スポンサードリンク


我が故郷(島根県)にもOBAMA

福井県の小浜市が大きな話題になったのは昨年、オバマ氏の民主党指名候補争いから米大統領選挙の頃。

旬が終わってもしかしてすっかり冷めかけてしまったかもしれない話題をあえて出します。(笑) 

実は、KAY2の田舎にも「OBAMA」があります。

いえ、小浜市ではありません。

島根県江津市後地町「尾浜(おばま)」なんです。

これが証拠写真です。

obama.jpg


知ってました?

全国で小浜市以外にも尼崎や福島、金沢から「OBAMA」が名乗りを上げたのを思い出します。

当然我が田舎も・・・と思って期待したのですが・・・・。

「しーーーーーーーーーーーーん」

誰も名乗りを上げません。うーーーん、そんなものでしょうかねぇ。

確かに小浜市とは規模は桁違いに小さな小さな町というか、地区。特に目立った産業もあるわけではなし・・・でも緑豊かで青い海が印象的な静かで素敵なところなんですけどねぇ・・・。

というわけで誰も話題にしないので、遅まきながらここに声を大にして宣言しておきます。

島根県江津市にも「OBAMA」があるよ!

えーーーーーーっと、今日の話題は・・・それだけです。あしからず。(^_^;)


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



エプソンダイレクト株式会社


たこ焼き器に驚く


2度目はみんなあっという間に慣れた手つきに・・・。


ここ数年、たこやき器がブームだって知ってました?
ブームに疎いKAYSはとんと知りませんでした。

先日、我が家に友人たちが訪ねてきてくれました。年に数回、我が家に遊びに来てくれて、わいわいがやがや楽しく過ごす大切な友達です。

その一人が最近自宅でたこやき作りにハマッているのだそうです。

「今度、たこ焼き器を持っていくから」との連絡に最初は「???」
「たこ焼き器って、背負ってくるの?トラック?」とオマヌケな質問をしたKAY1であります。
ところが答えは
「あ、材料も、機械もすべて手持ちなので大丈夫。あのね、小さいの。」

で、持ってきて頂いたたこ焼き器はなんとイワタニのカセットガス式(CB-TK-3)。学生鞄くらいの大きさでしょうか。これは確かに持ち運びできます。

で、たこ焼き用の粉やら卵やらなにからなにまで持ってきてくださいました。たこ焼き専用の粉なんて、なんとスーパーで「あたりまえ」に売られているのだそうです。この日も仙川駅そばの西友で買ってきてくださいました。これまでいろいろと試した結果勝ち残った粉です(永谷園だったか日清だったか記憶力のないKAYSはもう忘れちゃいました)。

彼女、とても手早くたこ焼きの材料を混ぜ合わせ、あっという間に「準備完了」いやぁ、慣れてますねぇ。もう自宅で何十回、何百回も作っているそうです。道理で。

で、たこ焼き器に火を入れます。U字型に火がともるのですが、結構な勢いで燃えています。これは思った以上に火が強いです。彼女の説明によると、いままでホットプレート式のが結構売れていたそうですが、電気式だと火力が弱いのだそうで、仕上がりもいまいちだそうです。で、このカセットコンロ式は火力が強いので、かなり本格的なたこ焼きができるとか。

で、1度に18個焼けるのですが、まずごま油を敷いて、そして液体状のたこ焼きの材料をざっとたこ焼き器に流し込みます。

時間がかかるかなぁと思っていたのですが、大きく想像を裏切られます。すぐに号令がかかります。「はい、裏返して!」えええ?もう?で、最初はこれがうまく行かないんですねぇ。ひっくり返そうとして、せっかくうまく焼けかけたたこ焼きがぐちゃぐちゃになったり・・・。

でも、何度かトライしているうちに気づきます。

それまではひっくり返そうと竹串をつっこんで上に上げようとしていたのですが、反対にした方が良さそうです。つまり、たこ焼きの一方の端を上から押さえつけるようにすると、反対側が自然に浮き上がってひっくり返るのです。これは気がつくとおもしろいくらいにうまくひっくり返ってくれます。

そのほかにいろいろとコツがあるのですが、そこはベテランの彼女が何度も失敗して身につたそうで、ありがたいことに惜しげもなく我々に披露してくれました。いくつかここにあげておくと・・・。

・たこはかなり大きめに切る。熱で小さく縮んでしまうためだそうです。

・油はごま油が香りがよくていい。通常のサラダ油と混ぜて使うと経済的。

・その油、かなり大量に使います。最初に塗るだけでなく、途中でひっくり返した後にも。これだけ使うことで外はカリカリ、なかはとろ~りという「銀だこ」風のたこ焼きができあがります。これ、彼女が何度も何度も「銀だこ」に通って観察した結果得た秘訣だそうです。相当投資しています。彼女に感謝ぁ・・・。

・青のり、決して高級なものを使わないで!一番ランクの低い安いものがたこ焼きにはベストマッチだそうです。で、この点はそこにいたもう一人の友人(実家が乾物屋!)が教えてくれました。

・焼き上がっても火を消さない。火を消すとすぐにたこ焼きがしぼんでしまいます。食べる終わるまでたこ焼きが器械にのっている限りは火をつけておくこと。

・竹串や油を敷くための刷毛などはダイソーなどの100円ショップに行けば安く手に入るそうです。

こんな感じで彼女が様々なノウハウを披露してくださり、全員がたこ焼きの上手な焼き方をマスターしたようです。

そして、食べてみました・・・・。

自画自賛になっちゃいますが、正直に言います。

これは「銀だこ」で買うのと全く遜色ありません。いや、本当の焼きたてだから、こちらの方が美味しい!!

まさかここまで美味しいたこ焼きが自宅でできるとは。驚きました。彼女に大感謝です。

また、ちょっと風変わりなたこ焼きもということで、中にチーズ、ちくわ、トマトなどを入れたたこ焼き(とは呼べないかな)も美味しかったですねぇ。トマトが入るとなんとなくイタリアンな不思議な味でした。

ところで、その友人、とても美しく格好いいお姉様なんですが、その彼女がたこ焼き器を鮮やかに使いこなしている姿は・・・これまた格好いい・・・ため息が出てしまいます。うーん、彼女がたこ焼き屋さんを始めたらすごく繁盛するだろうなぁ・・・と思ってしまいます。あ、それはともかく。

で、このたこ焼き器、大阪人は一家に一台というくらいに普及しているそうで、中には一家に2台という家もあるそうです。

値段ですが、このイワタニのカセットガス式、楽天で5000円を切るそうです。

うーーーーーーーーん、我が家も欲しくなりました・・・。

ところで、このたこ焼き器、静かなブームと言いましたが、不況で外食を控える家が増えたためという事も一部のマスコミでは言われているようです・・・。たこ焼き器だけでなく、焼き鳥器なども売れているそうで、なぁるほどと思うのですが、ブログなどで検索してみると実はたこ焼き器のブームは不況の前からすでに始まっていたようであります。



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


たこ焼きにワインも合いそうですねぇ・・・。
ワインショップ・エノテカ広尾本店


残念ながらまもなく閉店…エイジアンテーブル(竹芝)




今回は東京都港区竹芝の話題です。


大好きだったお店が閉店してしまうのは仲のいい友達と別れるのと同様に悲しいものです。

KAYSが大好きなエスニックのお店に竹芝の「エイジアンテーブル」があります。ゆりかもめの竹芝駅直結、「インターコンチネンタルホテル東京ベイ」の3Fにある、ホテル直営のレストランです。

ここのランチビュッフェがKAY1は大好き。2600円と値段はかなりするので「ハレの日」の行事として、数ヶ月に一度程度定期的におじゃましていました。

お客さんには有名人も多く、高田道場の高田延彦さんやミュージシャンの佐野元春さんは何度も見かけました。ミーハーなKAY1にとってはこんなところも魅力だったりします(笑)。

料理は本格的です。アジア系のシェフが腕を振るい、味は抜群。以前、KAY2の仕事仲間がインドネシアの人と結婚しました。披露宴パーティーはここ。「彼がここの味は本格派だと太鼓判をおしたので」と彼女は説明してくれました。また、品目も結構多く、そういう意味でも大満足なビュッフェです。何度も何度もお皿一杯にいろんな料理を取ってきて「もう動けない!」と叫ぶまで食べちゃいます。

また、夏期には毎年生ビール飲み放題フェアも。これも嬉しいんです。

さて、3ヶ月ぶりに予約を入れました。ところが電話で意外な言葉が返ってきました。

「KAYSさん、いつもご予約ありがとうございます。残念ですが、当店は2月15日を最終日に閉店いたします。(その後、25日に延期されましたが)

なんと、僕らが予約を入れた14日の翌日に閉店予定!これはもう大変なショックでした。

理由はわかりません。ただ、閉店後、かわりにオープンするお店は直営ではなく、テナントだそうで、そうなると、昨今の不景気で人件費などのかかる直営店舗の見直しが原因なのかもしれません。噂では昨今、都内のグレードの高いホテル、特にアメリカ系のホテルはアメリカからのビジネス客が減少し、相当苦しくなってきていると聞いたことがあります。

もしかしたらそういう事情かも知れませんね。だって、お店自体は僕たちの行くときはいつもにぎわっていますから・・・(ただディナーに行ったことがないので断言はできないのですが)。もちろん、KAYSの勝手な想像で、上記の事は全く関係ないかもしれません。どなたか理由をご存じだったらぜひ教えてください!!!

で14日、行ってきました。

スタッフのみなさんは他のレストラン等に配置換えということで今後も出会うことがあると思いますが、このレストランのおいしい料理(特に牛肉のサラダや春巻き、炒め物などなど)が味わえなくなるのは悲しいですねぇ。

asiantable2.jpg


「明日で閉店というのは悲しいです」とスタッフに話すと、「はい。でも、閉店を25日に延ばしたので、ぜひもう一度お越しください」とのこと。多分、閉店と聞いて予約が殺到、急遽閉店を延ばされたのでしょう。お金のないKAYSは今回で使い果たしちゃったので行けませんが、この記事をご覧の方でエスニック料理にご興味があれば、ぜひぜひいらしてみてください。そして、この名店のすばらしいランチビュッフェ(閉店まではディナーもビュッフェスタイルで営業だそうです)を体験して、ぜひこんな素敵なお店があったと皆さんも記憶にとどめておいてください!


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



サントリー健康食品オンラインショップ


これはいい!調布バル・カベソン




今日は東京都調布市の話題です。

最近人気のお店がこちら。「調布バル・カベソン」。最近調布駅周辺の情報に少し疎くなっているKAYSが重宝している(お世話になっている)ブログ、「たけ@ちょうふ」で紹介され興味津々。やっと行ってきました。うーん、これは凄い。「たけ@ちょうふ」さんの目利きはさすがです。2008年6月オープンのお店です。

基本的に「立ち飲み」「ワンコイン」「スペイン料理」というのがキーワード。つまり、立ち飲み感覚(イスもあります)で、1品基本が500円。そして、スペイン風の料理が美味しいときています。

生ビールはホップの効いたサッポロの銘酒「エーデルピルス」。注ぎ方もさすがで、飲むと見事にグラスにいくつもの輪っかがきれいにできます。

ワインもワイン好き達が「うん!」と頷く安くて美味しいワインを揃えてくれています。グラスで500円。ボトルが2500円。たとえば、某コミックで紹介されて火がつき我が家でも定番のスパークリングワイン「サンテロ・ピノ・シャルドネ」やスペインの赤ワイン「イゲルエラ」が置いてあったりします。もちろんサングリアも!

料理も例えば串揚げはチーズをきかせた洋風の味付けが抜群。とくに海老なんて、もうそれだけで20本くらい食べたいくらいです(特定のタネを指定はできないのが残念。3種、あるいは7種の盛り合わせです)。

ところで、このお店、焼酎と豚肉、牡蠣が美味しいと評判の名店「スタボン」と経営が一緒です。で、「たけ@ちょうふ」さんもブログに書いていらっしゃいましたが、スタッフに一言言えばスタボンと「はしご」のための当日限り有効の500円割引クーポンをもらえます。この店で洋風に軽く済ませ、その後、「スタボン」でゆっくり・・・という楽しみ方ができるんです。

ところで、まず軽く一杯というときに行きたいお店ですが、同じ建物の2階にはパブの「ケニーズ」が・・・これは迷いますねぇ・・・。え?迷わず両方を「はしご」して、それからさらに「スタボン」に行けばって?あ、そっかぁ・・・。

  ランク:AA
  電話:042-499-3727
  住所: 調布市 布田 1-25-5
  時間:16:00~23:30
  定休:なし
  値段:1~3000円
  場所:北口 徒歩3分
  地図はこちら
  メニュー例:生ビール(エーデルピルス) 500円  スペイン風串揚げ3品 500円



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

 
エナーテ


ビックリの大サービス・・・和食居酒屋「神門」


午前11時、寒い中でもこうして行列が店の前に


今回は島根県出雲市の話題・・・。

母を元気づけようと先日、2時間ドライブして出雲市駅前の天然温泉、「らんぷの湯」に連れて行きました。到着したのが朝11時すぎだったのですが、温泉施設に併設されている隣の和食居酒屋(というより和食レストランとしてもOKです)「神門」の前には行列ができています。このお店の開店は11時30分。以前、夜行って、味の良さは納得済み。それにしても朝から行列ですかぁ???不審に思いながら我々は温泉にまっしぐら・・・。

「神門」は昨年天然温泉「らんぷの湯」に併設する形でオープンしました。それまでは温泉施設だけだったので、そこに食事処ができるのを皆密かに楽しみにしていたと思います。KAY2もそうでした。東京との行き来に出雲市駅発の「サンライズ出雲」をよく使うのですが、始発である出雲市駅発車の夜7時前、お風呂をここで済ませて乗り込みますが、できれば、食事もここでできればいいなぁと思っていたのです。

で、昨年、念願かなってお店ができて初めて入ったのですが、味の良さとお店の雰囲気、そして店員さんたちの感じ良さですっかり気に入りました。とても「勢い」のある店です。KAY2は外食が趣味でいろんな店を見てきましたが、こうした勢いのあるお店は最初の1年を超えて、難しい時期にさしかかっても大丈夫な事が多いようです。いずれにしても、このお店の心意気みたいなものが好ましく感じられていました。

それはさておき、その行列・・・なんでしょう?

めざといKAY1が張り紙を見つけて謎が解けました。

朝11時15分から整理券を配るのです。その整理券、1日20食限定の「真心膳(まごころ膳)」というランチのものなんです。

で、店の外に置いてあるメニューの写真を見て驚きます。たくさんの器が並んでいます。ものすごい品数です。「え?これで1000円???」

信じられない思いでしたが、すぐに心が決まりました。あさって来よう。

そこで、1日おいて再び朝の長距離ドライブと相成りました。

で、11時前、すでに5~6人並んでいます。我々も列に続きました。1人1枚しか整理券はもらえませんから、食べる人は誰かに頼んでというわけにいきません。我々も4人全員並びます。で、時間になると整理券が配られ、無事に我々も手にします。

で、整理券を持っていても、お風呂に入って、午後ゆっくり・・・というわけにはいかないのです。11時半の開店から11時45分までにお店に入って注文しなければなりません。そうでないとキャンセル扱いになっちゃいます。というわけで、お風呂はお預け、しばらく駅で時間をつぶし、お店に入ります。

以前入ったときと同様、相変わらず店員さんの対応が気持ちよく、また、店内は非常にスペースを広くとってあります。たとえば4人席のテーブルなんて、まるで会議室の8人がけテーブルのような広さです。この広さ、料理が出てきて納得。品数が多いので、これだけの広さが必要なんですねぇ。

というわけで、写真でご覧いただきましょう。これが、1000円ぽっきりの限定ランチ「まごころ膳」です。

shinmon2.jpg

すごいでしょ?

この品数ですよっ!そして味も「めちゃくちゃ美味い」というわけではありませんが、十分合格点です。

とにかく、これはもう「どっかの料亭のコース料理?」って感じでお腹がいっぱいになるまで食べました。

これが1000円というのはどこをどう見ても赤字のはず。開店1周年記念の限定メニューだそうですが、お店の人に尋ねると、「当面続けます」とのことでした。

全部お腹にはいるかなぁと心配していましたが、何のことはありません。4人とも完食。空きっ腹にはまるで風呂上がりのビールのようにどんどん喉を通過していきます。父が亡くなったばかりというのに、食の欲求がこんなにあるなんて・・・。ま、嘆き悲しんで食事が喉を通らないなんてなると、それはそれで浄土の父も心配するでしょうから・・・と言い訳です。(^_^;)

ホントにお店に申し訳ないくらいにゆっくりと味わってしまいました。

勢いのあるお店ってすごいですねぇ。この勢い、いつまでも続いて欲しいものです。隣の素敵な天然温泉「ランプの湯」とともに・・・。

最後にKAYSのホームページ風にデータ(2009年2月現在)をまとめると、

  ランク:A+
  電話:0853-24-6668
  住所:出雲市駅南町1-3-3
  時間:11:30~14:00
     17:00~23:30
     土日もランチ営業あり
  定休:なし
  値段:1000円~5000円位
  場所:出雲市駅 徒歩1分
  メニュー例:のどぐろ煮付け 980円 
        天ぷら御膳  1300円
        会席料理   4000円
  クレジットカード:可


追記:
2010年7月現在、まごころ膳、続いています。どころか、味が大幅に向上!これはもう空前絶後です!!



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ワインショップ・エノテカ広尾本店



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる