スポンサードリンク


大陸横断鉄道「カナディアン号」乗車記、もう1本追加です。


カナディアンロッキーの入り口、ジャスパー駅に停車するカナディアン号


KAYSのホームページ(http://kays1998.web.fc2.com/)にいらっしゃる方は従来圧倒的に「現在よく聞こえる英語放送」、「おいしい店 in 調布」、そして「レーシック(近視矯正手術)体験記」を目指してこられる方が多いのですが、最近になって、ちょっとした変化がありました。

このところ大陸横断鉄道「カナディアン号」乗車記録を読むためにいらっしゃる方が増えています。

実は今、空前の鉄道ブームなんだそうです。言われてみると本屋さんでみかける鉄道関係の雑誌や書籍、ものすごく増えています。おまけにテレビでも鉄道番組が増えました。NHKまでも鉄道関連の番組を積極的に放送しています。

今までも何度か鉄道ブームはありましたが、今回の主役は団塊の世代。そこが大きな違いとか。あれ?どこかで見た構図・・・、あ、BCLと一緒ですねぇ。やっぱり、団塊の世代の趣味が大きなマーケットになり、メディアもそれに乗っかろうとしているのかな思います。

それはともかく、そのカナディアン号、カナダ国鉄(VIA)が誇る大陸横断寝台列車です。大自然を見ながら3~4日かけてバンクーバーとトロントの間を旅します。寝台クラスは3度の食事付き。カナダ人が「一生に一度は乗りたい」という列車です。そして、実際に乗ってみると、スタッフの細やかなサービスにおいしい食事、そして車窓に広がる素晴らしい大自然・・・。日本でカシオペア号などにも乗りましたが、カナディアン号での大陸横断は全く異なる素晴らしい体験をもたらしてくれる旅です(日本の鉄道は設備は最高に素晴らしいのですが、スタッフがどうにも忙しすぎて余裕が無く、人的なサービスははるかに劣ります。さらに乗客同士のコミュニケーションもあまりありません。)

1995年に当時カナダに住んでいたKAY2は一人で乗車し、その記録を公開していましたが、かなりの方から問い合わせをメールなどで受けていました。その後、時間がたち、掲載した情報も古くなってきたなぁと思っていたところ、2000年に、KAY1にせがまれて二人で再度乗車。その記録を公開すべく保存していたのですが、すっかり失念していました。もうそれから8年!こちらも古い情報になりましたが、せっかくのものですし、写真も大量に撮っていましたので、今回、公開することになりました。

というわけで、古い情報です。これから乗ろうと参考にされる方、どうぞ、他のサイトも参考にしてみてください。

え?3度目の乗車記ですか?うーーーん、実はその旅行記にも書きましたが、KAY2は2004年に突然飛行機恐怖(高所恐怖)症にかかってしまい、現在、海外旅行は全くできなくなってしまったのです。そういうわけで、カナディアン号の乗車記録はこれが最後になると思います。

ところで、KAY1は女性でありながら、こうした鉄道の旅を繰り返した結果、「女鉄っちゃん」となりつつあります。「私、珍しい女鉄道ファンとしてデビューすれば、結構目立つよね!商売になるかな・・・ふふふ。」なんて10年前に言っていたのですが、ぐずぐずしているあいだに女性の鉄道ファンが増えてきました。女性の鉄道評論家まであらわれるご時世です。もはや手遅れ。

教訓: KAY1よ、これからは思いついたらすぐに行動しなさい!(-_-;)

KAYSのホームページはこちら


ミニサイズシャンパン
シャンパンの季節ですねぇ・・・。エノテカで安くておいしいスパークリングはどうですか?


究極のマリアージュ~メロン、生ハムに…サンテロPC

santeropinowm.jpg


実家からメロンが送られてきました。

今どきのメロンって、出荷時に光センサーの糖度計を通して何日が食べ頃かわかるようになっているんですねぇ。送られてきたメロンには「20日が食べ頃です」とシールが貼ってありました。さて、どう食べよう・・・。

はい、そのまま食べても十分おいしいです。

が、ワイン好き(KAYSは永遠の初心者です。飲んでもすぐにワインの名前を忘れちゃいます)としてはワインにあわせたい・・・というわけで、考えると・・・メロンといえば・・・生ハム・・・シャンパン。

こうなりますよね。昔から言われているマリアージュ(とりあわせ)。いささか陳腐な響きもあり(金持ちがこれ見よがしに味わうみたいな・・・)でもあり、KAYSは去年まで試したことがありませんでした。意外と皆さんもそうだったりして?

ホントにシャンパンが飲めるくらいのお金持ちになりたいものです。というわけでKAYSの場合は金銭的な都合で試せなかったのが正解。

ところが、昨今の「泡」ブームのおかげで安くておいしいスパークリングワイン(シャンパンと名乗れるのはフランスのシャンパーニュ地方のものだけです)が何種類も出ています。中にはへたなシャンパンに劣らない!と言わしめる1000円台のものも・・・。そんな中で特に最近KAYSが気に入っているのは例の「神の雫」でも推奨された「Santero Pinot Chardonnay(サンテロ・ピノ・シャルドネ)」です。1000円~1300円位で手に入るイタリアのものですが、泡の美しさは格別で、辛口の味は料理をじゃませず、おいしく飲めます。しかもシャンパンと同じシャルドネ種とピノノワール種を使っています。これはさすがにコスト・パフォーマンスが高く忘れっぽいKAYSも名前を覚えちゃいました。

で、実は昨年、浜松に住む友人がメロンを送ってくれました(KAY2のとても大切な友人です)。それでふとこのマリアージュを思い出し試してみたんです。

その結果・・・。

これが幸せの極地なんですぅ。メロンの甘さと香りが生ハムのしょっぱさと一緒になると、実に食が進みます。これはこれですごくおいしいのですが・・・。

そこにスパークリングワインが加わると・・・凄いことになります。

驚いたのは上記「Santero」。それだけで飲んでいればドライな味わいで、それはそれで結構なのですが、メロンと生ハムを食べながら口に含むと・・・、突然フルーティーな葡萄の高貴な香りがわき起こり、それが口いっぱに広がり、鼻腔を満たした瞬間、
「うわっっっっっ!旨っっっっっっっっ!!!」
と心の中で叫び声が出てしまいます。つまり、まったく別の飲み物に変化してしまうんです。これは体験すると本当に驚きます。

それまでマリアージュというとなんとなくこの料理とこのワインは合わないとか、そういう消去法のための知識というイメージがあったんですが、そうではなく料理を引き立てる、そしてワインも引き立つ・・・1+1+が2ではなく3にも4にも10にもなる・・・というそういう組み合わせのためであるということを改めて実感しました。

ちなみにこのメロン&生ハムとのマリアージュ、すべてのスパークリングワインでできるわけではありません。この銘柄のワインの材料となっているシャルドネ種が大きな役割を果たしているのです。シャルドネを使わないで、たとえばピノノワール種だけとかプロセッコ種で作られているものなどでは残念ながらこのマリアージュは生まれないのです。

今年に入って体をこわし、酒を制限している身ですが、実家からメロンが届くと、また・・・飲んじまいますねぇ・・・。というわけで昨晩はこうなりました・・・。皿にメロンがどかっ!もう一つの皿に生ハムがどかっ!って感じで大胆というか簡単というか単純というか・・・。(笑)

melon.jpg


あ、もう一つのメロンに関するマリアージュを。

昔、有坂芙美子さんというワインの評論家が書かれた本の中で、こんな大胆な食べ方を紹介していました。

1 メロンを2つに切る。
2 切ったメロンの真ん中、種の部分をスプーンですくって取り、捨てる。
3 できたくぼみの部分にソーテルヌなどの「貴腐ワイン」をたっぷり注ぐ。

で、それを大皿に入れてスプーンですくいながら食べるのだそうです。

うーーーーーん、金持ちぃ・・・。

このマリアージュ、KAYSには無理です。だって、ソーテルヌって・・・高いですよぉ・・・。(+_+)


KAYSのホームページはこちら



ミニサイズシャンパン
最近はミニボトルも増えたシャンパン・・・これなら手が届きます。(^_^;) エノテカでどうぞ。



レーシック(近視矯正)手術体験記、ついに完結!





KAYSのホームページ(http://kays1998.web.fc2.com/)に少しずつ掲載してきた「レーシック手術体験記~これって失敗!?~」、このたび無事完結しました。

KAYSは何十年もずっと近視。コンタクトが合わず眼鏡の人生でした。

1年あまり悩んだ結果、思い切って手術。その結果左目は見事視力回復。ところが、右目は良く見えないという残念な結果になってしまっていました。そして、手術を受ける前から手術中、さらにその後の経過の記録をとり、ホームページ上で公開し続けてきました。

1年たって問題点がはっきりし、現在はその問題点にどう対処しようかと考慮中です。

その完結した記録をどうぞこちらからご覧下さい。http://kays1998.web.fc2.com/
メニューから「レーシック手術体験記~これって失敗!?~」とタイトルが書かれた項目をお選び下さい。章別のタイトルを列記した体験記のトップページが表示されます。

また、全部を読むのはとても時間がかかりますから内容のエッセンスをFAQの形にまとめましたのでお時間のない方は体験記トップページの最後にあるそこからまずご覧ください。

最近はテレビなどでも紹介されじわりじわりと人気が口コミで広がっているレーシック手術。安全で失敗が少なく、大きな後遺症もないといういいことずくめの手術です。時間も日帰りでクリニックに入ってから出るまで3時間ちょっと。手術そのものは20分ほど(KAY2の受けたイントラレーシックの場合。通常のレーシックはもっと短い時間でできてしまうようです)。実に簡単な手術で視力が戻るというのは福音です。値段も10万円ちょっとで行うクリニックも増えました。民間の医療保険に入っている場合は保険金も出ます。

しかし、中年以降に受ける場合はせっかく手術しても視力が十分に得られないリスクも考えなければいけない・・・そして見事そのリスクにあたったのがKAY2なのです。ま、ある種「とほほ」な問題提起とも言える内容になっています。

ただ、KAY2がレーシック手術を受けて後悔しているかと言えば「NO」です。受けてよかったと思っています。

だって、左目は1.5から日によっては2.0。完璧に戻ったんです。右は0.4ですが、とりあえず眼鏡にさよならを言うことができました。安全に手術を行ってくれたクリニックには感謝しています。

というわけで、良い面と悪い面をできるだけ客観的に書いたつもりです。近視に悩み、手術に興味のある方、ぜひ参考になさってください。

KAYSのホームページはこちら



エプソンダイレクト株式会社

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

仙川昆虫館・・・

・・・って施設が存在するわけではありません。

KAYSが引っ越した仙川の集合住宅、実に虫が豊富なんです(笑)。で、勝手に我が家をそう名付けています。

調布駅近くに住んでいたときは同じ集合住宅でもほとんど目にすることはありませんでしたが、新居は春以来、様々な虫がやってきて部屋の窓にとまります。本当にいろんな種類が飛来。昆虫図鑑が1冊欲しいところです。テントウムシ、コガネムシ、クマンバチなどはまだわかるのですが、わからない虫が圧倒的に多いです。


今日はこんな虫。とりあえず害のなさそうな虫です。ネットで調べてみるとクサカゲロウというのが近いようですが・・・。

そうそう、先月はKAY1がベランダに出て悲鳴。行ってみると「KAY2、この赤い虫の集団なに???」

ベランダのコンクリートの上を小さな小さな(1mmくらい)蜘蛛のような「真っ赤な虫」がうごめいています。

真っ赤というのは気持ち悪いですねぇ。で、インターネットで調べるとわかりました。「カベアナタカラダニ」というダニの一種だそうです。人間には悪さをしないので「害虫」ではなく「迷惑虫」だそうです。生態はほとんどわかっていないそうです。あと他の虫に寄生するとか・・・そういえば子供の頃良く蝉を捕まえましたが、蝉の腹にこいつがくっついていたような気がします。(詳しくはこちら・・・イカリ消毒さんのホームページをご覧ください

で、結局殺虫剤をまきましたがあまり効果はないようです。

我が家では以来この虫たちを「ジェンヌ」と呼んでいます。「タカラダニ」なので「タカラジェンヌ」から・・・・。あ、宝塚ファンの方、ごめんなさい。

「今日もジェンヌが一杯いたよ!」

これならなんとなく優雅でしょ。

この会話もあと1ヶ月のようです。「カベアナタカラダニ」は梅雨明けとともにいなくなるのだそうです。

虫で季節を感じる仙川生活です。


KAYSのホームページはこちら


エプソンダイレクト株式会社
KAYSの歴代PCは Epson Direct です。

新メニューのお知らせ




KAYSがホームページ(http://kays1998.web.fc2.com/)をオープンして今年で10年になります。そして、昨年6月1日のリニューアルからちょうど1年の今日、新たなコンテンツを立ち上げました。

「おいしい店 in 仙川」です。

昨年末、調布駅近くから仙川に引っ越してきて、仙川の魅力にすっかり虜になってしまいました。とくに外食に関しては調布駅周辺と同様、おいしくて、素敵で、そして興味深い店が多いんです。

というわけで、調布に引き続いて「おいしい店」シリーズの第2弾です。

とはいえ、相変わらず思いこみも多く、お店のコメントに関しては「そーじゃないでしょ!」とつっこまれそうなところがたくさんあります。また、6月1日に間に合わせてお店の写真を撮ろう・・・と思っていたのですが、ここ数日の悪天候続きで、結局かないませんでした。これから、少しずつそろえて行こうと思います。

リンク切れ等、何かありましたら遠慮なくお知らせ下さい。

これからもKAYSのホームページをこのブログ同様どうぞよろしくお願い致します。


モンテス
チリワインのモンテス、おしいですよぉ!エノテカでどうぞ。

KAYSのホームページはこちら






スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる