スポンサードリンク


生ニンジンの幸せ~神代農協直販コーナーの逸品




野菜の話でもう一つ。

KAY1の最近のお気に入りは「竹内さんのニンジン」です。

子供の頃から大のニンジン嫌い。あの独特のにおいがイヤと本人は言います。例外的に、においが消えたカレーやグラッセなどのニンジン、こちらはぱくぱく食べるのですから、ニンジン嫌い、実は徹底していません。

それでも「生だけは絶対いや!」と言っていたKAY1、ついに人生、ウン十年にわたる主張が覆りました。

「竹内さん」の作るニンジンです。

このブログではなんと最多登場!クイーンズ伊勢丹の1Fにある神代農協直販コーナー。ここでは数々の逸品が売られていることは、前回の記事もそうですが、すでにこのブログをお読みの方はご存じのはず。で、商品の袋には生産された農家の方の名前が記されています。そのニンジンには何名かのお名前が書いてあるのですが、上記の通り、今回は「竹内」さんのものなんです。(たまたまこの日コーナーに置いてあったのが竹内さんのニンジンだったわけで、もちろん、遠藤さんのニンジンも、鈴木さんのニンジンも、このコーナーのものであればおいしいと思うのですが、代表してということで…。)

これをニンジン・スティックにして生で食べようと言いだしたのはKAY1だったかKAY2だったのか…。もしもKAY1が言ったとしたら、それまでの彼女のニンジン嫌いの言動からは、何かとてつもない「嗅覚」が働いたとしか言いようがありません。

で、ディップは…と考えると昨今は「ウチメシ・ブーム」のおかげでつまみ系をはじめとして手軽な料理の本がたくさん出ています。我が家にも何冊かありますが、そのうちの一つに「わさびマヨネーズ」のレシピがありました(小林ケンタローさんの「ドカンと、うまいつまみ」文化出版局)。レシピの解説に一言「心がけ」が。「わさびが少ないと味がぼけます」というシンプルなものです。これをKAY1は「わさびをけちってはいけない」ととりました。書かれた分量はマヨネーズ大さじ1に対してチューブわさびが小さじ1。さらに好みで醤油。それだけです。で、思い切ってワサビをけちらずにレシピより多めに大さじ1ほどまぜると、さすがに見事なわさび色になります。「辛さは大丈夫?」と思わず心配になりますが、マヨネーズによって中和されとてもよい辛さ加減になっています。

それをディップに食べるニンジンは、もちろん、シンプルにスティック状に切ります。

さぁ、KAY1選手、一体全体あれほど嫌っていたモノを一口でも食べることができるのか…
…などと心配は全く無用でした。KAY2がちょっと目を離した隙に、あっという間に「完食!!!」。ものの2分もかからなかったのではないでしょうか。

あれ、俺、食べてないぞ、一本も。

とほほ。

というわけで、その時に発したKAY1の一言。

「めっちゃうめぇぞぉ!!!生で食べるニンジン、おいしい。竹内さん最高!」

だそうです。KAY1よ、一応君は女性なんだから、言葉を選んだら?

ま、いっか。次回はリベンジ。絶対にこっちが全部食ってやる!

あ、大事なことを一つ。買ったらできるだけ早く食べることをおすすめします。この日は買ったその日に食べました。根菜とはいえ、こうして生で食べるには、数日おくとさすがに味が落ちてしまいます。せっかく新鮮な地場の野菜なのですから…。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ニンジン・スティックに軽い赤ワインはいかがでしょう?それとも白?
新着ワイン、おすすめワイン今月の6本組



冬においしい枝豆を味わう~JA中札内村の冷凍枝豆






以前、このブログに仙川の「クイーンズ伊勢丹」内、神代農協直売コーナー(正式には「マインズ農業共同組合・神代農産物直売会・クイーンズ伊勢丹仙川店」となるのでしょうか?)で枝豆を買って食べる幸せについて書きました(「仙川でおいしい枝豆をゆでる」「クイーンズ伊勢丹の神代農協直販コーナー」)。

とてもうまみのある新鮮な枝豆を塩ゆでで(ためしてガッテン方式)食べるというのは、シンプルでありながら、実際に味わってみると、もう、最高のごちそうです。今までスーパーで買ったりして食べていた枝豆や居酒屋で出される枝豆って何だったの?と思わせる、人生においての衝撃度の高い出来事でした。

もう一つ。枝豆、たくさん食べるとお通じもいいし、肌もつるつる。特に女性にとっては美容効果を如実に感じることができるとKAY1は言っています。体型も変わると本人は言っています(「それって食べ過ぎて太ったてことだね?」KAY2が言ったら怒られました。「女らしくなるのよ!フン!!」失礼しました。どうも女性的な体つきが強調されるようです。イソフラボン効果なんでしょうね!)。

よくメディアでも取り上げられますが、枝豆の消費量の多いのは新潟県。というのも食べる量が全く違うとか。一回に一人で一袋くらい食べてしまうんだそうです。仕事仲間の新潟県人に尋ねると「そうだよ」とシンプルな返事。「じゃ、東京の居酒屋で枝豆を頼んだら少なくてショックだった?」「うん、ふざけんなよと怒ったね…」ってくらいなんだそうです。

というわけで我々の生活に欠かせなくなったおいしい枝豆ですが、一つ問題が。

地場の季節モノ。ということは、当然、6月~8月の季節を過ぎると手に入りません。つまり、夏だけのお楽しみというわけで、さびしいぃ!1年中食べていたい!そう思ってしまうのが、枝豆のもつ魔性の魅力です。(単にKAYSがこらえ性のないだけなのかもしれませんが)。

「冷凍」があるじゃない!とおっしゃる方。そうなんです。ところが、我々がいままでスーパーで見ていた冷凍枝豆はほとんどが外国産。で、実際に買ってみて味わってみると…駄目駄目。全然おいしくない。

あきらめかけていたところ、ある日、グーグルで検索をかけていたときに「あ、ググってしまえば?」と今更ながら気づき「枝豆 冷凍 国産」で検索してみると…あるんですねぇ、冷凍の国産枝豆。

で、検索結果に出てきた「枝豆バンザイ!(http://agruncle.blog17.fc2.com/)」というサイトではかなりな数の枝豆を実際に試した感想が書かれています。それによると、結構、おいしいものがありそうですし、中国産のものでも、選べばおいしいようですねぇ。認識を新たにしました。

で、どうしようと思いながらも、上記検索のトップで出てきた「Yahoo知恵袋」ですが、ベストアンサーになっていた kanonhomes さんという方がJA中札内村で通信販売している枝豆を紹介されており、それが気になりました。「中札内村特産そのままえだ豆」です。産直販売…期待が持てるじゃないですか!神代農協と一緒。ただし、冷凍という点だけが気になります。でも、値段は神代農協のものに比べれば比較的安いです。一袋250円程度ですからこれならどうにか日常的に味わえます。というか国産でこの値段はかなり安い方ではないでしょうか。タイや中国産ならばもっと安いですが。あ、送料がクール宅急便で800円(東京の場合)かかりますから、多数のパックの方がお得です。余談ですが、KAYSは今回「試し買い」ということで5袋パックにしましたが、次回からは10袋パック以上にしようと思います。20袋入りにしたいんですが、さすがに、それは我が家の小さな冷凍庫に入らないかな…。

で、すぐに注文。4日ほどで無事に届きました。そのまま自然解凍でおいしく…と書いてありますが、暖かい枝豆の好きな我々は自然解凍の上、レンジで少しだけ温めます。すでに味付けはされています。で、食べてみました。

おおおおおおおおおお…、星4つ! 豆の甘みが豊かでおいしい!!!

これはこれは!期待以上のおいしさです。さすがに、取れたての枝豆+ガッテン流調理法のあの味わいと「プリプリ感」を要求するのは無理ですが、豆のおいしさが冷凍でありながらこれほど出ているのなら十分合格です。びっくりしました。

神代農協直販コーナーの枝豆が食べられない季節。これからは、この枝豆のお世話になりそうです。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



枝豆にカヴァ(スパークリングワイン)も合いますよ!
プロジェクト・クワトロ・カヴァ

贅沢な缶詰 ~ 海女の磯汁



ちょっと前の話ですが、「可愛いすぎる北限の海女さん」というのが話題になりました。NHKがニュースで放送した岩手県は久慈市の若い海女さん、動画サイトであっという間に人気になりました。KAY2も観てみましたけど、確かに若くて美しい方ですねぇ…今までは海女さんといえばご高齢の方ばかりでしたから、イメージがすっかりと変わりそうです。

で、実は北限の海女、我が家にも台所の缶詰置き場にいらっしゃったんです。

もちろん、ご本人がいらっしゃるわけではなく、その北限の海女の方たちが採った(?)というウニ、ホタテ、そして、つぶ貝など、贅沢な海の幸がいっぱいに詰まった缶詰、「海女の磯汁」があったのです。そのラベルに北限の海女さんたちの写真が。そういうわけで、我が家の台所に海女さんたちがいらっしゃったというわけで…。(^^;)

で、この缶詰、結構隠れたファンが多いとか。そうそう、おっちょこちょいのKAY2は「海女の煮汁」と妙な勘違いをして覚えていました。「ネーミングが強烈すぎる!」と喜んでKAY1から「アンタはアホか!」と一蹴されました。(笑)

それはさておき、この缶詰、KAY2の叔母が岩手県出身。というわけで彼女の家に行ったときにお土産にもらったんです。

彼女の家に遊びにいったときに炊き込みご飯を出してもらったんですが、まぁなんと贅沢な炊き込みご飯。上記の海の幸がいっぱいなんです。

「すごいですねぇ…どこの魚屋さんで材料を買ったんですか?えらく贅沢な炊き込みご飯!」と驚いたら、

「KAY2ちゃん、そんなことないんだよ。実は地元で売られているお吸い物の缶詰をいれてご飯を炊いただけなのよ」

との答えにびっくりしました。

「じゃ、一つあるから持って行く?」

というわけです。それが「海女の磯汁」。

で、我が家で炊いたのですが、実に簡単。電気釜にご飯2~3合、それにこの缶詰の中身を入れ、水が通常炊くのに必要な規定量に足りなければ加えて、そして、あとはスイッチを入れるだけ。

ama0wm.jpg
ごらんの通りの海の幸いっぱいの炊き込みご飯ができあがります。

なんと贅沢な!

ちなみにこの缶詰、通販でも簡単に手に入れることができます。グーグルなどで検索してみてください。ちなみにこれも三陸名物、「いちご煮」とセットになったものも販売されています。あ、「いちご煮」といっても果物のイチゴがはいっているわけではなく、ウニとアワビのお吸い物です。赤々したウニがイチゴに見えることからついた名前です。

さすがにお値段はします。1缶1200円前後。

というわけで、ちょっと贅沢な「海女の磯汁」。最高です。





サントリーウエルネスオンライン

エコかノイズか? ~ LED電球のHF(短波)ノイズ




エコブームのおかげで、最近の注目株は「LED電球」。今まで使っていた白熱球の10分の1以下の電力で明るく部屋や手元を照らしてくれます。蛍光灯と比較してもかなりのエコ。まだまだ電球そのものの単価が高いのですが、常夜灯のように一晩中つけっぱなしにするところにはいいかも。

と、心が激しく動くこの頃。先日、ついに試しとばかりにLED電球を買ってみました。

オーム(OHM)電機が中国で生産している電球、「LL-251L (/E17)」です。値段も中国製ということもあり、割安です。白熱球の25W相当。実際の消費電力は3W。ほぼ10分の1です。おまけに軽量。これは使える!とばかり、寝室のフロア・スタンドに使うことになりました。寝室は我が愛機、クーガ「RFー2200」を聴く場所でもあります。

ただ、心配はノイズ。最もノイズの少ない、つまり短波ラジオに「優しい」のは白熱球。蛍光灯はインバーターなどの関係で、種類を選ばないと相当なノイズをまき散らします。以前日立製のおしゃれな蛍光灯スタンドライトを買って、点灯したとたん、遠く離れた部屋のラジオが盛大にノイズを受けて、まったくラジオが聴けなくなったことを思い出します。日立に連絡しましたが「ノイズは規定の範囲内ですから・・・」との返答をもらって使うのをあきらめたことが。(ただ、日立さん、その台詞の後の対応がとても良く、代わりにノイズを出さないタイプの蛍光灯を紹介してくださり取り替えをしてくださいました。この件では日立さん、ちょっと見直しています。)

で、現在使っているパナソニックと東芝の電球型蛍光灯はノイズを特定の周波数で出しますが、以前の日立ほどのひどさはありません。どうにか短波ラジオを聞ける状況です。

で、ラジオを聴きながらLEDをとりつけ、点灯したとたんに心配が現実の物となりました。以前経験した日立と同じものすごいノイズ。短波帯のほぼ全域にわたり盛大なノイズでラジオが全く聴けなくなりました。びっくりして別の部屋にラジオを持って行きましたが、駄目。これはすごいです…。いやぁ、「ラジオ・キラー」と言ってもいいでしょう。あまりの酷さでしばしラジオの前で固まってしまいました。オーム電機さん、確か短波ラジオも販売していましたよねぇ…。社長さんは自社の短波ラジオを聴きながら自社のLEDをつけたことがあるのでしょうか?(ごめんなさいね、ちょっとイヤミです…安価でLEDを供給してくださるのはありがたいのですが…)(注:下の追記に書いたように、2012年現在、オーム電機さんは対策をきちんと施して下さっているようです!)

それであきらめきれないのがKAY2の悪い性格。その後、しばらくして、「いや、これは安い作りの中国製だったから…」と思い直し、今度は値段の張る(めちゃ高価です!オームさんの3倍ちかく)パナソニック製のLED電球「EVERLEDS」を購入。日本製で、最近出たばかりの新製品です。さすがにこれは我が家の財務大臣、KAY1には内緒。そして取り付けて点灯してみると…。

うーん、すこしだけホッとします。

こちらは蛍光灯並のノイズです。同じ部屋で使っている東芝の電球型蛍光灯と同じくらいのノイズか、むしろ少しノイズが少なめかも。中国製LEDのように短波帯全域の盛大なノイズとはえらい違いです。ただ、特定の周波数にノイズは出ています。が、そのノイズのレベルもそれほど大きくなく、KAYSのように超強力英語局を聴くだけの人間にはどうにか問題なく使えるという感じです。が、アマチュア無線でDXをされる方にはこれでも厳しいでしょうし、そもそもLED以前に、蛍光灯でも使用を避け、白熱球のみにした方がいいかもしれません。白熱球、遠くない将来には生産されなくなるでしょうから、それができるのも今のうちだけですが…。

いやぁ、ため息です。

エコとBCL&アマチュア無線、仲良くなれるのはいつの日でしょうか?

追記:2010年9月15日
その後、コメントにありますように、JP1LRTさん(http://jp1lrt.asablo.jp/blog/cat/led/)がメーカーから「今後の製品では対応する」との回答を引き出されました。現在流通している製品には対策はほどこされないにしても、一歩前進、素晴らしいことだと思います。また、「通りすがりの者」さんが書かれていらっしゃるように、ノイズフリーを謳うLEDも登場。エコとノイズフリー環境がしっかりとタッグを組む日が早く来るといいですね。


追記:2012年7月27日
さらにその後、Paulさんのコメントによりますと、オーム電機のLED、現在はとてもノイズが少なくなっているようです。上記の約束をちゃんと守ってくださったことなります。うれしいですね。



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



エプソンダイレクト株式会社

カメちゃんの不思議


2010年が始まりました!

毎年、なぜかこのブログの正月第1回目はトリビア的な話になっています。昨年は「鏡よ鏡」…鏡で自分を見るときになぜか目を見開いてい見る人間の癖について。そして一昨年は奥様の化粧と台所の綺麗さとの関係を見事に示す「東京ガスの法則」についてでした。

今年もそんな感じでいきましょう。とはいえ、ちょっと書くのが遠慮がちになっちゃう話です。この先、気分を害される方がいたら(特に次の写真で)ごめんなさい。先にあやまっちゃいます。

で、タイトル、ちょっと意味不明です。が、このタイトルでかつてニッポン放送でオールナイトニッポンを担当し、後に社長となった亀淵さんを思い出した人…ラジオ好きですねぇ。KAY2よりちょっと年上かな。でも、今回はラジオの話ではありません。

先日、帰省したときに母親といろんな話をしていました。その中で一つ印象的なことがあったんです。



はい、ご覧のように「カメムシ」。

くさいですよねぇ。みなさんも酷い目にあったことがあるのでは?

田舎育ちのKAY2は何度もやられています。

ところが、カメムシをみつけてティッシュか何かで外に出しても、例の強烈な匂い出すことなく「お引き取りいただく」ことができる方法があるというのです。

実は母も以前は半信半疑だったそうです。

が、それを教えてくれた人があまりにも真面目に話してくれたので、「念のため」、試してみたところ大成功。

それを聞いた息子のKAY2はこれまた半信半疑どころか99%以上「ご冗談でしょう!」という感じだったんです。

しかし、東京に戻ってきて数日後、めったにないことですが、某所でなんとそのカメムシさんと遭遇してしまいました。

うわぁ、まずい!なんてこった、オリーブ…。おーまいがーーーーーっっっっっ!!!

そのとき母親の言葉を思い出しました。

もう、祈るような気持ちです。母の教えてくれた方法はこうです。

カメムシをよく見つめます。そして、静かに語りかけます。

「かめちゃん、かめちゃん、こんにちは。おこっちゃだめだよ。なかよくしようよ。僕たち仲良し。さ、かめちゃん、今日のところはひきとってくれないかなぁ。いまから外にちゃぁんと丁寧に運んだげるからね。いいね。かめちゃん、かめちゃん、よろしくね」

と、こんな感じで歌を歌うように優しくカメムシに語りかけるのです。

おそらく、そばにKAY1がいたらできなかったでしょう。あまりにも恥ずかしくて。一人きりだったので、できたことです。(^^;)

そして、静かにティッシュペーパーをカメさんの前に置き、そちらに「はい、こっちに移ってね。悪いようにはしないから…」と歌いかけます。自分で「アホなことやってるなぁ…」と思いながら。

ところが、

ところがですよ、

なんとなんとなんと、

あろう事か、カメさん、すっとティッシュの上に乗かってくれました。

あれま。

で、静かにティッシュをそのまま手のひらにのせて、外に、ベランダで、カメさんとさよならをしました。もちろん、あのくさぁ~いオナラはなしです。

狐につままれた感じ。

うーーーーーーーん、皆さん、ホントの話です。

カメムシに語りかける。効果あったんです。本当に。ま、偶然かもしれませんが…。

そういえば森で熊さんに出会ったときに襲われないですむ方法として「歌を歌って話しかける」というのがありました。効果があるのかどうか、命がけなので試したくはありませんが…。同じような効果なんでしょうかねぇ。

そうそう、もう一つありました。

KAY2の実家、古いので、夏になるとよくムカデが出ます。就寝中、こいつに噛まれるのはイヤなものです。ある人が母に「寝る前にね、布団に座って、周囲を見渡して、それで唱えてご覧なさい…ムカデさん、出てきてもいいけど、噛むのはやめてね…、この一言を唱えると大丈夫」と言ったそうです。半信半疑どころか100%疑いながらも冗談半分、父と唱えて寝たところムカデが出ず。へぇ偶然!と思いながらもしばらく続けたところ、ムカデに噛まれるのがぴたりとやんだそうです。次の夏、すっかり唱えるのを忘れていたらいきなり噛まれ、「あ、あれは効果があったのか!」と思い出したとか。

皆さんもカメムシに出会ったり、ムカデの被害に困っていたら、一度試してみてはいかがでしょう???

というわけで、妙な話でスタートした2010年。皆さんにとって素敵な年になりますように!!!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる