スポンサードリンク


英語放送周波数[A12]の掲載を始めました




KAYSホームページ最長の歴史を誇る(笑)コンテンツの一つ、「現在よく聞こえる英語短波放送周波数一覧」の改訂を始め、今日、すでに一部の時間帯を掲載しました。季節は「A12」という春~夏のスケジュールです。

前期までは、すべての調査を終えたあとで一挙掲載していましたが、今回から、わかった時間分だけを取り急ぎ公開し、数日で全部完成させるという方式を試験的に採ってみました。したがって、一部、周波数の掲載されない時間帯が数日間残ります。ご了承ください。ただ、リンクで以前の周波数一覧も残すことにしましたので、その間、そうした時間帯については前期の周波数を参考にしていただければと思います。

お空のコンディションはお約束通りすでに夏のコンディションに向かっており、高い周波数で多くの放送が聞こえます。子どもの頃、暖かい季節になると、とたんに15MHz帯や17MHz帯でヨーロッパやアフリカの放送局が沢山聞こえるようになりワクワクした体験を思い出します。今期も朝4時台にはスペインが強力に入りますし、6時台には大好きなDW(ドイチェ・ヴェレ~ドイツの国際放送)が3つの周波数で良好に入ります。DW3兄弟(と勝手に名付けました)はいずれもルワンダ送信のようですね。

仕事の面で1年にわたった長期プロジェクトも一段落し、やっとラジオをゆっくりと聞けるようになりました。ホッ。(^^)





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ラジオの買い替えで起きた不思議な偶然

ofuroradio2wm.jpg
こちらが東芝の防水ラジオ。
お風呂や台所で使うためのものです。



KAYSのホームページ掲載のモノインプレッション、今回はお風呂用ラジオ、東芝の CUTEBEAT シリーズ、TY-BR30です。

二人が10年以上使っていたSONYのラジオの買い替えでした。現在購入できるお風呂ラジオの中ではもっとも信頼性が高く、性能も良い製品の一つです。

で、不思議なことが起きました。

我が家では以前から、愛用した製品を手放す際、記念撮影をします。愛着のある製品です。将来、細部がどうだったか、思い出したくなることもあるかもしれませんし、あるいは、ブログやホームページで関係した記事を書きたくなるかもしれません。そんなときに写真があると便利です。

で、写真を撮って、「いままでありがとうね」と心の中で感謝して…ということをしていました。

最近読んだ近藤麻理恵さんの本「人生がときめく片づけの魔法」の第4章にも同じ事が書かれていてびっくりしましたが、意外と皆さん同様にしていらっしゃる方も多いのでしょう。

ofuroradio1wm.jpg
長年お世話になったSONYのお風呂ラジオ


で、今回もそう。東芝のラジオが届き、お風呂に置きます。そして、長年尽くしてくれたSONYのラジオをお風呂から居間に持って行き、記念の写真をとって、心の中で感謝して、最後にもう一度、スイッチを入れたら…。

無音。

そう、なんとSONYのラジオ、壊れてしまったのです。

驚きました。上記近藤さんの本にも同様の体験談が書かれているのですが、まるで、自ら潔く身を引いたような感じじゃないですか。

というわけで、益々いとおしさが募り、何度も何度も心の中で感謝の言葉をくりかえしちゃいました。

こんな偶然もあるんですねぇ…。

さて、新しく登場した東芝のラジオ君、優等生で、お風呂の名脇役となって活躍中です。くわしくはKAYSのホームページ掲載のモノインプレッションでどうぞ。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/









ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

鉄ちゃんは実用度120%

teishimokuhyouwm
写真真ん中の札。駅のホームからご覧になったこともあるでしょう。
停止位置目標、あるいは停車位置目標と呼ばれています。
電車の先頭がぴったりその位置に止まります。
8とか10などの数字が書かれていることがあります。
その場合、何両編成かによって止まる位置をわけています。



KAY2、鉄分、入っています。このブログをご覧の皆さんはご存じの通り。

そして、鉄っちゃん(鉄道ファン)と呼ばれる人種、かつては相当虐げられた存在でした。社会でカミングアウトできなかったくらい。

最近鉄道関係のテレビ番組なども増え、やっと市民権を得てきましたが(女性鉄っちゃんも出てきたくらいです)、それでも世の鉄道オタク男性達が女性たちからモテる存在かといえば…。

KAYSの二人がおつきあいをはじめた頃、KAY2に鉄分があるとわかったKAY1、ちょっとビミョーな気持ちがしたそうです。ま、当時の女性ならば誰でもそうだったでしょう。(あれ?今でも?(笑))

で、実際に生活を始めてみると、次第に「あら、意外と便利ねぇ…この人使えるかも」ということがあったそうです。「使えるかも」だなんて、いやね、失礼しちゃうわ!(なぜか昭和の頃の女性言葉で反応するKAY2)。

例えば…。

京王線沿線に住むKAY2の家に行くために始めて京王線に乗ったとき…、KAY2はホームをズンズン歩いて先頭に。もう、もっとゆっくり歩いてよ。それに、先頭?いやだ、この人、子供みたい。電車の一番先頭が好きなんだ…と思いきや、

「京王線は先頭車両と最後尾車両が空いているんですよ。特に八王子寄りの車両がそう。ですから、座れる確率が高い。それに先頭車と最後尾車両は電車を動かす動力が付かないんです。したがって、非常に静か。乗り心地がいいんです。空いてて乗り心地がいい、最高でしょ?」

一瞬、どう反応していいかわからなかったそうです。でも、確かに乗ってみるとそれほど混雑していない。中程の車両はあんなに混んでいたのに、実際に座れちゃいました。でも、座る直前、

「あ、KAY1さん(まだ付き合いが浅い頃なのでさん付け)、そこじゃなく、ここに座りましょう」

とシートの真ん中。

「普通、シートは端が人気あるんですよね。傘を掛けられるし、片方に人はいない。それに、頭が戸袋の壁につくので、居眠りにも便利。でも居眠りというと、シートの真ん中は窓の支柱が通っているんで、同じように頭をもたせかけられて楽ですよ。言ってみればヘッドレストが付いているようなものです。贅沢でしょ。」

たかが通勤電車で何が贅沢!?とあきれたそうです。が、確かに言われてみるとその通り。

また例えば…、

今まで使ったことのない地方の駅。整列乗車じゃないので、ホームに扉の場所の表示がなし。帰省シーズンでホームは結構な数の人で溢れています。始発だけれど座れるかなぁと不安になっていたら…。

「KAY1さん、こっちこっち、この辺りに扉が来ますから…。」

な、なんでわかるの!?

「あの、この路線の車両は1両が18mの長さで扉が2箇所なんですよ。ですから、先頭の部分から扉の場所って、大体わかる。で、問題は車両の先端がどこに来るかでしょ?ほら、あそこ見てください、白い木の札が立っているでしょ。あれは列車の先頭部分がここに来るという運転手向けの表示なんです。ですから、計算するとこの辺りに間違いなく扉が来るはずです。」

見事、立っていた場所に扉が来て、一番乗りに乗り込み、無事に座れることができました。それから3時間の旅でしたから、座ることができてどれだけありがたかったか…。

このとき、やっと「鉄道ファンは実用度が高い」とわかったそうです。

世の中の女性の皆さん、白い目で見ず、もっと「鉄っちゃん」を優しい目で見てあげてください。KAY2からのささやかな「自慢」を兼ねたお願いです。(爆)


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


インターネットってやっぱり素晴らしい…。




インターネット、我々の生活に数々の恩恵をもたらしてくれています。もちろん負の部分もあるのはご存じの通りですが、一方で人と人との繋がりを意識できる素晴らしい経験をもたらしてくれます。

昨年春、KAYSのホームページの「モノ・インプレッション」に Squeezebox Touch という家電製品のレビューを載せて以来そんなことを感じることがよくあります。インターネットラジオの機能と、ネットワークオーディオプレーヤーの二つの機能を兼ね備えているこの製品、日本では正式なリリースがされていません。さらに、日本語の表示がデフォルトではできないという問題がありながらも、素晴らしい機能と抜群のコストパフォーマンスで、日本でも個人輸入される方がかなり増えています。

そして、この製品、ロジテックというアメリカの会社が出しています。日本でもロジクールというブランドで様々な製品を販売しているメーカーですが、この機種だけは発売の兆しがありません。また、日本国内では珍しい機種を紹介している雑誌などでもほとんど紹介されていません。おそらく、何か事情があるのでしょう。あの「ラジオライフ」でも紹介されたことはないと記憶します。つまり日本のメディアに接しているかぎりはこの製品と出会うチャンスはなかったのです。

そこがインターネットの素晴らしさ。ある方のブログでこの機種の存在を知ったのです。

そして、この製品に関して先人たちのブログやホームページ、あるいは2ちゃんねるに掲載された様々な知恵をいただき、KAY2もどうにか活用できるようになりました。そして、自分自身でも試行錯誤した部分を逆に、恩返しのつもりで、HP上で公開したのです。

すると、すぐに、その先人のお一人が、KAY2の記事を読んでくださったようで、どうしても出来なかった部分(フォントの入手でした)をわかりやすくご自身のブログで解説してくださり、そのことを教えてくださったのです。これは助かりました。そして、ネットの繋がりの素晴らしさに嬉しくなりました。

そして、今度は逆に何人かの方からメールでご質問をいただき、それにお答えしたりしていたのですが、先日、別の方からメールが。KAY2のHPで書いていた「radikoを聴こうとするとエラーが出ます」という一言に、丁寧にその解決法をわざわざメールして下さったのです。そのアドバイス通りにしたら無事に問題が解決し、radikoも楽しめるようになりました。

さらにさらに、その後、あの「美人時計」を Squeezebox Touch で動かすためのアプレットを開発された方から連絡をいただきました。そして、その設定方法とダウンロードページはこちら。http://eltrium.sakura.ne.jp/Squeezebox/Applets/BijinTokei/index.html 教えて下さった匿名希望さん、本当にありがとうございました。

いや、もう感激です。

貴重な情報をこうして善意で寄せてくださる方々がいらっしゃるのです…。

やっぱりインターネットには心から感謝です。そして、そのネット社会を支える人々、素敵な人が多いのです。ネットがなければきっと出会わなかった人たち、そして、あり得なかっただろう繋がり…。

そう考えていくと、インターネットというのは想像以上に人類を変えている、もしかして人類の歴史上始まって以来最大の社会革命を起こしているのだという思いを強く持つこの頃です…。

うーん、今日は「超」まじめなKAY2であります。たまにはネ!(笑)


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/








ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

仙川の新店舗~とり衛門とメル・クレール

toriemon2wm.jpg
これが「とり衛門・仙川店」の有名なレバー


このところ調布市仙川で新規オープンのお店があればダントツの早さで紹介しているKAYS。なにせあの「調布経済新聞(http://chofu.keizai.biz/)」がKAYSの記事を後追いするくらいなのです!(ウソウソ…偶然です)と勝手な自画自賛。

でも、今度は逆です。

ある日商店街を歩いていたら、大戸屋の向かいで立ち止まります。「ん、このお店の2F、新しい料理屋さんができてる!」とKAY1。

そして入り口には黒板と調布経済新聞の記事のコピーが。そこでその記事を読みます。

ほぉ!これはそそられます…。

というわけで入ってみました。お店の名前は「MER CLAIR(メル・クレール)」

merclairwm.jpg
「メル・クレール」。入り口の表示です。


メニュー的にも内装的にも洋食カフェ&バーという雰囲気が一番ぴったりくるようなお店です。カクテルの種類も大変多いですし、もちろん焼酎、日本酒も。ビールはキリンの一番搾り生、そしてグラスで飲めるワインも数種類。へぇ、ちょっとした時に寄ってゆっくりするのもいいですねぇ。バーのカウンター越しには大型テレビ。そしてスポーツ観戦…。ふむ、これはパブとも言える感じですねぇ。と、いろんな色を併せ持った今までにないタイプのお店です。そして、調布経済新聞でも紹介されていた、重要な特徴…。「四国」。そう、シェフの奥様が愛媛のご出身ということで、讃岐うどん、じゃこ天などのメニューも。

四国の方の郷土愛、とりわけ食に関する愛情はとても強くて深いと聞いたことがあります。現にKAY2の仕事仲間の一人は松山出身ですが、とにかくうどんの目利きが凄い。そして、絶対に、彼が「心を許した」四国出身の方々が経営するお店でしかうどんは食べない!と宣言しているくらいです。

というわけで、四国出身者の方にとっては特に喜びの大きなお店ではないでしょうか。

今回はおつまみをちょっととお酒だけを楽しみましたが、今度はぜひ洋食も食べてみようと思っているKAYSです。

調布経済新聞。KAYSはこれからも記事を楽しみにしています!と思って、新聞の発行元を調べようとページの下の方を見てみたら…あ、「ちょうふどっとこむ(http://chofu.com/)」さんなんですね!KAYSはホームページで相互リンクを張っています。今になって気づきました。いつもお世話になっています。m(_ _)m

toriemon1wm.jpg

そして、今回はもう1店舗。とり衛門(とりえもん)。

以前、このブログ(こちらの記事です(http://kays1998.blog123.fc2.com/blog-entry-331.html)、あ、こっちは調布経済新聞さんの記事より早いゾ!)にも書きましたが、2月6日にオープン。月が変わってやっと行ってきました。小さなお店です1Fはカウンターが5席とテーブルが1つ。2Fもあるようです。

まだ新しい木の香りがします。

女性のスタッフが2人。そしてホールの料理担当は男性がおひとり。「今日はもう一人が休んじゃったんで、料理に時間がかかります」と説明。この小さなお店で通常は4人体制なんですね。本日は特殊例ということで残念でしたが、普段なら料理も早く出てくることでしょう。

で、このお店、調布の有名店で、三大名店と謳われるとおっしゃる方もいらっしゃるくらい。その支店なんです。

霧島地鶏を使った鶏の料理が自慢。そして、焼酎、日本酒も専門店にくらべれば決して数は多くないけれど、良い品をそろえています。ワインも定番のカリフォルニア。そして瓶ビールは赤星で知られるサッポロラガー(我々も大ファン)。こだわりが感じられます。

野菜を食べなきゃ…という我々にとって、お通しはうれしいもの。キャベツだけでなく、ミニトマトと、大根、キュウリ…。スティック野菜の感覚で出てきます。まず、これがうれしい。

このお店の名物メニューのレバーを頼んでみると、出てきた巨大なレバーにまずびっくり。そして、ほおばってみると、やわらかくて口の中でとろけるようにほぐれてきます。まるで、マカロンのような食感でありながら、しっかりとうまみが出ています。やっぱり「名物」と言われるだけのことはありますね!

もっと野菜を食べなきゃ…ということでさらに頼んだ蒸し鶏とトマトのシーザーズサラダも、しゃきっとした水菜が入っていて、これも体が喜びそう。

というわけで、料理もお酒も「はずさない」お店です。カウンターにはすでに常連さんとおぼしきお一人のお客さんが複数。すでに定着の兆しですねぇ…。

以前、「きくや」の項目に書きましたが、KAY2の父が上京してきたとき、「やきとりのおいしいお店を探しておいて」と言われ、仕事仲間のK君に尋ね、「きくや」を紹介してもらいました。ご存じ仙川でも歴史のある名店。そして連れて行った父親も大喜びでした。そして、もし今、同じことを言われたら、迷っちゃいますねぇ…。もちろん、雰囲気や方向性のまったく違うお店です。が、焼き鳥の美味しさでは間違いなく両者ともおいしいですから…。

KAYSが初めておじゃました日、まだ、開店まもなくということで、急な料理担当者の休みという窮地、大変だったでしょうが、きっと、そのうち、そんな場合の対応もスマートにできるようになるでしょう。先が楽しみなお店がまた一つ増えました。

またもや仙川に住んで良かった…と思う毎日です。

MER・CLAIR(メル・クレール)
  電話:03-6909-0860
  住所:調布市仙川町1-16-4 2F
  時間:17:00~23:50(日曜日は23:00まで)
  定休:月
  値段:1000円~3000位
  場所:仙川駅より徒歩3分
  メニュー例: キリン一番しぼり生 500円
         じゃこ天うどん 680円
  ブログ:http://ameblo.jp/merclair/

とり衛門・仙川店
  電話:03-5969-8423
  住所:調布市仙川町1-10-19
  時間:17:00~23:30
  定休:日
  値段:1500円~3000位
  場所:仙川駅より徒歩2分
  メニュー例: サッポロ 生ビール 中ジョッキ 500円
         串焼き レバー 150円


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる