スポンサードリンク


白内障手術体験記(多焦点レンズ)掲載!


手術直後は飲み薬2種類に目薬3種類。特に目薬、忘れずに入れるのは大変です。


「白内障手術体験記(多焦点レンズ)~レーシック後の白内障手術」をKAYSのホームページに掲載しました(まだ一部工事中を含みます)。

手術を受けたのが先週の今日。1週間が経ちました。

現在の状態を一言で言えば「素晴らしい!」

もともとレーシックを受けて視力が回復した左目とともに右目も遠方視力が回復。ホントに遠くまで良く見えるようになりました。景色を眺めてても本当に楽しくて、時が経つのを忘れてしまうくらいです。

一方、近方視力に関しては、多焦点レンズを入れた右目は、ちょうど20センチくらいが焦点の合うポイント。計算通りです。それ以外は急速にピントがぼけます。このピントが合うところ以外はかなり「ぼける」というのは事前の説明通り、かなりクリティカルです。

「見え方の質は本来の目からは確実に落ちます」とAドクターのおっしゃっていた意味が良くわかります。こういうことなんですね。

また、明るさと見えやすさが密接に関係します。暗いと、とたんにピントの合う範囲がせばまります。

KAY2の場合、老眼のため左目は30センチ以上離さないとピントがあいません。従って、本を読む際、やや慣れが必要。明るい所ではレンズの入った右目のピントの合う範囲が伸びるので、50センチくらい離した距離で読むと楽に読めます。で、暗くなってくると右と左でピントが合うポイントが違う上に狭まるので、どちらかの目を無視して読むか、もしくは+1.5の老眼鏡をかけるということになります。この老眼鏡をかけるとドンぴしゃ、綺麗に見えます。

また、手術直後にひどくなったスターバストなどの光のにじみも翌々日には落ち着いてきました。術後、安定するまでそれなりに日数がかかるというのは本当なんですね。逆に言えば直後に「うわ、失敗!?」と思っても慌てないことですね。

というわけで、しばらく試行錯誤しながら、新しい見え方に慣れていく必要があると思います。

しかし…。いやぁ、ホントによく見えるのに感激です。レーシック後の白内障手術、難しい度数計算を見事にこなしていただいたA大学病院のAドクターに心から感謝です。

というわけで、ご興味のある方、どうぞ、ホームページからご覧ください!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



サントリーウエルネスオンライン




仙川近況2~なんだか開店ラッシュ




昨年「仙川近況~なんだか閉店ラッシュ」を書きました。あれから1年、今度は逆に「開」店ラッシュの趣です。この1年を振り返ってみましょう。

・さて、このところKAYS的には一番の話題が「無印良品」のオープンです。引っ越した当初仙川になく一番欲しいものとしてKAY2は「松屋!」、そしてKAY1が「無印!」と叫んでおり、その両方がそろったことになります。「言葉に出して唱えればいつか夢はかなう…」という日頃のモットー通りに(それにしても夢が小さい!?)。無印、場所は「クイーンズ伊勢丹」の2F。そう、あの「ダイソー」が撤退した後、4月22日にできたんです。また同じ2Fにあった「クイーンズ・ドラッグ」が閉店、かわりに「バーム」というドラッグストア、さらにマッサージのお店、靴修理のお店も登場。

・そして、今年2月にはブロードスクエア内、「ディア・マザー」閉店の後にピザ屋さん、「サルヴァトーレ・クオモ」が登場。チェーン店ですが、なんとパブメニュー(焼き鳥!)もあり、さらにはデリバリーもしており便利なお店です。また、その並びに「ブルー・プラネット」というカフェがオープンしていましたが、残念ながら開店後わずか1ヶ月足らずで閉店してしまいました。

・また、「クイーンズ伊勢丹」のすぐ横、薬の「セイジョー」が閉店。代わりに豆腐の「茂蔵」の販売所がオープン。

・昨年12月、中華料理の「新華」が惜しまれつつ閉店。おばちゃんが注ぐ生ビール、最高でした。閉店は残念。その後には「ホルモン家族」が4月、オープンです。

・甲州街道と旧甲州街道との分かれ道にあったロイヤルホスト。80年代からあり、甲州街道をドライブする者にとってはある種仙川の象徴のようなお店でしたが閉店。その後地にチェーン店「焼肉きんぐ」ができました。

・駅前の商業ビルが取り壊しになりました。中に入っていた「ケンタッキー・フライ・ドチキン」、「庄屋」が閉店。同じく「ミネ薬局」は商店街入り口の新しいビルに引っ越しました。

・親子でやってらっしゃる人気焼き鳥店の「ねぐろ」、息子さんはフレンチの修行をされた方ですが、ついに「レストラン・バー、BLANCO」を開きました。リーズナブルな価格で美味しい洋食が味わえるとあり、早くも人気店に!ワインなどもリーズナブルな価格のものがあります。またランチもスープ&サラダ付きで650円から。味も良く、KAYSオススメのお店です。場所はタイ料理、「プラパポーン」があったところ。そーなんです、タイ料理の名店、「プラパポーン」、ついに閉店となってしまいました。(ホームページ、「おいしい店 in 仙川」にもまもなく加える予定!)

・さて、「ねぐろ」のすぐ横にあった「ビージー亭」が昨年閉店。その後に「蒔」(こちらも「おいしい店 in 仙川」に掲載予定)という素敵な和食のお店ができました。ご主人はフランスの日本食レストランで働いていた方。オープンと同時に地元のみならず各所で話題のお店となっています。

・仙川といえば最近では「美容室と焼肉の街」とよく言われます。そしてまたもや焼肉店が増えました。今度は「牛角」。すごいですねぇ、一体焼き肉店、全部で何店あるのか…。

・で、逆に仙川に少ないお店と言えば蕎麦屋さん。そういう意味でも貴重なお店ができました。「石はら」です。そう、あの世田谷の名店「石はら」の仙川店が「麦蔵」のすぐ横にできました。清潔な店内で自慢の蕎麦と酒のつまみがいろいろと味わえます。蕎麦好きには大ニュースだったでしょう!(こちらも「おいしい店 in 仙川」に加える予定です)

・仙川商店街にも変化が。おにぎりの「てしま」、商店街の中に移動です。そして、店内で食べることもできますし、店内メニューはおにぎりだけでなく丼物も。

・また、商店街に2軒のカフェができました。「JUN」そして「noop」どちらも素敵な内装で、ゆったりとした気分で過ごすことができます。

とまぁ、こんなところが仙川近況。

・そうそう、まだまだ変わりゆく仙川、何度もオープンが延期になっている和光堂工場跡地の大型店舗「島忠」、いよいよこの秋にはオープンの噂。また、その斜め前に8F建てのビルが現在建設中。こちらも店舗が入りそうです。どんなお店が入りますか?

・さて、KAY2にとってはもう一つの「大きな夢」がまもなく実現。大好きな「ちよだ鮨」がビルの建て替えのために一時閉店していましたが、そのビルが完成。いよいよ明日戻ってきます。もう、うれしくてうれしくて…。

あと、残ったKAYSの夢、「ケンタッキーフライドチキンよ戻ってきて!そして、モスバーガーも!!」

果たしてこの夢はいつかないますか???

それにしても仙川生活…素敵すぎる!!!

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


モンテス




白内障手術(多焦点レンズ)無事終了

cataractwm.jpg
この姿に、すれ違う人はみなギョっとした表情でKAY2を見つめます…。快感。(^^;)


殺風景な病室。ベッドの上に一人の可憐な少女が不安げに座っている。

少女の顔、片方の目には包帯が巻かれている。

少女を囲むように、どこか威厳のある眼鏡をかけた医師。物静かで美人の看護婦。そして看病に疲れ果てた少女の母親。

医師がゆっくりと包帯を解く。

包帯が取れ、少女がゆっくりと目をあける。

「先生…、あ、見えるわ!見えるわ!!」

少女の目から涙が。そして、そばにいる母親が少女の膝に顔を埋めてむせび泣く…。(つづく)

と、まぁ、こんなシーン、テレビドラマで見たことはありませんか?

「包帯を取るのは病室じゃなくて処置室だろう…」という突っ込みはやめてね、そこの医療関係者のお方。ドラマなんですからぁ。(笑)

で、これと似たような体験をKAY2は先日してきました。主人公が可憐な少女でなく、脂ぎった中年男ですんません。(爆)

KAYSのホームページ、「レーシック手術体験記~これって失敗!?」をお読みいただいた方はご存じのように、KAY2、レーシック手術を受けたものの片目の視力が回復せず、その後、どんどん落ちていきました。

不思議に思っていましたが、その後になって、壮年性(初老性)の白内障が進行していたことが判明。白内障患者にとってレーシック手術は禁忌です。(40代でも10%~20%の割合で白内障は起きるそうです)

よぉく、思い出してみると、レーシック適応検査を複数の病院で受け、その中の一人のドクターが白内障の可能性を指摘していました。

ところが、KAY2はそのドクターに頼らず、値段の安さにつられ、他のクリニックのドクターの元でレーシックをやっちまったわけなんです。他のドクター達はKAY2の目の曇りを白内障だとは思わず、ぶどう膜炎などの影響だと言っていました。しかし、KAY2はぶどう膜炎を患ったことはなく、今考えると「?」な説明です。

で、その後「すったもんだ」あったのは、レーシック体験記に書いた通り。

で、このたび、白内障手術を受けたのです。今回の手術は白内障の可能性を数年前、最初に指摘してくれていたその女医さんの元に。いろいろと調べてみると、このドクターは腕の良い、業界でも評価の高い方だとわかりました。何よりもお話ししてみてその真摯な態度とお人柄にKAY2は心底感服しました。この先生になら、♪私、何をされてもいいわ…(by 山口百恵)あ、失礼。(-_-;) そーではなくて、そのドクターに全幅の信頼を寄せたのです。

ただ、一般的に言って、レーシックを受けた人が白内障手術を受けると、十分な結果が得られない可能性がある。特に遠くも近くも見えるという多焦点レンズ挿入の場合は…ということで、KAY2がぜひに!とお願いしたそのドクターからも、視力がきちんと戻る確率は50~60%くらいと言われ、覚悟の手術でした。

が、手術の翌日、冒頭のシーンとちょっとだけ似た状況で包帯を取ったら…

まぁ…よく見えるじゃないですか!遠くも近くも!!おまけに世の中が明るく見える!!!(夜になるとさすがに見え方は落ちましたが)

というわけで、レーシック後の白内障(多焦点レンズ)手術という面倒な手術にチャレンジし、すばらしい成果を出していただいたドクターに心から感謝です。

で、詳しい内容に関しては、まもなくKAYSのホームページに新たなコンテンツとして体験記を掲載する予定です。

手術前、多くの方、このページをご覧の方々からも励ましの言葉をいただきました。おかげで、KAY2は勇気を振り絞って手術を受ける事ができました。そして、無事、視力が回復しました。 皆さん、本当にありがとうございました!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



サントリーウエルネスオンライン




タルタルソース・プロジェクト




KAY2が子供の頃大好きで、大人になったら絶対腹一杯食べたい!と思っていた料理、いろいろあります。その中で給食でよく出ていたというもの、何でしょう?

多分「私も!」という人が多いと思います。そう、タイトルにあるタルタルソースです。

給食で魚のフライが出ると一緒にタルタルソースが、大きなボールで運ばれます。そこから給食係になった同級生がスプーンですくって配ってくれます。給食係との人間関係が明暗を分けます。仲のいい友人だと多めに入れてくれ、けんかしているあいてだとほんのちょっと、雀の涙のようなあからさまな入れ方をしたり…。一番いいのは自分が給食係の時にタルタルソースが出ること…と思いきや、意外とそうでもないのです。だって、「あいつ、自分の皿に多く入れた!ずるい!」と後で糾弾されますからねぇ。食べ物の恨みは恐ろしい…。

全員に配り終えて、それで余った!という場合はもう大変。あちらこちらから「俺にタルタルぐれー!」という叫び声が上がっていました。

そんなタルタルソース。これを大人になって作ってみるのですが…。あの給食のような味が出ないんですよぉ。不思議。

KAY2が以前働いていた会社の食堂で、全く同じ味のタルタルソースが出たことがあり、感激し、食堂を運営していた会社に問い合わせたことがありましたが、「ヒ・ミ・ツ」ということで教えてもらえませんでした。ケチ…。(失礼)

基本形としては、

・ゆで卵
・タマネギ
・パセリ
・塩
・コショー
・マヨネーズ


というのがよく言われるレシピです。

たしかにそれなりの味にはなるのですが、あの給食で食べた人なつっこい感じの味わいにはならないんです。

何が違うのかなぁ…。

で、いろいろとネットで検索すると…いやぁ、タルタルソース、みんなのアイドルですねぇ。いろんな情報があります。


・牛乳、あるいはヨーグルトを入れる。

うーん、マイルドになるんですが、インパクトが欠けてます。


・らっきょうを入れる。

うーーーーーん、甘くなりすぎ。


・キュウリを入れる

ありゃりゃ、水っぽくなっちゃった。


・ピクルスを入れる

だめだめ、酸っぱくて、給食のタルタルソースとは逆方向!


・レモン汁をたらす

これも却下。すっぱいんじゃないんですぅ。


というわけで、未だに答えが出ないんです。

こうなると、あとは、マヨネーズを変えるしかないですかねぇ。いままでキューピーと味の素は経験済みなので、松田のマヨネーズあたりを使ってみるとか…。いや、そんな高級なマヨネーズを給食で使っていたわけないし…。あ、業務用のマヨネーズというのも考えられますねぇ。給食と社食で同じ味だったというのも、それを裏付けているかも!

でも、業務用、最低でも1kgから。そんな大きなパッケージのマヨネーズを買うのもねぇ…。

というわけで、「タルタルソース・プロジェクト」として我が家ではもう何十年もかけて謎を解こうと努力しているのですが…うまくいきません。

うーん、誰か答えを教えてぇ!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



プロジェクト・クワトロ・カヴァ

インスタント麺に愛を ~ 日清焼そば


子供の頃のKAY2にとって御三家は…これ。


B級からC級グルメであるKAYS。とはいえ、B、C級といえどもその道を究めた人にはとてもかないません。昨今はネットでも書籍でもそうした人々の書いた情報が氾濫していますし、読めばおもしろく、ついつい時間を忘れて…となります。

ところで、人間は子供の頃に食べるもので味覚が決まるそうです。子供の頃に食べる物、大事なんです。そこでグルメ大国フランスでは子供達にお手軽料理ではなく伝統食を味わせるということを近年は重視しているとか。日本でも最近は「食育」という言葉が広まり始めていますよね。

振り返ってみると、KAYSの子供の頃大好きだった食べものは…、それは…、

インスタント麺。

うん。そうでした。伝統食とはほど遠いですねぇ。でも、これは子供の頃はごちそうでした。友達の家に遊びに行ったときに初めて作ってもらって食べた「日清出前一丁」…ごまラー油の魅力。そして我が家で作ってこんなに美味しい物があるだろうかと思った「明星チャルメラ」…ホタテスープ風味の素敵さ。そして、フライパンで炒める煩雑さ(!)故に滅多に親に作ってもらえなかった「日清焼そば」。この辺りが子供の頃大好きだったインスタント麺の御三家でしょうか。

先日西友に寄った際、普段はあまり足を踏み入れない乾麺のコーナーに。ざっと見渡してみると上記、御三家。ロングセラーで未だに売られているんですよね。で、出前一丁とチャルメラは最近も食べたことがありましたが、フライパンで炒めるという煩雑さ(しつこい!)故に、日清の焼そばはもう何十年も食べたことがなかったんです。そう思ったら、もう、我慢ができません!「食べたい!!!!!」。久しぶりに見る焼きそばのパッケージ、昔とあまり変わっていないのが嬉しいですねぇ!赤と白の独特のパッケージを見ているとそれだけで一気にタイムスリップ。

スーパーのカゴにしっかりと5袋セットを入れてレジに。

ところで、この日から数日、仕事の関係で、せっかく買った焼きそばを食べられないでいました。すると「日清焼そば」が夢の中に現れ始めます。我ながら食い意地が張っていますねぇ。そして、火曜日の夜食べることに決めたら、もう、数日前から楽しみで楽しみで。

で、せっかく買った焼きそばです。後悔したくないと思い、作り方など万全の構えを(インスタントなのにおおげさな!)。ネットで「日清焼そば」と検索してみます…。

あるんですよ!ファンサイト!!やっぱり。

http://www.geocities.jp/awi8scot/

で、情報収集をしてみます。皆さん、この商品に思い入れのある方が多いんですねぇ。その中にはKAYSと同世代の方もきっと大勢いらっしゃるはず。

で、上手な作り方として、ポイントは具を少なく。これはインスタントの鉄則かもしれません。出前一丁でも、チャルメラでも「す」ラーメンが一番だったりしますから。

そして、袋に書いてある調理法では水分が蒸発するまで炒めるのですが、ネット情報によると麺が適度に柔らかくなったらそこで水切りをさせて、その上で付属の粉末スープを入れて炒めるというのがベターとか。

なぁるほど。皆さん工夫してらっしゃるんですね。

ついに火曜日の朝、目覚めて最初に思ったのは「あ、今日は夜になったら日清焼そばが食べられる!」

これですもんねぇ…。

そして仕事中もあのパッケージが頭の中に何度も浮かびます。「早く食べたい!」仕事の辛さも苦になりません。

で、帰宅して作ってみました!

最低限に絞り込んだ具、豚肉とタマネギは最初に塩胡椒で炒めておき、一旦皿にあげておきます。そして、あとは通常のレシピ通り。ただ、お水から沸騰させるまでの時間が惜しかったので初めからお湯をフライパンに入れて作り始めました。できあがるまで野菜のカットからすべての工程を含めて15分ほど。おおおおお。インスタントの王道。これくらいなら煩雑さなどとは呼ばせません。インスタントといえども食事です、15分の「愛」ならお安いもの!

instant1wm.jpg


そして味わうと…うううううん。青のりの感じがいいですねぇ。そして、独特のソフトでウェットな食感の麺。チープなんだけれど嬉しい。そして、何と言ってもこの味。子供の頃の味と同じです。郷愁をそそられますねぇ。子供の時には許されなかったビールを片手におつまみ感覚で食べていくと、本当にあっという間に完食。

いやぁ、幸せです。こんなことで1週間ほど、日清焼そばを目の前にぶらさげたニンジンにして、実に楽しく過ごすことができました。こういう仕事の乗り切り方もたまには良いかもしれません。あ、それができるのってC級グルメで食い意地の張ったKAY2だけかもしれませんが。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

「A10」英語放送周波数調査、完了です!


調査にインターネットは欠かせません。10年前には考えられない環境ですねぇ。



このところKAY2は年度替わり&続く不景気で一時的に仕事が消失。数日、自宅待機となってしまいました。その分、生活が苦しくなりそうで心配の毎日です。

が、BCL的にはラッキー!調査ができる!!そーなんです!!!なんと、世界的な周波数変更日からわずか4日でKAYSホームページ恒例の周波数調査が終わりました。春から秋にかけて、日本で良く聞こえる英語国際放送の周波数一覧です。

自宅待機のおかげで多分史上最速の仕上がりです。

いつものお願いでキョーシュクですが、ボケボケのKAY2、いろんな間違いがそれこそ地雷のようにちりばめてあると思います。特に深夜の時間帯はアルコール変調もかかっていますので…(笑)。どうぞ、皆さんで修正して使用してください。また、「あ、こんな間違いがあったよ」と掲示板に知らせて下さったら助かります。

ところで、今回気付いたことをいくつか。

ここ数年破竹の勢いだった China Radio International。落ち着いてきたのでしょうか、受信できる周波数の数がやや減ってきたようにも感じます。とはいえ、ダントツの多さですが。

その、CRI、今回調査で少し戸惑いました。ダイヤルを回していると女性のイギリス英語、しかもRPと呼ばれるBBC風の英語です。え?BBCがこんなに強く、こんなに多くの周波数で復活!?と一瞬錯覚します。が、ニュースの内容、そしてリポーターが登場してすぐに気付きます。あ、CRIだった。それにしても、このプレゼンター、誰?番組のさばき方を聴いていると凄いベテランだ…。

番組の最後で名前が出てわかりました。Susan Osman。元BBCやITVなどでアンカーやリポーターをつとめていた人物です。道理で!でもどうして中国に???

R.Netherlands W. のサイトで英ガーディアンが本人にインタビューした記事へのリンクがありました。興味深いので、ぜひご一読を。
http://www.guardian.co.uk/world/2010/mar/03/susan-osman-beijing

今まであまり聴く気がしなかったCRIですが、ちょっと楽しみができました(って、完全にCRIの戦略に乗せられていますが)。

そういえば昔、DW(ドイチェヴェレ=ドイツの国際放送)がテレビ放送を始めた頃、BBCの Alastair Yates という名プレゼンター(KAY2はこの人がお気に入りなのです)が一時期ドイツに渡って定時ニュースのキャスターをしていたことを思い出します。海外旅行でDWテレビを見て「いいなぁ」と感心していました。まず声がいい。後になって元DJで、その後ジャーナリストに転じたと言うことを知りました。その後彼はBBCに戻りましたが、局の顔が他局に顔を出すというのもおもしろいものですね。

さて、他局に顔…というともう一人。

午前中の R.Thailand が絶好調です。1時間の番組ですが、男性と女性の二人が進行。この女性、以前から声が誰かに似ているなぁ…と気になっていたんです。で、最後に名前が出てきてわかりました! Patchari Raksawong という女性で、NHKのTV国際放送で週に何日か、バンコクからアジアのニュースをまとめて伝えるキャスターだったんです。KAY2はインターネット配信されているニュースや実家で NHK WORLD をよく見るので(日本国内でもパラボラアンテナとチューナをつければ良好に受信できます)この声になじみがあったんですねぇ。タイの雰囲気のある、とてもわかりやすい英語です。真面目で誠実な人柄が出ているような…。
http://www.thaieduhub.com/inspiration/reporter.html

皆さん、いろんな顔を持っていろんな所に出ているんですねぇ。

さて、他に今回の調査で気付いたことを…

・Voice of Indonesia が22時台、とても強力でした。9525kHz。独特のハム音がいいですねぇ

・国際放送ではなく国内放送ですが、マレーシアの英語放送、RTM、7295kHz が今期は深夜に入感します。サイドのかぶりがあるので、フィルターが必要ですが。

・Radio Australia の 21725kHz が好調です。11時~13時台です。お空の季節は夏に向かっているんですね。ついでにいえば、Radio Australia は今期、他の周波数も大変好調です。

・KAY2にとって朝の定番、DW Radio が不調です。新周波数は実用には耐えず残念。夜間などは強力ですが、朝9時は一番聴いていた時間なのでがっかりです。(追記:今朝になって 17525kHz が絶好調。日変化が激しいですねぇ)

・英語とは関係ないのですが、夜中1時過ぎに9MHz帯の上の方で強力な中国語局が目白押しです。みなパラで出ていますので同じ内容。ポップスなどかかるのですが、なかなかBGMにいいんですよ。言葉はわかりませんが。昔と違って、いろんな国のポップスも、そうそう違いが感じられなくなってきているんですね。

・スペイン、REE が好調です!朝4時台。9665kHz(火曜日~土曜日の時間&周波数)。ニュースの後に流れたカスタネットの響くスペインの音楽に魅了されます。

てな感じのA10調査でした。奇しくもちょうど三才ブックスから「BCLライフ2010」が出版されたばかり。読みながらの周波数調査は至福のひとときでした。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



エプソンダイレクト株式会社




スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる