スポンサードリンク


島根のバリ島でイタリアン! LAUT(ラウ)


この日は残念ながら雨模様。日本海も冬の様相でした。夏は素敵でしょうねぇ!

残念なお知らせ:
ここにご紹介したLaut福光店ですが、2011年末から一時的にクローズされていましたが、2012年6月、正式に閉店を発表されました。建物である福光会館は5年間の契約なのだそうですが、その更新条件がうまく折り合わなかったのでしょうか。残念です。石見の名店を一つ失ってしまいました。Laut そのものは人気の松江店に加え、出雲大社店が新たにオープンしています。


我がふるさと島根県。それも石見地方は長いこと元気のない地域でした。

昨今、石見銀山の世界遺産登録で元気が出てきましたが、そうはいっても田舎。賑わうお店も少なく、若者も少なく…と、地方が抱える問題をもっとも切実に持ったエリアです。

そんな中で数年前から「おお!」と思わず感激してしまうような素敵なお店を作る人たちも出てきています。

温泉津という温泉町のすぐ隣に「福光」という街があります。小さな小さな街。県外の方にはほとんど知られていない街ですし、県内の人でも足を踏み入れたことがないという人が多いかもしれません。

夏の海水浴の頃にやや賑わうという感じの街です。夏の海の美しさ…それはそれはすばらしいですし、緑も豊かで、とにかく石見の自然いっぱいの素敵な街なんです。KAY2は親戚がこの街におり、時々遊びに行ってましたが、冬などは外を歩く人も少なく寂しい思いをしていました。

ここに、数年前突然バリ島が出現。というと「何だ?」という感じですが、種をあかせばイタリアンレストランができたんです。なんと内装がバリ風。おまけに宿泊施設付き。

もともと「福光会館」という駅裏にある公共の宿泊施設なのですが、そこを建物はそのままに内部を大改装してできちゃったんです。

で、地元を離れているKAY2は知らなかったのですが、最近、親戚や知り合いからこのお店の名前を聞くことが多くなりました。「LAUT(ラウ)」といいます。インドネシア語で「海」の意味だそうです。

何度も「いいよぉ!」との言葉を聞くにつれ、ついに母親を連れて行ってみました。山陰本線の駅のすぐそばなのですが、車で行くとなると、細い道を行かねばならず、対向車が現れると譲り合いの精神で苦労しながら走ります。

さて、到着。外観は確かに昔から汽車(電車でなく)の車窓から眺めた福光会館のおもかげです。で、店の中に1歩足を踏み入れると…。

いやぁ、ホントに驚きました。福光に、いや、島根に、こんな店があるとは!

内装はホントにおしゃれな東南アジア風。そして大きな窓から広がる外には浜辺とリゾート地にあるテーブルや椅子。そして日本海。白砂のビーチ!残念ながら外は雨。日本海も冬の様相となっていますが、夏は本当にすばらしいでしょうねぇ。

その日の我々は朝食が遅く、お店に着いたのも11時過ぎ(開店直後)だったので、昼食を食べるという感じではなく、お店のお兄さんに「おすすめのデザートは?」と訪ねると「シフォンケーキとベークドチーズケーキです。」との言葉でその2つを頼みました。

laut2wm.jpg

出てきたケーキは手がかかっています。島根の特産、イチジクと柿が添えてあり、このあたりの喫茶店の標準からはやや高い値段にも納得!です。味も…「おすすめ」の言葉通りでした。

また、母の頼んだ紅茶は両手でないと支えられないくらいの大きなカップに入っており、満足げでした。

棚に並んだワインを見るとリーズナブルな「コノスル」などが並んでいます。

隣はピザのランチを食べていましたが、バジルの良い香りが漂っています。よそ様のオーダーした料理を眺めてみると丁寧に盛りつけされ、とても手がかかっている様子が見て取れます。

これはぜひぜひ次回は料理を頼もうと母と話していました。

さて、実はここからが今回のテーマなんです。

このお店、実はできた当初、母のまわりでも話題にはなったらしいのです。でも、その評価は否定的だったそうです。一つは母の世代などにとって本格的なイタリア料理が未知のものである点、そして、東南アジア風の内装というのが得体の知れないものであったこと。さらには値段もこのあたりのレストランや喫茶店などよりも高いことなどにより、行ったことがないのに「あの店は訳がわからん!おまけに値段が高いらしい」→「行く必要はない!」→「そんな店に行くべきではない!」という未知故に負の評価スパイラルになってしまうというわけです。

しかも、これは我が田舎の悪い点なのかもしれませんが、新しいことをしようとすると、どうしても「いったん否定してしまう」という傾向があるのかもしれません。ある種、悪い意味での保守的な風土があります。(他にも数軒、素敵なお店が最近できたのですが、いずれも母の世代からは否定的な意見が多いと聞かされました)

新しい試みをする人、しかもそれが県外からの人となると最初からそのアクションに対して否定的になってしまう地元民もいらっしゃるようです。これは残念。本当は、逆にこれほど寂れてしまった地方ですから、そうした人が現れたら救世主!と思って一生懸命応援すべきだと思うのですが。「新しいお店をつくりんさったけぇ、行ってみにゃぁいけんなぁ」くらいの気持ちを持ってもらえればいいのですが。

もちろん、そうした気持ちを持った方々も実際にいらっしゃるでしょうし、幸いLAUTの場合は、応援する人たちも地元にたくさんいたからこそ次第に口コミで良さが広がり、人気になったのでしょう。現在3年目を迎え、さらには松江、宮島と店舗数を増やしているそうです。KAY2がお店に入ったのは月曜日の開店直後という悪条件にもかかわらず、すでに3組お客さんがいました。とても賑わっていることが見て取れました。

こうした、良い仕事をされている新しいお店に関しては本当に応援していきたいものですね!

さて、このお店の場所ですが福光という街は最初に書いたとおり温泉津のすぐ隣。石見銀山を見て、温泉津温泉に入り、そして、このお店で食事はいかがでしょう。さらに宿泊設備もありますので、こちらで波の音を聞きながら1泊というのもいいと思いますよ。あ、ただ、冬の日本海、演歌の世界ですので、その点だけはご注意を。それがお好きな方はいいですが。(笑)

追記:
先日再び行ってきました。土日は予約でお店が一杯になることも多いようで、我々は事前に電話しましたが、予約がとれませんでした。実際、お店でかなり待ちました。

で、パスタやピザをいただきましたが、噂通りおいしかった!隣のお客さんはランチのコースを頼んでいましたが見事な前菜の盛り合わせに我々は見とれてしまい、思わず「次回はこれだ!」と叫んじゃいました。

フロアを切り盛りするお店のお兄さんも、ゆっくり話してみるととても気さくでユニーク!彼との会話は常に笑い声が絶えませんでした。

そして、何よりも、この写真に見るように晴れた日の店内からの浜と海の眺めは本当に良いですよ!


laut3wm.jpg


LAUTのホームページはこちら http://laut-japan.com/
注:LAUTのホームページの地図、レストランとは別の場所が表示されるようです。インターネットで「福光会館」を調べて地図表示させると正しい場所が出てきます。

注意:
冒頭に追記したように、過去のお店となってしまいました。残念です。



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



2009年エノテカのボジョレー・ヌーヴォー

腹囲測定の疑問


専用の巻き尺までもらっちゃいました!


腹囲…数年前まではあまり使わない言葉でしたが、いまや中年以降の方にはおなじみの言葉です。

男性の場合85cm(女性は90cm)以上あると、かなりの割合で「メタボ」。厳密に言えば、その腹囲に加えて、高血圧、脂質異常、高血糖のうち2つ当てはまればメタボ該当、1つ当てはまればメタボ予備軍ということで、特定保健指導の対象になってしまいます。

何せダイエット記録のページまで掲載しているKAY2、当然無縁だと思うでしょ?本人もそう思っていました。ご存じのように数年前にダイエットに成功し、今はほぼ標準体重ですから。

ところが、昨年の人間ドック、生まれてこの腹囲を初めて計ることになり「ものめずらしさ」もあり、興味津々。測定の部屋に入ります。で、係の女性、なんとなくお疲れ気味か、生気がありません。けだるい雰囲気でゆっくりとメジャーを身体の周りに…。さ、これから測定かな…と思った瞬間、「はい、おわりです。」

「???」

まだメジャーをきっちりと腹の周りにまきつけてないぞ。

狐につままれたようになり、部屋を出て、最後に医師面談。

「KAY2さん、腹囲がちょうど85センチですねぇ。やばいですね。これで血圧もちょっと高め。これはメタボ予備軍に分類されて指導対象ですね」

ありゃま。

でも、不思議。85センチだなんて。あの計測じゃ計ってないじゃん!

ということで自宅に帰って、早々に自分で計ってみました。計り方はネットで調べます。

「76センチ!ほら。ぷんぷん」

で、医療関係者に聞いてみました。
意外なことに、腹囲を計るのって、難しいのだそうです。定められた位置を計っても、まず計るタイミング(呼吸とか)によって数値が違うし、姿勢によっても。さらには計る人のクセによっても結構個人差があるそうで、結論として、「当てにならない」のだそうです。そういうわけで、KAY2の場合も「85cm」という結果はびみょーだそうです。(ちなみに医療関係の学会でもこの「腹囲を規準にする」ということに関しては大変な議論になり、未だに賛否両論だそうです…というか、疑問視される方が多いようです)

で、1年後、ようやく保健指導の方と面談(こんなに時間がかかるんですねぇ。びっくりです)。とても明るく優しそうな方だったのでひとまず安心。1年前の書類を見ながら、

「KAY2さん、見かけは痩せてるのに腹囲があるんですねぇ。一応、今ここで計りましょう」

望むところです。

「あれ、75cm!10cm減ってる。ダイエットか何かしました?」

「いいえ、去年のままです。」

じゃ、保健指導取り消しとなるかと思いましたが、もはや手遅れ。お役所的仕事ですねぇ。始めたモノは取り消せないようです。指導員、ちょっと焦った表情です。さて、どう、対応するのかなと思ったら、「じゃ、これから半年後、今の数値を維持するという目的で頑張りましょう!」とさわやかに言われてしまいました。なかなかやりますねぇ。

ま、悪いことではありません。自分では直接お金を払っていないし。タダで、自分の健康管理を毎月してもらえるわけで。おまけに現状維持が目標なので、特に苦労もしなくていいし。

一応、3つの改善目標をかかげるのですが、このところ気になってすでに自分ではじめていたことを3つ並べちゃいました。

・休肝日をもう1日増やす。
・ウォーキングを頻繁にする。
・バランス良く食事する。


というわけで、「腹囲」! KAY2の体験では頼りになりませんでした。納得のいかない人は自分で計ってみましょう。それが、今回のお話でした!

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


サントリー健康食品オンラインショップ

仙川駅ホームの不思議~2人目がキーパーソン

sengawa11wm
この駅の不思議な現象…。


調布から仙川に引っ越してきて早いもので2年が経とうとしています。

京王線仙川駅を当然のことながら利用するのですが、この駅では以前利用していた調布駅や新宿駅などと違った不思議な風習があります。

それは整列乗車に関することです。

京王線では通常、2列になって整列乗車することが多いようです。つまり、列車が到着すると降りる人がいますから、それをまず通すために、整列している2列が扉の左右に分かれ、真ん中の空間を空け、降りるお客さんを通します。それが済んだら順々に乗り込むというわけです。

例外は新宿駅の2番線と3番線ホーム。こちらは降りるお客さんは反対側のホームに降りてしまいますから、ぶつかる心配がないので初めから3列で並びます。駅のアナウンスでも「3列でお並びください」と言っています。

この新宿駅を除いて2列の整列乗車が京王線では当たり前だと思っていたのですが…。

仙川駅、違うんです。

1列もしくは1.5列。

「なに、1.5列??? なんじゃそりゃ!!!」

まぁまぁ、図を見てください。

sengawaplat wm

Aが通常の2列乗車。ところがBを見ると…。そう。最前列は一人。その人の後ろには1列で列がきれいにできています。が、その横はやや斜め後ろに人が付き、そこから後ろに列ができる場合もあれば、CやDのように出来ない場合も。

つまり、1列が標準で、斜め後ろに数人まばらに立つというのがオプション。

なぜ?

うーーーーーーーん。不思議です。

仙川の方、何故でしょう?教えてください。

ただ、無理矢理想像すると…。仙川、昼間人口は8割が女性になるというくらい女性の多い街です。当然乗降も女性が圧倒的多数。すると、まず一人、若い女性が整列乗車を始めたときに、そのスグ横にKAY2のようなムツクケキ男性が並んで立つと、なんとなく女性に申し訳ない。そこで、やや斜め後ろに立つ…そんな習慣が出来た…とかなり強引な想像をすれば、できないことはないのですが。つまり若い女性のすぐ横に立たないという一種の紳士協定的「思いやり」と。それがいつのまにか自然と男女関わらず一種の習慣になってしまった…。

というのも、それを無視して、最初に立った人のスグ横に立って2列を主張すると、たちまち、周辺にいた人たちも後ろに並び始め、全く問題ない2列乗車となるのです。

だから、最初に立った人の次に立つ人が横に立たずに後ろに立てば、そのまま1列、もしくは1.5列となり、真横に立てば2列となる。2人目の人の責任と影響は大きいのです。

2年も住めば謎は自然に解けると思っていたのですが、ダメです。

しかも、これ、新宿方面ホームの一番後ろで主に見られる現象です。

うーーーーーーーん、やっぱり不思議。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



2009年エノテカのボジョレー・ヌーヴォー



久しぶりにオークション RF-2200

rf-2200WM2.jpg
あこがれの機種と至福の一時。


悪い虫がうずきました。オークションです。しかもBCL(短波放送聴取)関係。

以前、KAYSのホームページ、「モノ・インプレッション」に書いたようにSONYの往年の名機「ICF-6800A」を何年か前にオークションで手に入れました。20年以上も憧れていた機種です。手に入れた製品はとても状態が良く、大満足の経験でしたが、「これ以上モノを増やさないで頂戴!」と怒るKAY1に「これにて打ち止め!宣言」をしていたのですが…。

実はどうしても欲しい機種がもう一つだけあったんです。

それがナショナル(パナソニック)のクーガ、RF-2200です。BCLをかつて楽しんでいた方なら当然のごとくご存じの、70年代、BCLブーム最高潮の頃の2大名機の一方です。もう一つはSONYのICF-5900。こちらは中学時代にKAY2が父親に買ってもらったラジオでさんざん使ってきました。そして、未だに現役です。

そうなると、当時ライバルとして非常に人気の高かったこの機種、欲しくなるんですよぉ。アナログ表示ラジオながら周波数をダイヤルの目盛りでしっかり合わせられる高度のメカを備え、さらに音質も良いと評判でした。もう数年前からネットオークションでチェックだけはしていました。

でもね、人気の機種なので落札価格が高いんです。1万円を下らない額が当たり前。状態の良いものになると2万円以上。下手すると3万円近くまでなっちゃいます。

一時期はあきらめて、ちょっとだけ外見が似た(よく見ると全然似てませんが)中国製のラジオに手を出そうかと思ったのですが、レビューを見るとそれほど評価が高いわけではありません。

KAY2がこうした古いBCLラジオに惹かれる理由は何と言ってもその大きな筐体を活かした音質の豊かさにあります。最近の製品はやはり音質では古いラジオにとてもかないっこないんです。音がいいという評判のその中国製ラジオも古いラジオを知るベテランDXerの評価を見ると「古いBCLラジオの豊かな音と比較してはいけません」と書かれています。なぁるほど。

そうなると…。

へへへ、そうなんです。

気付くと上記写真のように我が家に来ちゃいました。RF-2200。実は後述のように、ある意味、お得なオークションだったんです。ただ、そういう事情を知らないKAY1は、梱包を嬉々ととしてとくKAY2を見て、もはや怒りを通り越して脱力しています。

さて、動作確認です。
初めて触るRF-2200。周波数を合わせるのはマーカー発振を利用します。SONYのICF-5900もそうでしたから、多少、操作方法が違っても、すぐに会得できました。それにしても、思ったよりも筐体、大きいんですねぇ。これは音質に期待できます。

聞いてみます。ラジオ・オーストラリアの英語放送に合わせてみます。聞こえてくる音は…。

うーーーん、見事!ナショナル独特のすこしこもったような音ながら低音がかなり強く出てリッチな音色。これは聞いていてとても心地よいのです。非常にツヤのある音です。やや硬質な音が得意のSONYとはかなり違います。もちろんSONYのICF-5900も低音の響く良い音質で、KAY2は大好きですが、それとは耳へのなじみ方が違うような気がします。筐体の大きさ故でしょうか。聞いていて非常に気持ちいい!人の声を聞いていてこんなに心がときめくのは久しぶりです。5900に比べて音がクリアで芯のあるICF-6800Aの音質をわずかに丸くして、その上に低音を加えた感じです。(あとで気付いたのですが、ヘッドフォンで聴くとさらに低音が出ます。ということは単に大きな筐体だけでなく回路そのものからして豊かな低音の出る設計になっているようです)

アナウンサーの読むニュースを聞いていると本当に耳にやわらかく入ってきて、おまけに甘いデザートを食べているような感覚におそわれます。ニュースが音楽がわりになって心を癒しているような感じです(とはいえ、ニュースの中身は津波被害に経済問題…と癒しとはほど遠いのですが)

当然のことながらこの時代のラジオ、同期検波回路なんてありませんから、フェージング時にはあの「グシャ」というひずみ音になります。でも、昨今の薄っぺらな音質の最新ラジオはこの「グシャ」がなくても長時間聞き続けると疲れてしまいます。この時代のラジオは、いやぁ、耳が疲れないんですねぇ。不思議、不思議。

しばらく時間を忘れて…気がつくと2時間、オーストラリアからの放送に耳を傾け続けてしまいました。ラジオ・オーストラリアのニュース(テーマ)音楽は昔と変わらないメロディです。テーマが流れると中学時代にこの機種と共にタイムスリップしたような気がしてニコニコしてしまいます。そっか、あのとき、もしこの機種を持っていたらこのテーマ音楽、こんな響きだったんだ!うわぁ、それを今体験できるなんて夢のようだ…と感激。

これは本当にいいラジオです。そして、周波数同調のためのメカニカル系のデザインには本当にしびれます。

実は出品者の方は、以前からKAY2がお願いして古いラジオを何台も調整してもらっている技術者の方でした。入札に参加する直前、オークションページの出品者のプロフィールを見て偶然気付きました。なら、安心!と思ったわけです。

期待通り、その調整は見事なものでした。感度も非常に良いです。古いラジオで当然使用感はありますが、それでも、とてもきれいに見た目も中身もしていただいていました。(「お得なオークション」と書いたのはそのせい。他の方からオークションで落としても、不満があればお金を払って調整を彼に頼んでいたでしょうから。ちなみにその方の工房へのリンクはKAYSホームページのリンク集にあります。ご興味のある方はどうぞ。信頼のおける工房です)

しばらくまたラジオ(短波英語放送)を聞く時間が増えそうです。

ああ、良い音で聞く短波放送。なんて幸せなんでしょうか。

KAY1よ、僕がこれだけ幸せになるのだから、たまにオークションでラジオを買ってもいいじゃないか。(^▽^ケケケ

あ、KAY1の目が怖い。。パーンチ!! o(*゚ペ)==○))))☆★☆"((/*ω*)o


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



エプソンダイレクト株式会社


高尾山 ~ 知っているようで知らない意外な山

takaowm2.jpg

自分で写真をとってみました。疑問に思うまで高尾山の形なんて思いもよりませんでした。俯瞰地図ソフト「カシミール」などいろいろ調べると、この矢印のあたりが高尾山らしいのですが…。


世界的に有名な山なのにその山容がほとんど知られていないという珍しい山があります。

東京で一番近いハイキングの山というと・・・そう、高尾山をあげる方が多いでしょう。京王線で新宿から1時間もしないうちに山の入り口に入りこめます。京王線沿線に住んでいる方は何度か登ったことがあるに違いありません。KAYSもそうです。

おまけにミシュランで三つ星の観光地に選ばれたこともあって今や人気は全国区どころか一気に世界規模。

で、京王線の駅で置かれている高尾山観光案内のパンフレットを見ていて「あれ?」と、あることに気づきました。

そのパンフレット、高尾山からみた富士山の写真が使われています。

「~山に行こう!」みたいなパンフレットって、だいたいその山の姿をとらえた写真が使われるじゃないですか。ま、100歩譲って表紙に使われないことはあるかもしれませんが、その場合、どこかに使われていますよね。ところが高尾山、よく考えてみるといままで何年もいろんなパンフレットを見ていますが高尾山そのものの姿を写した写真って一枚も見たことがないんです。

そもそも高尾山がどんな形をしているのか知らない・・・。

意外な事実に自分でもショックを受けちゃいました。

そこで、ネットの画像サーチで「高尾山」と入れて検索すると・・・・

なかなか出てこないんです。

で、クリックを繰り返し何度もページを送ると、やがて、やっと目にすることができました。高尾山。でも、なんだか、「え、どれだい?」って感じなのです。つまり、単体の目立つ山を期待していたのですが、大きな山が平野に現れ、そこからはずっと山。その山の連なりの先っぽの部分、低い丘のようなところ・・・そんな感じなんです。

平野を海にたとえると、陸地が現れ、その岬の一つという感じかな。

「へぇ、これ!?」

そうなんです。これが高尾山だったんです。これじゃ、目立たないですねぇ。山の写真を見せても誰も「ふーん、どこか大きな山の一部?」って感じですよね。

山には他から眺めて楽しい山と、登って楽しい山があり、また両方を満たした山も数多くあるでしょう。

高尾山はどうやら登って楽しい山のようです。そういえば何年も前、カナダ人の知り合いが高尾山に登りすっかり感動してリピーターになってしまったと言っていました。まぁ、KAYSも夏の間だけオープンするビアガーデン(「高尾山ビアマウント」毎年夏だけの営業です)が大好きで高尾山に行くこともあるのですが・・・これはまぁ、別の魅力ということで(笑)。

ミシュランの評価、大都会・東京から近くて自然や美しい林がいっぱいというのは確かに言えることでしょう。そんな高尾山、また登ってみようかな・・・。ハイキングのシーズンにもなりましたし。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ワインセット




スポンサードリンク
プロフィール

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる