スポンサードリンク


におい系 ~香りにこだわってしまう~


田圃も独特の香りがあります。それも季節によって変化します。


たいしたことではないのですが・・・、KAY2は比較的香りにこだわる人間です。とはいえハウスダストのアレルギー持ちですから始終鼻を詰まらせて当てにはならないのですが(笑)・・・。一方KAY1はいくらKAY2が「この香り、いいよねぇ」と言ってもきょとんとしています。匂いがしないというわけではなく、その香りをかいでも「それがどうしたの?」ってな感じです。こだわりがないみたいです。

例えば季節の香り、雨の降る前の香り、朝や夕方など時間ごとの香りなど、KAY2はしょっちゅう感じています。雨の降り出しも香りで数時間前からわかってしまうことがよくあります。別に敏感というわけではないと思いますが、気になるんです。でも、基本的にこうした自然の香りはきらいじゃありません。いや、大好きだと言ってもいいでしょう。

激しい雨が降った先日(東京は今日も雨ですが)、雨上がりの午後、自宅から外に出たときに爽やかな緑の香りがしました。小学生の時、学校に通う道で初夏によくかいだ爽やかなミント系の香りです。このシーズン、ジャスミンなどの花が咲き、その香りも素敵ですが、この名も知らぬミント系の香りは嗅いでいると心が透明になるような爽やかさを覚えます。その上雨上がり特有の湿り気のある香りがミックスされて、さらにその爽やかな香りが増幅されています。

香りの幸せって大きいです。このにおいを感じただけで、とても幸福になり、家を出るまではその日の仕事のことで憂鬱だったのですが、すっかりイヤではなくなってしまいました。

KAY2がよく気付く香りは、夕方、日暮れ直後の少し湿ったような淋しい香り。そして、雨が降る直前の枯れ葉のような香りです。また花では沈丁花や金木犀などの香りは一生かいでいたいと思うほど大好きです。あと、根がチープな人間ですから人工的な香りも好きです。昔爆発的に売れたヘアコロン・シャンプーや他の特定の種類のシャンプーや整髪料、石鹸の香りは今思い出してもゾクゾクしてしまいます。

香りで幸せになれるというのは本当に単純な人間なのかもしれません。

ところで、香りって、かなり強烈に過去の記憶とも結びついていますから不思議です。ある種の香りをかぐと、瞬間に過去の情景が見事に再生されます。まるで映画を見ているかのごとく、活き活きと、そして、その時の会話なども再現されてしまいます。例えば新宿の丸ノ内線ホーム。あそこは独特の香りがいつもしています。ちょっとほこりっぽいけれどノーブルな、それでいて、やや甘くもある独特の香り。この香りは他でかいだ記憶がありません。丸ノ内線の新宿駅だけに固有の香りです。これをかぐたびに小学2年生の時、初めて東京に出てきて、丸ノ内線のホームに東京で暮らす親戚達と一緒に立った時のことが、まるで今体験しているかのように蘇ります。人間の嗅覚に関するメカニズムって不思議ですよねぇ・・・。

というわけでそんな香りの幸せを感じた雨上がりの一日でした。

ちなみに香りにこだわりのないKAY1はなぜか「音」にはこだわりがあるようです。匂い系ではなくノイズ系・・・ってノイズのように口うるさいというわけではなく(くわばらくわばら・・・)、やたらノイズが気になるらしいのです。

「KAY2、今日は外がうるさい!」
「ん?何にも聞こえないヨ」
「いやねぇ、鈍感!気にならないの?あのキーンっていう音」

ある日、お互いの可聴周波数を調べてみてびっくり、KAY1は物凄く高い音が聞こえることが判明。

「KAY1よ、君は昆虫かい!」


エプソンダイレクト株式会社
KAYSは EPSON DIRECT のPCで作成されています。

KAYSのホームページはこちら


不発弾処理


仙川駅ではいつもと違い駅員さんが数名改札の外に出て案内をしています。

 調布市が全国ニュースになることって滅多にないのですが・・・。

 ご存じのように調布市にある京王線国領駅付近で先日、第二次世界大戦時の米軍の不発弾が発見されました。そして今日はその撤去作業の日。1万人以上の住民を避難させ、さらに、京王線、甲州街道などの交通を遮断しての作業となりました。
 当然メディアの扱いも大きく、ニュースでも大きく取り上げられていました。
 結局、12時前には無事に信管も抜かれ、作業は無事終了。

 せっかくの日曜日、家でゆっくりしたかったのですが、KAY2は仕事。
 朝起きて、まず京王線の列車無線を聞き、作業が順調に進んでいることを知ります。さらに地元のコミュニティFMを聞きました。コミュニティFMでは通常の番組を取りやめ、クラシック音楽などを流しつつ(普段クラシックを流さない局がクラシックをかけるとやっぱり聴き手も緊張しちゃいますねぇ・・・そういえばかつてモスクワ放送でブレジネフの死を伝えたとき、BCLの一人としてラジオを聞いていましたが、クラシック音楽がずっと流れていましたっけ・・・)、現在の状況を生中継で伝えるという体制になっていました。こういう時には地域に密着したコミュニティFMの存在、本当にありがたいと思います。

 ただラジオ好きのKAYSとして一つだけワガママを言わせてもらえれば・・・番組の途中で中継リポーターが爆弾処理に関する専門用語を出したのですがそれを受けた総合司会、「えっと、爆弾のことはよくわからないのですが・・・」と言っていました。謙遜かもしれませんが、本当ならば今日この番組を担当することは事前にわかっているのですから、最低限「不発弾処理の手順」などざっと目を通して勉強はしておいて欲しいものです・・・。わからないのならば逆にレポーターに尋ねるとか・・・。なぁんて贅沢な要求かもしれません。コミュニティFMって、結構みなさんボランティア的(無給or薄給)にお仕事なさっているのですから、そこまで要求するのはあつかましいのかもしれません・・・。

 本当はコミュニティFMといえどもしっかりと出演者やスタッフにお給料・出演料を払って、皆さんにもそれなりの質の高い放送をしてもらいところですが・・・。残念ながら全国的にどこでもそうした状況にはほど遠いと関係者から聞いたことがあります。

 そんなことを思いながら駅に向かいました。京王線はつつじヶ丘と新宿の間で各駅停車のみの運転です。いつも利用する仙川駅前を通り過ぎ、つつじヶ丘駅まで歩いてみました。駅に着いてみると、警察官が要所要所に立ち、ものものしい警戒です。上空にはひっきりなしにヘリの音。大きなニュースなんだなぁ・・・と改めて実感しながらの通勤となりました。

bomb1.jpg

 それにしても・・・60年以上もの眠りについていた爆弾。そのまま眠りから覚めることなく、無事処理されたのは本当によかったですね。そして今回は京王線地下化工事で発見されたから良いようなものの、まだまだ眠っている不発弾はあるのでしょうねぇ・・・。

 関係者の方々(ホントに命がけの作業です)、そして避難された方々、本当にお疲れさまでした。m(-.-)m

KAYSのホームページはこちら


エプソンダイレクト株式会社
KAYSの歴代PCは Epson Direct です。

焼きそば激変!?ホントでした・・・。

maruchan2wm.jpg
焼きそば界の王様・・・とKAYSが密かに呼ぶ「マルちゃん」の焼そばです。
これがNHKの「ためしてガッテン」にかかると・・・王様どころか帝王、大王に・・・。



NHKの総合テレビに「ためしてガッテン」という長寿番組があります。これ、ご覧になっている方、多いと思います。いつもこの番組のネタは面白いのですが、昨日のは特にKAY2の仕事場で大きな話題になりました。というのも、テーマが「焼きそば」。そしてその仕事場に「焼きそば好き」がたまたま何人もいたためです。もちろんB級グルメのKAY2も焼きそばが大好きです。

しかもそこにKAY2と同じ「マルちゃん」の焼そば(マルちゃんは「焼きそば」ではなく「焼そば」と表記しています)が大好きという人がいたから、もう盛り上がってしまいました。二人とも焼そばは何と言っても「マルちゃん(東洋水産)」が一番!!!という主張の持ち主です。

なんと番組では「マルちゃん」とおぼしき家庭用の焼きそばをどう美味しく調理するかというのが内容だったのです。その結果紹介された方法は、焼きそばのパッケージに書かれた調理法とは似ても似つかぬものでした。

パッケージには一人分の調理方法として、

・フライパンに油をひき、肉、野菜を軽く炒める
・麺をいれ、水60mlを加え、静かにほぐしながら、水がなくなるまで炒める
・麺が炒めあがったら火を弱めソースをかけて混ぜ合わせる

という内容が書かれています。

ところが「ガッテン流」では、

・フライパンに油小さじ1杯をひく
・中火で麺をフライパンに置き、そのまま2分、焦げ目がつくくらいに焼く。かきまぜずにそのまま!
・麺を裏返して周りに豚肉を置き1分炒める。
・さらに野菜(キャベツ)をのせて、水ではなく「熱湯」を40mlかけてフタをする。強火で1分半加熱。
・ソースをかけて30秒ほどまぜてできあがり


どうです?いままで「マルちゃん」の焼きそばを作ったことのある方、ちょっとビックリでしょう?

なぜこの調理法だととりわけ美味しいのか・・・詳しくは番組のサイトへどうぞ。
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q2/20080514.html

で、翌朝さっそく近所のスーパーに行ってみると・・・(相変わらず単純でメディアの影響を受けやすいKAY2です)、おお、マルちゃん、いつもは山積みなのに、今日は残りわずか。そう、売れています。やっぱりガッテン効果ですねぇ・・・驚き。

で、調理してみると・・・。

番組で紹介されていた通りです!

コシがあってモチモチ。美味しい!!作った本人はどうしてもひいき目になっちゃいますので、作らずに食べる役に専念しているKAY1に感想を聞いてみると・・・。

「美味しい!もともとマルちゃんの焼きそばは美味しいけれど、これは麺が全然違う感じ!これは何杯でもイケるよ。KAY2、おかわり作って!!」

というわけで、「ためしてガッテン」、さすがです(拍手!)。

ちなみにKAYSは野菜にピーマンとタマネギを入れます。いずれも、キャベツに比べれば火が通るのに時間がかかりますから、上記のレシピとは別に、先に炒めておいたほうが良いようです。


KAYSのホームページはこちら


ルイ・ロデレール
KAYSはENOTECA好きです。焼そばにワインはいかがでしょう?span>

AOSAN~仙川で行列のできるパン屋さん


これが開店後すぐに売り切れる噂の「角食」

 仙川に引っ越す10年ほど前・・・ってよく考えるともはや前世紀の話ですが、仙川に住む友人にKAY1が尋ねたことがあります。

 「仙川で暮らしていて不満なことは?」

 答えはこうでした。

 「あまりないけど、唯一、本格的なパン屋さんがないことかな・・・。」

 それから世紀が変わり、我々が移り住んできた現在の仙川はすっかり様変わりです。いまや食事に合うバゲットを買うのに困ることはありませんし、それどころか仙川周辺には行列のできる超人気のパン屋さんが2軒もあるのです。

 そのうちの1軒、「AOSAN」のことは仕事の仲間のWちゃんから教わりました。KAY2はなぜか仕事仲間が6人も仙川に住んでいるのです。仕事の場所は都心なのに・・・ホントに不思議です。当然、自宅周辺を歩いていて仲間と出会うこともしばしば。あるとき仕事帰りの後輩、Wちゃんと偶然すれ違い、情報交換。Wちゃんも最近仙川に引っ越してきた仲間です(とはいえ仙川暦は少し先輩ですが)。すると「AOSANってパン屋さんは凄いですよぉ。バゲットなんて、もうそれだけで何も料理がいらずに完結してしまうくらい美味しいんですよ!」

 さらに、お世話になっている近所のクリニックの女性からも「あそこのシュークリーム、おいしですよぉ!」と教えてもらいます。

 というわけである日の午前、大きな時計が目印のお店の前に行ってみると・・・。

 行列です・・・。

 25分待ちました。で、「バゲットを・・・」と頼むと、ややクール(冷静沈着という意味で冷たいという意味ではありません)で美しい女性店員さん、「まだ焼き上がりません。11時半頃になります。」 そこで人気の「角食パンを」と頼むと、「すみませんがもう売り切れました。」

 というわけで、傷心のKAY2でしたが、それでもクルミとイチジクのパン、そして穴のあいていないベーグル、そしてシュークリームを買ってちょっと満足感を得て店を後にしました。

 うちに帰ってクルミとイチジクのパンを一口、口に含むと・・・。

 幸せ・・・。

 香ばしい香りとそしてコク。噛めば噛むほどに味が出てきます。素朴さとワイルドさを併せ持ったパンです。これは美味しい!

 シュークリームも濃厚なカスタードが魅力です・・・。噂に違わぬお店だということがよくわかりました。

 で、次に目指すは「角食」。翌週、今度は開店前、9時50分にお店に・・・。

 すでに行列です。(^_^;)

 6人ほど並んでいました。本日の目的は「角食」ですが、同時に並んでいる間に、陳列されているチーズのスコーンが気になります。「ワインにぴったり」との説明書に心ひかれます。

 で、順番が自分の前の女性に。その女性「じゃ、ベーグルを10個、それからこちらのパンを20個、それから、あちらのパンも20個。それからチーズのスコーンはありったけ、お店にあるの全部ね!」

 「!」

 それはないでしょ・・・。

 さすがにKAY2をはじめ後ろに並んでいる数名の恨めしげな視線に気付いたのかその女性、店員さんに向かって「あら、他の方に悪いかしら?ねぇ、どう思う?」

 お店の人は困ったように「はぁ、私どもの方ではなんとも申し上げようが・・・」

 「じゃ、チーズのスコーンは10個にして頂戴。」

 ヲイヲイ、それでも10個?残りはある?

 幸いKAY2の「つつましやか」なオーダー「角食1個にチーズのスコーン2個」は無事に手に入れることはできました。

 で、角食、噂の通り、もちもちした食感でクセになるということがよくわかりました。

 ちなみにお店のご主人、渋谷は富ヶ谷の名店「ル・ヴァン」で修行されたという噂です。ご存じかもしれませんが「ル・ヴァン」のパンは天然酵母使用で、ものによっては信じられないくらい高価です。KAYSも一度しか食べたことがありません。で、このお店、その流れをしっかりと汲んだ味のようで、美味しいのですが、うれしいことに「ル・ヴァン」と違って値段がとても庶民的です。並んでも買いたいパン屋さんです。そして、人気の商品は開店前に並ぶこと・・・。ただ、どうしても手に入れたいパンは予約もできます。予約は直接お店で前払いしておくと、受け取りがスムーズです。
 
 あ、それから、お店の名前「AOSAN」ですが「あおさん」と読みます。お店の名前の由来を尋ねたら、例のややクールで美しい店員さん、「ないんですよ」とのシンプルなお答え。「あの、もしかして、外国語とか?」「あ、そういうわけでもないんです」「じゃ、意味は?」「ありません」。静かに笑みをたたえながら、クールに答えていただきました。

 というわけで、お店の名前に関しては「ミステリー」です。どなたか、謎を解いてください(笑)。


KAYSのホームページはこちら


モンテス
KAYSはENOTECAの輸入するMONTESが大好きです。
AOSANのパンにも合いそうです!






スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる