スポンサードリンク


大腸内視鏡検査を体験 2 検査前日


この箱の中に一日3食分と間食が入っています。とってもコンパクト。


検査の前日。病院からいただいた検査食を朝昼晩と食べます。「サンケンクリンMO」という名前のもので、箱に入っており、朝、昼、夜&間食とセットになっています。

災害時の非常食をイメージすれば良いような内容です。朝のレトルトおかゆはしっかりとした量。ちなみに以前はビスケットのようなカロリーバーの昼食が朝食で、おかゆは昼食だったそうですが、働く人たちに不評。だって職場でおかゆはあっためられないでしょ…ということで入れ替わったそうです。そう、昼食がカロリーバーなんです。で、昼食に午後の紅茶の缶もついてきます。業界に詳しいKAY1によると、この午後の紅茶が加わった当時「キリンが医療食に参入」と話題になったそうです。

ところで、今回の病気に関してネット情報を色々と探していたときに「急性&慢性膵炎」というのが気になりました。幸いにも今回はそれとは症状が異なったけのですが、大酒飲みであるKAY2にとっては人ごとでない病気であるとわかりました。こうしてみると、日頃の飲酒に関しては本当に病気との紙一重であるんですねぇ。皆さんもご注意を…呑んべぇのKAY2が言っても説得力ないですが。(笑)

夕食はスープのみ。それでも、このところ絶食気味のKAY2は満腹で、それ以上食べたいとは思いません。

ところで、それで足りない人のために、間食と称して、あめ湯、ビスケット、そして粉末ジュースというのがついてきます。それにしても、「あめ湯」、「粉末ジュース」とは…は「思いっきり昭和!」じゃないですか。そして、お味ですか?もちろん昭和30年代風!

さて、夕食後、最初の下剤です。マグコロールP。水に溶かして飲むのですが、これが、結構強烈なお味です。スポーツドリンクを5倍くらい濃縮してカルピスを加えた感じ…と言ってわかってもらえるでしょうか。氷を入れてごまかしつつ180mlを飲みます。効果は激烈。1時間くらいで強烈な便意の波状攻撃にさらされます。最初は出てきた物凄い量と勢いに我ながらびっくりします。その音をトイレの外で聞いたKAY1が「凄いねぇ。爆弾が破裂したみたい」。

とはいえ、数日前から絶食気味だったので、胃や腸の中にはそれほど食べ物が残っていないはず…ということで、あとはひたすら水分を排出するだけになってしまいます。10分おきの便意というのは結構強烈な体験ですねぇ。ところで実は同じ検査の先輩であるKAY1(昨年同じ検査を同じドクターから受けたのです)曰く。

「今晩はオナラが出そうになったらかならずトイレに行くこと!」

確実に「実」が出るとか。くわばらくわばら。

その後、明日飲まなければならないムーベンという腸管洗浄剤をつくります。点滴のバッグを大きくしたような透明な袋に白い粉が入っており、それに水を2リットル入れて溶かします。それを冷蔵庫で冷やすのです。別に当日つくって冷やさなくても良いのですが、飲みにくいのだそうで、冷やすことで少しでも飲みやすくするそうです。うーん、そう聞くと、イヤな予感だなぁ。そしてできあがった2リットルの袋を見ると…げんなり。これ、ホント、明日全部飲むの???

その後就寝前にはさらにプルゼニドという下剤(錠剤)を飲みます。

波状攻撃は2時間ほどでおさまり、その後は眠りにつきますが、夜中、何度かトイレで目が覚めました。

次回に続きます。


大腸内視鏡検査体験記事(大腸憩室炎):
大腸内視鏡検査を体験 1 発端
大腸内視鏡検査を体験 2 検査前日
大腸内視鏡検査を体験 3 ムーベンを飲みやすく工夫!
大腸内視鏡検査を体験 4 検査
大腸内視鏡検査を体験 5 大腸憩室炎とは
KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

大腸内視鏡検査を体験 1 発端


病名のわからなかったAクリニックで処方されたお薬は奇跡的に病気にドンピシャ合うものだったのは不幸中の幸い。Bクリニックのドクターが感心していました。


今回から5回シリーズで、KAY2が受けた大腸の内視鏡検査の体験記を掲載します。

近年、日本人生活が欧米化してきたことにより、大腸ガンなど大腸に関わる病気が増えてきているといいます。思いっきり欧米的で肉食&酒飲みのKAY2。いつかは大腸の検査をした方がいいと思いながら、検査が怖くてて勇気を出せず、いままで来ました。

ところが、ある日、下腹部の痛みで目が覚めました。ズドーンとした痛みで、なんだか、腹筋をやりすぎたあとの感じにも似ています。筋肉がつったような痛みが間欠的に襲います。お腹も張っているようです。その日は休みだったのですが、仕事が忙しく休日出勤したのですが、どうにも辛さが続きます。

ただ、もともと胃腸が丈夫ではないKAY2、ま、いつものことさと思い、そのままにしていたのですが…。数日後、珍しく寒気を感じ、あわてて熱を測ると38度以上出ています。あ、お腹にくる風邪か!と納得してしまいます。ここ数年風邪をひいたことがないので、珍しいなぁと思いつつ。仕事場近くのAクリニックに駆け込むと「うん、お腹に来るかぜでしょう」。ということでお薬をいただいて仕事に戻ります。

翌日熱が下がったので安心しつつも、腹痛は続き…、ふと気付くとここ数日排便のないことに気付きます。これは超珍しい。何も取り柄のないKAY2ですが、便通だけは昔から抜群に良いのです(そんな自慢してどうするの!?)。痛み発生から1週間後の朝、トイレでギョットします。便がトマト色だ。今度は別のBクリニックに駆け込みます。

ドクターがお腹を押さえると左の下、痛みます。そして、尿、血液、レントゲンと検査が進み、ドクターの表情が深刻です。

「これ、風邪なんかじゃないですよ。いま、すぐに入院した方がいいんだけど…。」
「え?いや、これから徹夜で仕事なんですけど…」
「じゃ、いざというときに備えてすぐに救急を呼べる状況にして仕事してください」

血液検査の結果、半端じゃない炎症を起こしているそうで、しかも、お腹が詰まりかけている。この症状は…二つ可能性があるとのこと。というわけで、とりあえず絶食し、Aクリニックでもらっていた抗生剤を飲みつづけることになりました。Aクリニックの見立て、全然だめだったのですが、薬の処方だけは奇跡的にOKだったとBクリニックのドクターは説明してくださいました。とにかく規則正しく薬を飲み、抗生物質の血中濃度を一定に保ちます。そして、水分を十分にとり、空腹を飴で満たし…。2日後、ようやく痛みが治まり、便通が再開。トイレで踊っちゃいました。うれしくて。

2日後、Bクリニックに行くと、ドクター、「よかったですね。治まって。でも、本当の原因を調べないと。今ね、KAY2さんのこの症状から考えられる病気は二つなんです。」先生は淡々と説明してくださったのですが、なんと、その一つの可能性がガン。で、もし、こんな風に腸が詰まるということは進行した大腸癌かも!うわぁー、どうしよう!!!

ということで、あれほど怖がっていた内視鏡検査、別の意味での怖さを感じながら、数週間後に受けることになりました。

検査前日に食べる食事セットと、下剤などのセット、そして、承諾書の写しを持って帰宅です。

ところで、ドクター、いい感じの方でした。こちらの疑問に的確に答えていただき、そして、お話しもわかりやすい。あとで、業界に詳しいKAY1から「あの先生、医学界では内視鏡の大変な名人で知られているのよ。KAY2、見てもらって幸せだと思わなきゃ」だそうです。

次回に続きます。


大腸内視鏡検査体験記事(大腸憩室炎):
大腸内視鏡検査を体験 1 発端
大腸内視鏡検査を体験 2 検査前日
大腸内視鏡検査を体験 3 ムーベンを飲みやすく工夫!
大腸内視鏡検査を体験 4 検査
大腸内視鏡検査を体験 5 大腸憩室炎とは
KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

仙川に素敵な洋食屋さん登場 となりのキッチン市原亭




さて、先日「ワイン場」を紹介するきっかけとなったASAのおむすびクラブ。実はもう一言あったんです。それが気になっていました。

「白百合の近くにはパン屋さんと洋食屋さんができたよね。」

洋食屋さん?それは貴重だ!!

白百合の近くということは、もしかして、あの「奇跡の名店街」とKAYSが名付けている一画でしょうか?そう、「いせや」、「ラ・マンチーナ」、「ガネシャ」、そして、今はなき「さんなすび」と超名店のそろう一画。

仕事を終えて仙川駅改札で待ち合わせたKAYS。最近、シンクロニシティが多く、またもや同じ電車に乗り合わせ、合流し、白百合方面へと向かいます。

そして、思った通りでした。もともと「さんなすび」があった場所、そこに洋食屋さんがあったのです。

外に出してあるメニューに、まず、軽くノックアウトされました。定番の洋食メニューのほかに、焼魚御膳など、まるで和風食堂や居酒屋のような品目も。

お店に足を踏み入れてまず、不思議な思いにとらわれます。内装は確かに新しいのですが、店に張り出されているメニューや全体の雰囲気、まるで何年もやっているような、そんな「こなれた」雰囲気があるのです。

お店はご夫婦できりもりされています。ご主人が厨房担当。奥様はホール担当。とても人当たりの良く明るい奥様と話してみて謎がとけました。

「となりのキッチン市原亭」、7月まで笹塚駅近くで長年営業していたのだそうです。それが諸般の事情で移転することになり、この場所を選ばれたそうで、オープンしたのは10月8日。「わいん場」がオープンした翌日です。

メニューを見て再びその品目の多さに驚きますが、それだけでなく、さらに黒板にも多数のメニューが。もちろんデミグラスソースのハンバーグに代表される洋食のメニューもふんだん。さらに、鯖の味噌煮や厚揚げ、きんぴらなどのメニューも。飲み物も日本酒の有名銘柄がいくつか並んでいます。現に我々の前に座ってらした男性3人組は、まったく居酒屋感覚でビールやお酒を飲みながら和風のおつまみを楽しんでいました。

お店のおすすめはやはりデミグラスソースのハンバーグ。そして、ゆずの香りのするポークソテーもご自慢とか。ただし、おひとりで調理されている関係で、料理ができるまで多少時間はかかるとおっしゃっていました。おすすめの2品を頼み、まずは、ビールで乾杯。

ビール、ザ・プレミアム・モルツの生です。もちろん綺麗できめ細かい泡に、高貴なホップの香り。のどが鳴ります。

そして出てきたお通しにまたびっくり。なんと、ローストビーフにサーモン、そして枝豆。なんと贅沢でおもしろいお通しでしょうか!

ビールの後はせっかくなのでワインを…と奥様に尋ねてみると種類は多くありませんが、ボトルあたり3000円台を中心においしいワインがそろっているようです。もちろんハウスワインのグラスもあり。

出てきた2品はお店のご自慢通り、「おかわり!」と叫びたくなるような素敵な味わい。ドミグラスソースは、とにかく時間をかけて丁寧に作った感じがうかがえます。このお店、ソースもドレッシングもすべて手作りなんだそうです。ご主人の朝早くからの丁寧な仕事ぶりがこの素敵な料理に結実しているわけですねぇ。

寡黙に、そして真剣な表情で料理を続けるご主人も、お店を出るときにはニコニコと送り出してくださいました。

洋食屋さん、定食屋さん、居酒屋さん、3つの顔を持った「となりのキッチン市原亭」、本当にありがたいお店ができました。繁盛していくのは間違いないでしょう。

駅の南にレストラン・ナカムラ、そして北に市原亭と、仙川は洋食に困らない町となりました。

そして、繰り返しますが、この「奇跡の名店街」の一画、本当に不思議です。やっぱり風水???


追記
喫煙OKということで、気管支の弱いKAY2はやや苦手な面もあります。が、幸い、厨房の換気扇は強力なようで、たばこの煙をそちらに見事誘導してくれます。ということは、換気扇の手前にあるカウンターに座ると、たばこが苦手な人はちょっと困るかもしれません。そういう意味ではテーブル席がおすすめです。


となりのキッチン 市原亭
  ランク:A+
  電話:03-6909-0874
  住所:調布市緑ヶ丘1-10-19
  時間:11:30~14:30
     17:30~22:30
  定休:火・祝
  値段:1000円~3000位
  場所:仙川駅より徒歩10分
  地図はこちら
  メニュー例: プレミアムモルツ 中ジョッキ 590円
         ホテルメイドの三週間かけて煮込んだデミグラスハンバーグ 1050円
  クレジットカード:


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

 

日本のワインを大切にする「わいん場」(仙川)



「最近、若葉町に新しくワインバーができたんだって!」

ある朝、新聞にはさまれたASA仙川店「おむすびクラブ」の一言を見て「え、本当?」

この「おむすびクーポン」のついた通信はKAYSにとって、とても貴重な情報源で重宝しています。

翌日、お店を探して若葉町をさまよい歩こうと決めました。若葉町というだけで、どこにあるのかは皆目見当つかず。

ところが、さまよう間もなく、KAY1の大好きな四川料理のお店「楽山」の隣、シャッターの閉じた入り口に「わいん場」との表示が。あっけなく見つかりました、

KAY2はちょうど病み上がりで、精密検査の結果も出たばかり。快気祝いをしたいという、便利な言い訳もできました。

そこで、夕方18時、開店の時間まもなくにお店へ。

お店の外装はのれんがかかり、「ん、呉服屋さん?」という感じのトラディッショナルなイメージですが、一歩足を踏み入れると…、内装、シンプルな、まるでイタリアかスペインあたり、南ヨーロッパの居酒屋のようです。

お店に入ると開店時間直後ということで、最初はお客さんが他にいず、お店の人と話しこみます。ご主人はイタリアワインなどの仕入れをしている商社に勤めていたことがあるそうで、大のワイン好き。そして奥様とおぼしき方ももちろんワイン好き。

開店は10月7日。夏から、ずっとお二人で内装をやってらしたそうで、まさに手作り。壁もすべてお二人が塗られたそうです。大きなカウンターの下には樽が支えとしておかれています。この樽は栃木県のCOCOファームのものだそうです。お二人は「今、日本のワインがおもしろい」と全国のワイナリーを訪ねていらっしゃるようで…ということでおわかりのように、このワインバー、今破竹の勢いで日々進化中の国産ワインに力を入れているお店だということがわかりました。もちろん、フランスやイタリアのワインもあります。

ご存じのようにここ10年ばかり日本のワインが大好きになったKAYS。お話を聞いていてうれしくなります。この日はグラスワインが赤、白と3種類ずつ。それにスパークリングが一種類。そのうち、何と赤と白にKAY2のふるさと島根県の奥出雲ワイナリーのワインがあったのです。これには感激。

島根出身のKAY2が奥出雲ワインの自慢をすれば、熊本出身のKAY1が熊本ワインの自慢をし(もうすぐ入荷するそうです)。そして、新潟出身のご主人は新潟のフェルミエを紹介という風に、ほとんどお国自慢大会ができるくらいに日本のワインって、すばらしい品質の時代になったんですねぇ…と改めて実感。

グラスワインがなんと300円台からというのもすごいですねぇ(この日は南アのワインが300円でした)。料理の種類は少な目で、軽いおつまみが中心ですが、ワイン好きにはたまらないメニューがそろっています。特にKAYSが頼んだポトフは、ハーブが効いて、ワインにばっちり!白ワインにも赤ワインにもあうお味でした。

また、生産者の方々とのつながりも深めていらっしゃるようなので、将来は試飲会のようなイベントもきっと開かれるようになるに違いありません。

とにかく、シンプルに、気軽にワインを楽しめる…そんなカジュアルなお店です。

笑顔が素敵なご夫婦とお話しながら飲むのも楽しいですよぉ!

このお店で軽く飲んで、隣の「楽山」で本格的に食事するもよし、また、その逆もよし。ついでにお店から歩いて3分のゆけむりの里で汗を洗い流してもよし…。

仙川の駅からは少し歩きますが、目の前が若葉町2丁目のバス停なので、京王線を利用されない方で成城や狛江方面の方はバスで行くと便利です。

仙川でワインバー…と言うと、今まではカフェ・ル・サンセールに頼っていましたが、新たな選択肢ができました!日本ワインを愛するKAYSにとってはまさに奇跡のようなうれしいお店、ぜひ大切に応援していきたいものです。

わいん場
  ランク:A+
  電話:080-7022-2976
  住所:調布市若葉町2-22-10
  時間:18:00~23:30
  定休:日・水
  値段:2000円位
  場所:仙川駅より徒歩10分 若葉町2丁目バス停前
  ブログ:日本のワインで乾杯!(http://blog.goo.ne.jp/wine-ba)
  地図はこちら
  メニュー例: グラスワイン 300円~
  クレジットカード:


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

 

偉大なるカロリーの飴ちゃん!?


いくら絶食で飴だけ許されたといっても…、これはやり過ぎ???


3日間の絶食経験をしたKAY2。それでも救いは「お腹空いたら飴やキャンディーはなめてもいいですよ」とのお医者さんの言葉。これに救われました。

実際、空腹でKAY1の手を見ても食べたくなるような時、飴を食べるとホントに落ち着きます。

関西の親切なオバチャンたちがよく「あめチャンどうぞ」と飴やキャンディーを常備・携行して勧めてくれるのも、もしかしたら、彼女たちのサバイバル精神がもたらすものなのかもしれません。

で、ちょうどダイエットをしていた関係で、カロリー記録をとっていました。ん?絶食なのにカロリー計算?

そうなんです。たしかに固形物を摂っていないけれど、ジュースなどの流動物や飴はとっているのでカロリー摂取は相当なもの。で、あらためて、カロリー表示を見てみると…。

森永ハイソフト 1個 25kc
森永ミルクキャラメル 1個 21kc
カンロ ビー玉キャンディー 1個 17kc

ほぉ!やっぱり。高い高い。よく山で遭難しても飴やキャラメルで助かったという話がありますが、その通りでしょうね。凄いカロリーだ。だから逆にいえば山に登る人に飴は欠かせないし、それから、震災などへの常備品として、缶詰になったキャラメルというのもいいアイディアなんですね。

さて、そのキャラメル、食べ始めると1個だけで終わるはずないです。ま、特に今回は食事代わりに食べているので。1日に10個食べると、それだけで250kc。おまけにジュースも高カロリー。

オレンジジュース 300ccが150kc。

というわけで、絶食とはいえ1日に500kcは摂っている計算になります。

あれ?

今回、絶食ということで、KAY2は日頃口にしない飴やジュースを飲みました。でも、これらのものは、絶食しないで普通に食事している人も食べたり飲んだりしているはず。

あ、そーですよ。ということは、たとえばKAY2。普段、2000kc位の食事をとっていますが、それに飴やジュースを摂れば2500kcにもなってしまい、これは間違いなく太るはず。

そーなんです。みなさん。ダイエットという前に、こうしたモノを摂っていないか、よく考えて下さい。これだけで、食事を減らさなくともダイエットできるかもしれませんよ?


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

Squeezebox Touchを最大限に活用するNASが来た!


「最強のNAS」との評価が高いQNAPのシリーズの一つ。
ファンのない静かな製品、TS-119です。



KAYSが愛して止まない家電製品。それが Squeezebox Touch。何せ、膨大なCDコレクションをHDDの中に入れて、それを無線LANでどの部屋のオーディオからでも鳴らすことができるのですから。音質も Apple Lossless という可逆圧縮なので、mp3やAACなどの非可逆圧縮と違い、音質はCDと一緒。

で、一つだけ気になっていることがありました。それは、Squeezebox Touch を聞くために、別の部屋にあるPCの電源を常に入れていなければならないことなのです。電気代が無駄になっているような気がして。でも、実はこれ、いい方法があるのです。それがNAS。ネットワークにつながるHDDであるNASを導入すれば、Squeezebox TouchはPCを立ち上げなくともOK。いつでも音楽が聴けるのです。

というわけで、情報収集。中でも、Rock Listener's Guide To Jazz Musicというサイトがあり(こちらのトップページから「音楽よもやま話」→「音楽好きによるオーディオ道」→「ネットワーク・オーディオ」)、その管理人さんが詳しくそのシステム導入のお話しを書いておられます。このサイト、以前も見ましたが、その後新しい情報をいろいろとつけ加えられているんですね。とても参考になります。で、ある日、意を決して導入したのですが…。

実は道のり、平坦ではありませんでした。結構、問題が生じたのでです。

しかし、1週間ほどで無事、解決。そして、今や最高のオーディオ環境を手に入れたと言っても過言ではありません。ということで、モノ・インプレッションに詳しく書きました。Squeezebox シリーズで NAS を導入しようと思う方。参考になさってください。

あ、一つご注意を。KAY2、エラソーな事を言っていますが、基本的にPCに関して永遠の初心者です。その初心者レベルのレビューであるのはご承知おきください。また、そうはいっても、このシステム、導入しようとすれば、PCやLANの基本的知識は必要となります。KAY2の場合はモノ・インプレッションをお読みになればわかるように、どうにかこうにか、あえぎながらもできちゃった…ということで。(笑)

そして、今回の導入に大いなる道しるべを示して下さった Rock Listener's Guide To Jazz Musicの管理人さんに感謝です。


では!

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/








ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

ダイエットの友、おだむすびと関山のおにぎり


これがKAY2にとっての「ダイエットの友」、「おだむすび」


というわけで、妙な展開で終わってしまったプチ・ダイエット。ただ、ダイエット開始後4日目に書いていた記事をそのまま眠らせるのももったいないので、ここに掲載しますね。ついでに、絶食後のデータも後に加えてみました。

--------------------------------

先週宣言した「プチ・ダイエット」。順調に進行中です。今までの食事リストと摂取カロリー、そして体重の日ごとの記録です。例の To Do List からコピー&ペーストです。なお、アルコールは、一応ここでは0kcとしてカウントしませんでした。


【2010年 9月26日(月曜日)】
69.2g 朝、この体重にびっくりし、プチダイエット開始
朝:なし 昼:おにぎり2個(おだむすび) 350kc 
夜:トンカツ定食(食堂) 950kc
合計:1300kc

【2010年 9月27日(火曜日)】本日ブログで宣言
68.0kg 開始から-1.2kg 2日目 
朝:なし 昼:おにぎり2個(てしま) 400kc 
夜:厚切りステーキ定食(松屋) 900kc
合計:1300kc

【2010年 9月28日(水曜日)】
67.5kg 開始から-1.7kg 3日目 
朝:なし 昼:おにぎり(関山) 400kc 
夜:豚しゃぶ(しゃぶ葉) 1500kc
合計:1900kc

【2010年 9月29日(木曜日)】
67.6kg 開始から-1.6kg 4日目 
朝:なし 昼:ジュース 200kc 
夜:総菜(RF1) 1200kc
合計:1400kc


ね、一応順調。今までの経験から、ぼちぼち進歩の高原現象で、67キロ前後で体重減少が一旦ストップしそうですが、ま、1ヶ月が目標ですから、焦らない焦らない。

ところで、以前記したダイエット記録(こちら)にも書きましたが、ダイエット中最大の秘密兵器となりえるのが、「おむすび(おにぎり)」です。

どこでも手にはいる手軽さ。安さ。そして、1個が160~200キロカロリーというわかりやすさ。

これを二個、昼食にするというのがKAY2流ダイエットの基本。なぜ2個かといえば、合わせるとカロリーは400kc。あと、1400kc程度を夕食でとっても、朝食を食べないKAY2にとって合計の1日摂取量が1800kc。十分ダイエットできる量です。夕食の1400kcといえば、実は相当なカロリーですから、実際はもっと少なく「普通に」とれば、相当なダイエット効果が生じます。

しかも、おにぎり。それだけではお腹が空いて、夕方まで持たないよぉ…という人にも効果あり。2個一度に食べず、1個食べて、また、時間差で3時くらいにもう1個食べる…そうすると、空腹に苦しむこともありません。

そういうわけで、「最強」のダイエット兵器、おにぎりですが、重要な食材ですから、こだわりたいもの。そう、昼のささやかな楽しみ故、味気ないコンビニおにぎりではなく、美味しいおにぎりをたべたいもの。この点はKAY2、ゆずれません。

そのKAY2がひいきにしているおにぎり屋さんは2つ。

「おだむすび」と「関山(かんざん)」です。

最初に写真をお見せした「おだむすび」は、新宿を中心に展開する小田急グループのおにぎりやさんです。7年前、最初のダイエットで初めて知りノックアウトされました。とにかく具の量の多さ!焼きたらこなんて、おおぶりのたらこの、ほとんど半身が入っています。おまけに具のバリエ-ションも豊かです。シジミ生姜とかあさりの佃煮なんてのもあります。さらに、プチにぎりなんてのもありますから、もう一口!という欲求にも。

kanzanwm.jpg
こちらが関山。やや高級な味わい。

一方「関山」は持ち帰り寿司の「京樽」の経営。こちらはやや小ぶりながらも、強く塩のきいご飯が疲れた体に「じわーっ」と効いてきます。値段は普通ながら、味に高級感あふれるおにぎりです。

というわけで、みなさんもぜひご自分のお好きなおにぎりを見つけてみてはいかがでしょう。

さぁ、あと何日で実現するでしょうか?66kg。楽しみな「プチ・ダイエット」です。

--------------------------------

と、書いた後、10月1日よりご存じのように、病院で絶食を言い渡されます。その後の展開は以下の通り。

【2010年 9月30日(金曜日)】
66.9kg 開始から-2.3kg 5日目 
朝:なし 昼:おにぎり 400kc 
夜:串焼き、ポテトサラダ他(仙川・きくや) 800kc
合計:1300kc

【2010年10月 1日(土曜日)】
67.0kg 開始から-2.2kg 6日目 絶食開始
朝:なし 昼:なし 夜:なし 飴やジュースで500kc
合計:500kc

【2010年10月 2日(日曜日)】
65.9kg 開始から-3.3kg 7日目 
プチダイエットは終了 
朝:なし 昼:なし 夜:なし 飴やジュースで500kc
合計:500kc

ま、食べなければ体重は減る。そう、結局絶食は大きいですが、KAY2の場合、それこそ「特殊な事情」ですから、みなさん、くれぐれも真似をなさらぬように…。

も一つご注意を。ダイエット、健康状態によっては、身体をこわしたりします。危険な面もあることは十分ご承知ください。真剣にダイエットをなさるかたは、必ずお医者様の指導をうけてくださいね。

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

プチ・ダイエット宣言、意外な展開で終了




鳴り物入り(!)で始めたプチ・ダイエット宣言。その後の展開を知りたいという殊勝な方もいらっしゃるでしょう(笑)。お答えしましょう。

1週間で見事3キロ以上やせました。69.2kgあった体重が、現在は65.9kg。-3.3kgです。目標を4倍の速度で達成。

でも、実はこれ、妙な展開のたまもので、決してプチ・ダイエット宣言の成果ではないのです。

プチ・ダイエットを始めた9月26日、実は妙なおなかの張りに苦しんでいました。なんとなくいやな予感はしていたのですが、それがその翌日、寒気がし、熱を計ったら38度。ほぉ、おなかにくる風邪か!というわけで、大したことはないと踏み、そのまま仕事。異常に気付いてから6日目になって初めて病院に行ったところ、なんとぜんぜん別の病気の可能性を指摘されました。そして、検査の準備として数日間「絶食」を命じられているのです。こうなると、体重の減少はまるで落下傘。というわけで、今回のダイエットは途中で病気(絶食)による体重減少に入れ替わってしまいました。ついでに言うと、お医者さんによると、KAY2の状態は入院してもおかしくない状態とのことで、やはり、病気は自分で勝手に判断してはいけませんねぇ…。

というわけで、なんとも妙な展開の終了となりました。楽しみにしていらした方には申し訳ありません。

で、その病気ですか? 

そのうち詳しくお話しますね。これがちょっと「やっかい」かもしれません…。

明日さらに検査を受けてきます。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



スポンサードリンク
プロフィール

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる