しかも、Air Playという機能により、PCのiTunes内に入っているコンテンツを自由に視聴することもできますし、無線LANを利用してiPadなどの画面をミラーリングといって、大型テレビに表示させることも可能。多機能な機械なんです。それでいて値段は8000円台。

ただ、日頃映画をあまり観ずに音楽やラジオばかり聴いているKAY2にとっては「ま、今はSqueezebox Touchがあるからいいや」と思っていました。

ところが最近、KAY2が休日でも夜の仕事のため昼間に仮眠を取っていたりすることが増えました。すると、一人で暇をもてあましたKAY1、映画をTSUTAYAで借りて見るようになったのです。そう、KAY1、実は大の映画好き。ただ、借りてくるのはいいけれど、返しに行くのが面倒…ということで、いつも返すのだけはKAY2の仕事。うーん、何か変だゾ。

ま、それはさておき、ふと思い出したんです。そっか、今こそApple TVを買うタイミングじゃないか!

ちょうどKAY1の誕生日も迫っているからこれを贈り物にしちゃえ!値段も高くないぞ(「KAY2のケチッ!」KAY1談)。

appletv2wm.jpg
赤いリボンもつけてくれました。


ということで我が家にやってきました。せっかくなので、Apple Storeで購入する際にメッセージカードをつけてもらいました。ところが、このメッセージカード、文字が小さくて、老眼の始まっているKAY1が読めなかったというのはトホホなオマヌケ話、いや、オマケ話でした…(笑)。

で、セットアップしてみてさっそく使い始めると…便利ですねぇ…。無線LANの設定もパスワードを入れるだけだし、とても簡単。一通り機能を試してみましたが、iTunesの音楽やインターネットラジオなども「超簡単に」楽しめるので、それだけでも買った価値があるというものです。おまけにiPadのミラーリングは友人が遊びに来たときに、みんなで写真を見たりするのにとても便利ですねぇ。


appletv3wm.jpg
iTunesの音楽も呼び出して聞くことが出来ます。
アートワークの解像度を大きくしておいて良かった!



そして肝心の映画。実はこれ、レンタルの場合、1本300円~500円です。そして一度見始めると48時間の時間制限。その間は何度も繰り返し見ることができます。が、1週間に1~2本見るとして計算すると支払いは結構な額になります。TSUTAYAでは旧作は100円ですからねぇ…。

そう思いながらふと、メイン画面を見ていると huluと表示が…。

そうそう、今話題、1ヶ月980円で映画見放題のサービスです。お、Apple TVにはこれが入っているんだ!

だったら、こちらで映画を見た方が安上がり!

ということで、すぐさま契約。ところがここで一つ失敗しました。

実は、なにげなく普段使っているPCで契約をしたのですが(huluは元々Apple TVだけでなく、PCやタブレット、携帯電話、ゲーム機など実に様々な機械で見ることができます)、その場合、お試しの無料視聴期間が2週間ついてきます。ところが、Apple TVで直接入力して契約すると、なんとその無料視聴が1ヶ月に!(その代わり支払いがhuluへ直接の支払いではなくiTunes Store経由での支払いとなりますが)

少し早とちりしちゃいましたねぇ…。皆さんも、もしもApple TVを購入されてhuluに加入しようと思われるなら、ぜひ、この点にご注意を。

で、さっそくApple TVでhuluを楽しみ始めたKAY1。感想は、

「簡単だし、めっちゃ楽しいよ!」

だそうです。ま、映画の本数はTSUTAYAとは比べものにならないくらい少ないのですが、それでもアメリカのドラマなど、結構コンテンツ的に充実していますし、KAY2が好きなイギリスのテレビドラマ(BBC制作)を見ることができるのも嬉しいものです。

技術の進歩、本当に驚くばかりです。そして、Apple TVを最初に教えて下さったアグルさんに感謝です!

あ、一つだけご注意を。Apple TV、テレビとの接続はHDMIケーブルを使うのですが、なんと付属していません。ちょっと不親切。したがって、自分で別に買う必要があります。Apple Storeでも販売しています。ちなみにApple TV本体のサイズは小さいですが、HDMIのジャックは標準サイズです。

追記:
その後、ある日突然、ほとんどのメニューでえらくスタートに時間がかかるようになり、ついに、動画などの再生ができなくなりました。困ったときの常套手段、リセットをすると…。はい。「え?トラブル?何の事?」と言わんばかりに正常な動作に戻りました。うーん、やっぱりこうしたデジタル機器って、リセットを時折しなきゃいけなくなるというのはまだまだ大前提なのかもしれません。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



気持ちのいい(!)口からの内視鏡検査


例のごとく、事前に注意書きを渡されます。


乗り物に弱いKAY2、何がいやって、吐き気ほど嫌な物はありません。吐き気を感じるようなことを強要されるのだったら豆腐のカドに頭をぶつけてしまいたいくらいです。

そーなると、1年に一度の人間ドック、恐怖なのが胃のレントゲン検査での結果が「要精検(精密検査を要する)」となること。人間ドックはバリウムを飲んで、その後外に出すのがやや苦痛ではありますが、どうにか我慢できます。が、口から胃カメラを飲むのは…。

このブログをご覧の皆さんは数年前、KAY2がこの検査でひっかかり、色々調べたあげく、鼻から入れる内視鏡を実施する病院をみつけ、そこで精密検査を受けたことをご存じでしょう。結果、かなり苦痛は軽かったのですが、それでも何度か、吐き気を感じました。ま、今後は鼻からで我慢して受けるしかないな…と、そう思っていたのです。

口からの内視鏡であれば、もともと吐き気を強く感じる人間なので七転八倒するのは目に見えています。ネットなどで読んでみると、あまりの苦痛に、医師が止めるのもきかず「もうイヤっ!」とばかりに自分でするすると内視鏡を引き出してしまった強者もいらっしゃるようです。それほど、ツライそーなのです。先日訪れたある病院ではちょうど内視鏡検査を奥でやっており、ものすごいうめき声が聞こえてきたことも思い出されます。

そういうわけで、一生ご縁がありませんように…と思っていたのですが、人生、甘くなかった!

今回は人間ドックではないのですが、先日、お腹の調子が悪く、かかりつけの病院に行ったのです。話を聞き、触診をしたドクターから、

「KAY2さん、来週、胃の内視鏡検査をしましょう。」

話のなりゆきから、別の先生にお願いするわけにもいかず…

「あの、鼻からの内視鏡はやっていらっしゃらないですよね。」

「おあいにくさまですねぇ。うちは口からのみ。でもね、ちゃんと鎮静剤を打つから、楽ですよ」

楽っていっても個人差はありますよねぇ…とぶつぶつと口の中でつぶやくKAY2です。

で、内視鏡検査の日が近づくと、気分は憂鬱になってきます。泳げなかったKAY2が小学生時代に水泳教室の日が来るのがイヤでイヤで仕方なかった、そんな記憶がよみがえります。

で、当日。検査は午後3時なので、朝、スープを飲んで以後は絶食。とはいえ、キャラメルや飴はなめてもいいということで、助かります。

さ、10分前。「ままよ!」ということで覚悟を決めてクリニックに。

まず検査の準備室に通されます。ここに来たのは前回大腸の内視鏡検査の時。そのときは検査着に着替えましたが、今回は、着てきた服のまま。それだけでも少し落ち着きます。

で、検査の15分くらい前に紙コップ半分くらい、透明の液体を飲むようにと渡されます。

あまり味はありません。飲みにくくもなく、あっという間にコップは空になります。うーん、これ、なんだろう…。

しばらくして舌の付け根、動きが鈍くなりはじめます。あ、そーか。麻酔なんだ…と気付いたタイミングで検査室に。

名前の確認後、台の上に横になり、腕を出し、そこに点滴を。指先には脈拍と血圧を測る測定器のセンサーが取り付けられます。

ドクター、「じゃ、まず喉の麻酔をしますよ。口をあけて「アー」って言って」

噴霧器のようなものから霧状の麻酔が口の中に入ります。強烈な刺激で喉が焼けそう。いや、こりゃ、参ったなぁ…。

「KAY2さん、それじゃだめ、もっと大きく声を出して!」

と3回繰り返します。うーん、結構辛い。これで、まだ検査は始まっていないのですから…先が思いやられます。

「じゃ、鎮静剤を入れますよ」

と、ドクター。点滴の管を通して注射器のようなものから薬剤を注入。

「じゃ、マウスピースを咥えてください」

と言われて、従ったところまでは覚えているのですが…。

記憶、飛びました。

なんとなく意識の中でいよいよ管が入るのかな…と思っていたら、

「KAY2さん、終りましたから、しばらくこのまま休んでくださいね。」

「え?終わった??ご冗談でしょ」

再び記憶が飛びます。

次に意識があるのは検査終了後の休養コーナーです。そう、本当に検査は終わっていたんです。

管が挿入された記憶、まったくありません。見事にぐっすりと、心地良く眠り込んでいたようです。

信じられない気持ちでやがて検査結果を聞きに診察室へ。ドクター、胃の内部の写真を色々と見せてくれます。うわぁ、本当に撮ったんだ…と、やっとホントに検査したという実感が。

これ、いいですねぇ。こんなに楽なら、いや、気持ちイイくらいなら毎週検査があってもいいくらい!

とはいえ、鎮静剤を使うわけですから、ドクターも看護師さんもそれ相応の知識と技術、そして、対応できるだけの設備を整えていなければならないようで、どこでも出来るというわけではないようです。しかも、鎮静剤を使うことについては、お医者さんの中にも賛否両論あるようです。

でも、苦しいのはイヤだから受けないというよりは絶対楽に受けた方がいいと思う、意気地のないKAY2であります。

結果ですか?いや、それが色々ありまして…。当面、生活にいろいろと制限が出そうです。KAY2も年を取りました。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

フリーズドライのお茶づけに驚く


パッケージはこう。意外と地味です。


フリーズドライ、食品を急速冷凍し、乾燥させたものです。
以前、このブログでもアマノフーズや永谷園のみそ汁、親子丼、カレーなど、今どきのものは「凄い」という話を書きました。(記事の下に関連記事リンク)

その後テレビや新聞などでもよく取り上げられるようになりましたから、皆さんもよくご存じと思います。

で、その中でもみそ汁がすっかり定番となった我が家。アマノフーズと永谷園のみそ汁を交互に常備しているのですが、ある時、永谷園の通販でみそ汁を買う際に、お茶づけが気になりだしました。

永谷園のお茶づけ海苔、誰もが食べたことのある定番中の定番ですよね。あのおまけについてくる東海道五十三次のカードを集めた方もいらっしゃるでしょう。そのお茶づけがラインアップにあるんです。確かにあのお茶づけ海苔はフリーズドライを用いた製品です。でも、つぶつぶの、いってみればスープの素のような感じ。ところが、その「高級バージョン」として大ぶりの具材入りのものがあるというのです。「極膳 お茶づけ」という名前です。主に御進物用という位置づけのようです。俄然興味津々のKAYS。一緒に頼んでみます。永谷園、長年お茶づけで売ってきた会社ですから、お茶づけは「お茶漬けさらさら」、いや、「おちゃのこさいさい」くらいに得意中の得意なのだとは思うのですが。

で、届きました。みかけはみそ汁のフリーズドライなどといっしょ。冒頭の写真のように何の変哲もないパッケージです。それを開けてみても単なる四角の乾燥具材。

ochazuke2wm.jpg


さ、それでお湯をそそいでみたら。

「!」

ochazuke3wm.jpg

そうなんです。なんと大ぶりの焼き鮭の身が!

見た目にまず驚きます。そして口にしてみると、

「!」

シャ、シャ、シャケェっ!!!って感じ。(すっかり表現力のないKAY2です)

いやはや、これは普通に本物の切り身を入れたのと一緒。再現性が非常に高いのです。驚きます。歯ごたえもしっかりとしているし、風味も自然。乾燥具材とはとても思えない仕上がりです。

驚きました。

いや、確かにアマノフーズの親子丼やカレーの時にも驚きましたが、この鮭の感覚にはびっくりです。

ちなみにお茶づけのベースとなっている味はみなさんご存じのあの粉末のものと同一です。そこに豪華な具材が入った、そんな感じです。

というわけで、こちらはやや値がはりますが、ぜひ常備したい一品。その後、病気して食事制限を課されたときがありましたが、そのときにこのお茶づけがどんなに心の慰めになったか…。保存用のご飯と一緒にしておけば、地震や台風など緊急時のちょっとした贅沢にもなって心なごむ一時が送れるのではないかと思います。

技術の進歩、本当にありがたいものですねぇ。


KAYS フリーズドライに関する過去の記事は…、
フリーズドライって凄い ~ アマノ、永谷園のみそ汁
防災対策メモ 7 親子丼、具のフリーズドライ!


永谷園通販 極膳 お茶づけ

永谷園通販


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

京王の運行情報メール…



…って、使っています?

京王線、井の頭線の遅延などの情報を送ってくれるメールシステム。無料です(みなさんの携帯の料金体系によって通信費はかかる場合がありますが)。

これは便利ですねぇ。

最近、ちょっとダイヤが不安定な京王。おそらく新しく地下化した調布の運用が安定するまでの一時的な事態だと思いますが(人身事故、台風とやむを得ない事も多いですが)、それでも、実際に遅延が生じると電車がめちゃくちゃ混んだり、あるいは、駅間で電車が詰まって、まったく進まなくなったり…。通常10分かかるところが20分かかるなど、時間が読めなくなり通勤時には困ります。

仙川の住人であるKAYS、事前にメールでわかれば、バスで成城学園に出て小田急に…という方法で混雑を回避できます。あるいは、渋谷方面であれば高井戸など井の頭線の駅に直接向かったり。

携帯電話があまり好きではないKAY1は最初登録をしぶっていました。確かに休日の午前5時に遅延情報で電話が鳴ったりしたらいやですから…。で、KAY2だけ登録していたのですが、このところの遅延続き。やはり、背に腹は替えられないとばかり、KAY1も登録しました。

で、実際、助かりますねぇ。この秋の台風の際もしっかりと情報が届いていましたし。

というわけで、京王を利用されている方には「マスト」ともいえるサービスとも言えます。

ただ、登録はちょっとわかりにくい。京王の運行情報という形で検索してもなかなか見つからないんです。このサービス、どうも京王の携帯向けメールマガジンの一つという位置づけになっているようです。そこで、京王の「KEIO MOBILE NEWS」と検索してみるか、あるいは、携帯電話から直接、http://mail.keioseikatsu.com/m/にアクセスして空メールを送ることで、登録作業を開始できます。

京王のホームページ、運行情報からも登録のリンクが貼ってあればいいのになぁ…と思いますねぇ。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

ステレオ・ラジカセみたいな短波ラジオ


我が家のマスコット、「トロン娘」ちゃんが
気に入って離さなくなりました。なぁんてネ!



KAYSホームページのモノ・インプレッション、久しぶりに短波ラジオの記事が登場です。(こちら

短波ラジオが大好きなKAY2。このところKAY1の目が厳しく、ラジオを買うことも控えていました。が、この機種だけはその魅力に抗しきれず、買っちゃいました。TECSUNのPL-390という小型のラジオです。最近はPL-398MPというMP3再生機能をそなえた上級機種も出ています。

Made in China、最近の言葉でいえば「中華ラジオ」ですが、今時は製品によっては日本製と肩を並べるものが出てきます。このラジオも評判がとても良いので安心して購入。値段も7千円台。

で、何が魅力だったのかといえば、ずばり、ステレオ・スピーカー&外部入力端子です。

旅行で、iPod用の外部スピーカーと目覚まし用の短波ラジオの2つを必ず持ち運ぶKAY2。このラジオがあれば1台2役、荷物が減るじゃないですか!おまけに小さくて軽い(本体は200g。電池を入れても350g前後です)

というわけで、詳しく知りたい方はKAYSホームページのモノ・インプレッション、045の記事へ。

でも、日本からこうした製品が出てこないのは悲しいですねぇ…。価格で競争はできないとしても、これ、いろんなアイディアを投入してあり、その点、昔のSONY的な気風満載のラジオだと思うのです…。SONYさん、頑張って!







スポンサードリンク
プロフィール

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる